カピバラの展示場をのぞいてみると…
何やら箱のようなものが置いてあります。
c0290504_18151019.jpg
これは、バリケンというもので、動物が移動する時などに使います。

なぜ、カピバラの展示場にこのバリケンがあるかというと…
カピバラをバリケンに慣らしているからです。
もし、カピバラを移動しなければならない状況になった時、スムーズにバリケンに入ってもらえるように今のうちから慣らしています。
c0290504_18154146.jpg
最初は、カピバラたちは全然近づいていませんでした。
しかし、好物の笹をバリケンの中に入れてみると…
c0290504_18160417.jpg
徐々に近づいていき…
c0290504_18162294.jpg
こんなに近づいてきてくれました!
今後は、カピバラにバリケンの中に入ってもらう練習をする予定です。


他の動物の展示場でも気になるものが…
c0290504_18164563.jpg
これはサバンナモンキーの展示場です。
柵に棒が付いています。
c0290504_18173168.jpg
この棒は、聴診をする際に、手で握ってもらって、胸を柵に寄せるために使います。
他にも…
c0290504_18174535.jpg
ツキノワグマの展示場の柵の外側には、丸太があります。
これは何に使うかというと…
c0290504_18181817.jpg
採血をする際に、手で丸太を握ってもらい、手の甲から採血しています。
最後は…
c0290504_18182988.jpg
ライオンの展示場には、大きな台があります。
これは…
c0290504_18183616.jpg
ライオンの採血をする時や、メスライオンの膣スメアーを採取する時に、台に乗ってもらうためにあります。
台に乗ってもらい、柵から尻尾を出しています。

このように展示場にあるものは様々な理由があって、置いていたり、付けていたりしてます。

園内を見ていると、他の展示場でも何に使うものなのか、気になるものがあるかもしれません。
そういう時は、是非スタッフに声をかけて、聞いてみてください!

担当 のだ(り)





[PR]
# by omutazoo | 2017-07-24 19:29 | 大牟田市動物園 | Trackback | Comments(0)

豚足の骨格標本づくり!



こんにちは!
夏休み始まりましたね!

本日、7月23日に『豚足の骨格標本づくり』を行いました。
まず初めに『ブタについて』と『骨格標本の作り方』について簡単なレクチャーを行いました。

c0290504_17053142.jpg
c0290504_17054465.jpg

そして参加者の皆さんと一緒にばらばらになった豚足の骨の組み立てを行いました。
c0290504_17041554.jpg
小さな部品や骨の向きなど難しい部位もありましたが無事、参加者全員完成することができました。
c0290504_17044997.jpg
c0290504_17063416.jpg
ご参加くださった皆様ありがとうございました。
ブタと骨づくりについて学べましたか?

次は何の骨でしようかな?

じゅういし かわせ


[PR]
# by omutazoo | 2017-07-23 17:08 | Trackback | Comments(0)

班員入れ替え!その2

梅雨も明けて、本格的に夏が始まりましたね!

熱中症などにならないように、水分補給をこまめにするように気を付けたいですね。

さて、7月3日のブログで、班員の入れ替えをしました、とお伝えしました。

あのブログを書いた髙木飼育員は、サル班→ライオン班へ移動し、

このブログを書いている小野は、ライオン班→サル班へ移動しました。

担当する動物が変われば、いろいろなことが変わります。

掃除して、餌をあげるだけでしょ?と思われてしまうかもしれませんが、

実は、そう簡単なものではないんです!

なぜかというと、その動物種ごとに野生での生活は違います。

食べているもの(肉だったり、魚だったり、木の実や葉っぱだったり)、

住んでいる環境(熱いところ、寒いところ、森の中、砂漠、水辺など)、

そして、食べていくために、生きていくために進化してきた身体やその能力や行動です。

たとえば、ライオンは肉を食べるために、噛む力や鋭い爪と牙を備えています。

しかし、サルたちはライオンのような噛む力はありませんし、

爪も、私たち人間と同じ平爪です。

そのかわりに、サルたちにはライオンには無い特徴があります。

それは、手を使えるということです。

高い木の上に登ったり、道具(石など)を使って硬い木の実を割ったり、

実にさまざまな行動を見せてくれます。

このように、どんな動物にもとてもとてもたくさんの魅力がたっぷりです。

それを多くの人たちに伝え、知っていただき、動物園を通して、

野生について、地球の環境について考えていただけるようにするのが飼育員の役目の1つだと思っています。

担当になったからには、その動物のことを勉強し、その動物に合った餌を与え、

その動物に合った環境エンリッチメント(動物たちの生活を豊かにする工夫)やトレーニングを行い、

その動物に合った幸せを追求していく責任があります。


c0290504_17365797.jpg


ということで、班が変わるということはとっても大きいことなんです!

