ウサギの「コン」。


大牟田市動物園では、現在8羽のウサギが暮らしています。その中の1番のおじいちゃんウサギ、「コン」のお話をしたいと思います。

「コン」はまっ白な綺麗な毛がチャームポイントのおじいちゃんウサギです。おじいちゃんだとは思えないほど、よく食べ、よく運動し、元気いっぱいです。
そんな「コン」ですが、12月になり寒さも本番、いつもなら外の運動場で運動をさせていたのですが、体調を考え、暖かくなるまで運動は室内で行うことにしました。

最近の「コン」の運動スペースは、おじいちゃん、おばあちゃんモルモットがいる老モルコーナーです。温かいヒーターのついている運動スペースで、過ごしています。「コン」がモルモットに寄り添ったり、逆にモルモットが「コン」に寄り添って来たりと、お互いに新しい友達ができ、毎日が楽しそうです。

そんな「コン」の1番の仲良しは、老モルコーナーで過ごしている「しずく」。お互いにぴったりと寄り添って、毛づくろいし合っている姿をよく目にします。種類は違いますが、とても仲良しな2匹を見ていると、心が温かくなります。

c0290504_17500873.jpg
ふれあい担当:まつお


[PR]
# by omutazoo | 2016-12-08 18:19 | 動物 | Trackback | Comments(0)


先日、東京大学で行われた「エンリッチメント大賞受賞記念講演会」に参加してきました。

当ブログをご覧のツウな皆様は、エンリッチメントとはなんぞやということは既にご存知かと思いますが、
一応簡単に説明すると...

環境エンリッチメントとは、飼育されている動物たちの暮らしをより豊かにするための環境の工夫のことです。
当園で行っている、ライオンの肉探しや、サル舎の展示場の床に砂を敷いたりするのもエンリッチメントの一環です。

そして、エンリッチメント大賞(市民ZOOネットワーク主催)とは、
毎年、全国の動物園水族館で行われている数々の環境エンリッチメントの中から、より優れたものに対して表彰を行うものです。
当園は園を挙げてエンリッチメントに取り組み、また、それを積極的に発信している姿勢を評価していただき、
めでたく大賞を受賞することとなりました。

当日は、当園と、共に大賞を受賞した茨城県日立市のかみね動物園の皆様による講演、
一次審査を通過した動物園水族館の取り組みを紹介したポスターの展示など、
全国の皆様との熱い交流が行われました。

c0290504_15031626.jpg
(ライオンの肉探しの写真がプリントされた立派な楯)

c0290504_15062997.jpg
(笑顔で講演する伴飼育員)

c0290504_15071585.jpg
(前日に、「日本タウン誌フリーペーパー大賞2016」の新創刊部門で最優秀賞を受賞した、KEMONOTEのカメラマン中村さんと。
ダブルでおめでたい年末に、とても嬉しい気持ちになりました。)

今回参加して、他園館の取り組みについて生の声を聞くことができとても刺激を受けました。
皆それぞれ立場や状況もさまざまな中で、少しでも動物たちの暮らしが豊かになるようにと奮闘しています。
そんな取り組みを市民の皆様にももっと知っていただけるよう、
当園としても今後も積極的に発信していきたいと思っています。

その第一弾(?)として...
受賞記念講演会は東京で開催されたため、「福岡でも開催してほしい!」との声をいただきました。
そんな皆様のご声援を受け、今月17日に大牟田市動物園での講演会が行われます。
詳しくは当園ホームページをご参照ください。
当日、皆様にお会いできることを楽しみにしております!!

                       どうぶつびょういん もりた







[PR]
# by omutazoo | 2016-12-06 16:20 | Trackback | Comments(0)

観察会

本日は、大牟田生物愛好会主催の観察会へ行ってきました!
今回の場所は大牟田市のお隣、熊本県玉名郡南関町にある大津山公園です。

あいにくの雨でしたが沢山の方が参加されていました。
c0290504_17324133.jpg
公園内を散策しながら植物の観察です。
c0290504_17305328.jpg
上の写真は「カラムシ」です。
茎(カラ)を蒸して繊維をとることからこの和名がついたそうです。

c0290504_17315366.jpg
こちらは「ビードロイチゴ」
葉は、布を触っているかのようなとても柔らかい感触でした。

葉の名前を覚えると「あれも同じ種類かな?」「あれは何の葉だろう?」といっそう興味が湧いてきます。
身近な自然を楽しめた一日でした。

サル担当 むらくき


[PR]
# by omutazoo | 2016-12-04 17:54 | 大牟田市動物園 | Trackback | Comments(1)