今後はサル班としてがんばっていきますので、応援のほどをよろしくお願いいたします!


サル担当 おの

[PR]
# by omutazoo | 2017-07-16 17:45 | 大牟田市動物園 | Trackback | Comments(0)

最近のお気に入り…!


この間まで桜が咲いていたような気がしていたかと思えば、もう7月半ば。
1日が過ぎるのが早く、セミが鳴き始め、あと少しで学生の方は夏休みですね。

桜の咲いていた時期と言えば、3月16日にカンガルーの子どもがお母さんの袋から顔を出し、可愛い姿を見せてくれていました。
c0290504_13492921.jpg
少し前までは、こんな感じでお母さんの後ろをついてまわっていたのですが、最近の「いろ」君は好奇心旺盛。
お母さんから離れて行動することが多くなりました。

c0290504_13511067.jpg

体格的には、まだまだ小柄であどけないですが、見た目はしっかりとしたカンガルー。
ジャンプも上手に飛べるようになりました。

そんな、「いろ」君の最近のお気に入りはというと、、、


c0290504_13500606.jpg
大牟田市動物園で飼育しているカンガルーの中では最年長の「シャケ」ちゃん。
ひなたぼっこをしているときや、ご飯を食べている時など、2頭が一緒にいるところをよく目にします。
2頭の並んでいる姿をみると、まるでおばあちゃんと孫のようで、見ていると温かい気持ちになります。

ぜひ、大牟田市動物園に来られた際には、カンガルー達の様子を観察してみてください!
じゃれ合って遊んでいたり、大胆な寝方で昼寝をしていたり、お互いに毛づくろいをしあっていたりと、色んな仕草を見せてくれます!
子どもの成長は、あっという間なので、「いろ」君の、あどけない表情も見ていただけたらなと思います!

担当 まつお





[PR]
# by omutazoo | 2017-07-11 14:14 | 動物 | Trackback | Comments(0)

ただいま子育て奮闘中

こんにちは。

九州では大雨が続き各地で被害が出ているようですが、みなさまご無事でしょうか。
ただいまのところは、当園も特に被害はなく、動物たちも皆元気にしています。


さて、最近当園では、ひっそりと子育てが行われています。
それも、人間による。

さて、私はだれでしょう?
c0290504_15301595.jpg

正解は、オウギバト(先月の13日生まれ)でした。


c0290504_15303259.jpg
当園のオウギバト、パプアとヴィクはとても子育て上手で、今までに2羽(ニューとニア)を育て上げてきました。
しかし、今回はこの雛が孵化する途中で何らかの理由で巣から離れてしまいました。
担当者との話し合いの上、せっかく孵化しかかっていて生きているのだから、
いけるところまで育てようということで、人工育雛をする決断をしました。

生まれたばかりの雛は自分で体温調節ができないため、親鳥は雛の体温をみながら温めてあげます。
それと同じように、温度湿度管理を徹底し、給餌内容も色々考えながらここまできました。

c0290504_15305444.jpg
(トレードマークの冠羽もまだ羽軸状態なのでツンツンしています)

今はまだ流動食ですが、この後徐々に親鳥が食べている固形物に切り替えていきます。
その切り替えがうまくいかないと命を落とすこともあるため、まだまだ油断できませんが、
無事に成鳥になるよう、皆さんも応援よろしくお願いいたします。

なお、雛は裏で飼育しているため、一般のお客様への公開はまだしておりません。
無事に巣立ちを迎えましたら、またご報告させていただきます。

どうぶつびょういん(もりた)

[PR]
# by omutazoo | 2017-07-06 15:35 | Trackback | Comments(0)

動物園のスタッフ達の日常をあれやこれや、、、


by omutazoo