写真で見る動物たち

動物園に来たら動物の写真を撮る人は多いはず。
では、動物園で働いている人々は普段どんな写真を撮っているのでしょう。
今回は、飼育員たちが撮りためた写真を少し紹介したいと思います。

まずは野田飼育員が撮影したカピバラのリア。

c0290504_15195581.jpg
c0290504_15201123.jpg
c0290504_15200400.jpg

手にエサを持っていたのでどんどん近づいてきたそうです。
飼育員はエサを持って獣舎に行くことが多いので、動物たちが近づいて来てしまいます。
そのためアップの写真多めになるのは、飼育員あるあるかもしれませんね。

次は森田獣医師が撮影したアオボウシインコのひょーん。
c0290504_15214510.jpg

カメラ目線いただきました!

齊藤飼育員はラマのカスミとハクビシンのハッチ。
c0290504_15250265.jpg
c0290504_15210597.jpg
ごはんに夢中です。

そしてサル担当の私は、、
リスザルのトーマスです。こちらもお食事中。
c0290504_15223146.jpg
動物はジッとはしてくれないので、撮った写真の大半は下の写真のように、
c0290504_15270628.jpg
c0290504_15204757.jpg
ブレてます。が、
思うようにいかないからこそ、きれいに撮れた時の喜びは大きいですよね!
素敵な瞬間の写真を撮れるまで粘ってみたいと思います!

サル担当 むらくき

[PR]
# by omutazoo | 2016-12-01 15:29 | 動物 | Trackback | Comments(0)

冬と動物

寒くなりましたね!
スタッフは防寒着を着らずにはいられません!

スタッフだけではなく、動物たちも寒いのは一緒です。
いろんな寒さ対策があるので、いくつか紹介していきたいと思います。

まずはコンゴウインコの「あん」。普段はバードケージ内にいますが、冷え込む朝晩はヒーターのある場所に移動しています。
c0290504_14280541.jpg
トレーニングを行い、ケージでの移動はお手の物♪
c0290504_14281491.jpg
c0290504_14282223.jpg

次はトラの「ホワイティ」。寝室と扉のある通路にワラを敷き詰めました!
c0290504_14292540.jpg
c0290504_14291913.jpg

夕方にはこの状態のワラも…
c0290504_14305373.jpg
朝見てみるとこの通り!
c0290504_14344679.jpg
夜間、ワラの上で寝ているようです。

扉通路に置いたワラはひっぱり出して遊んでいました。
c0290504_14293985.jpg
(ひっぱり出した後、満足げな顔で日光浴するホワイティ)


次はユキヒョウの「スピカ」。
トラと同様にワラを設置してみました。
あれ…?
寒いところに住んでいるユキヒョウ。寒い方が好きなのでは…?
…やはりそのようです。
朝一見に行くと…
c0290504_14303176.jpg
(モニターに映るスピカ)
ひんやり冷たいコンクリートの上で寝ていました。
実は、ワラだけではなく、コンクリート、木の板と、いくつかの「選択肢」を用意し、動物が自由に選ぶことができるようにしているのです。(ホワイティも!)
c0290504_14302199.jpg
c0290504_14293252.jpg

スピカのワラの使い方は…

独特な匂いがする麦ワラに顔や体をすりすりこすりつけ、遊んでいました。
c0290504_14294956.jpg
c0290504_14300567.jpg
c0290504_14295718.jpg



このように動物の生態、生息環境等に合わせた寒さ対策をしています。
他の動物でも様々な寒さ対策をしているので、見つけてみてださい!
ますます寒くなっていくこれから、しっかりと防寒をして動物園に遊びに来てくださいね!


ライオン班:さいとう

[PR]
# by omutazoo | 2016-11-29 14:48 | 動物 | Trackback | Comments(0)