カテゴリ:未分類( 51 )

獣医師体験!

4月22日に獣医師体験を行いました。
今回は小中学生を対象に行いました。

簡単なレクチャーを行った後、動物病院を案内を行い、獣医師と一緒に巡回を行いました。

c0290504_17402744.jpg

c0290504_17403385.jpg
c0290504_17404285.jpg
その後はトレーニングの見学等を行いました。
獣医師に興味を持ってくれたかな?
参加してくれた皆さま、ありがとうございました!

じゅういし かわせ

[PR]
by omutazoo | 2017-04-24 17:45 | Trackback | Comments(0)

五寒二温

昨日は、移動動物園で諏訪公園に行ってきました。
毎年行っている保育園の行事です。

c0290504_10211151.jpg

子どもたちにモルモットと触れ合ってもらったり、リクガメを見せながらお話したりしました。
短い時間でしたが、とても楽しそうな子どもたちの様子にこちらも和みました。

c0290504_10204490.jpg

最近天気が安定しませんね。
園内にも桜の木は沢山あるのですが、満開を待たずして今日からの雨で散ってしまいそうな予感です。

c0290504_10283198.jpg
日本人の私たちは毎年当たり前のように桜を見ますが、天候によって花の咲き具合も違いますよね。
今年は寒暖差が激しいので、なかなか満開にならないなーと思っていたら雨が...

c0290504_10285603.jpg
c0290504_10291334.jpg

ぜひ、動物園にお花見に来てください!
と書こうと思ったのですが、晴れた頃には散ってしまっているかもしれません...
ので、お花見でなくても、動物園に来てください!!!

c0290504_10212842.jpg
どうぶつびょういん
もりた

[PR]
by omutazoo | 2017-04-06 10:34 | Trackback | Comments(0)

四国の動物園へ!

先日、当園職員4名で四国の動物園を訪問してきました。

愛媛県の とべ動物園
高知県の のいち動物公園、わんぱーくこうち

の3つの動物園です。

私自身は3つとも初めての訪問で、純粋に動物園探検を楽しみつつ、非常に沢山の刺激を受けることができました。

c0290504_15550179.jpg
(のいち動物公園)

c0290504_15544079.jpg
(わんぱーくこうち)

それぞれ職員の方に案内して頂き、夜は交流会も!

c0290504_15552229.jpg

3つともそれぞれ特色があり、展示方法やイベントなども三者三様でした。

c0290504_15541605.jpg
(わんぱーくの、フラミンゴの看板。種類の違いが大きさや色でわかります)

獣舎の工夫や、当園でも取り組んでいるハズバンダリートレーニングを見せていただき情報交換したりと、
4名とも非常に有意義な訪問となりました。

お忙しい中、案内してくださった皆様、本当にありがとうございました。

今後も、このような他の動物園との繋がりを大切に、動物たちのより良い暮らしを追求していきます。

どうぶつびょういん
もりた



[PR]
by omutazoo | 2017-03-25 15:57 | Trackback | Comments(0)

Web出演


突然ですが、動物園の大切な役割として
「教育」
という一面があることをみなさんはご存知でしょうか?

今日は、熊本県の高校の授業にweb出演しました。

c0290504_17142051.jpg
高校一年の生物の中の
「生態系とその保全―人間活動と生態系の保全―」
という単元で、
当園のハズバンダリートレーニングを題材に、動物園における動物との関わりや、動物たちの背景にある生態系へ繋がるような授業…
という、聞いているだけでワクワクする内容です。

動物園には学校教育に繋がる題材がたくさんあるのですが、それを具体的にどう授業に結び付けていくかが悩みの種でした。
今回は、高校の先生の力をお借りして、大牟田市動物園の取り組みを高校生物の単元として取り上げていただくという、初めての試みとなりました。

実際に授業の様子をwebカメラを通して見せてもらいつつ、授業の後半で生徒たちの質問に答えながら、私の方から少しハズバンダリートレーニングについて解説を行いました。

c0290504_17165076.jpg
生徒たちは初めて聞く「ハズバンダリートレーニング」いう言葉と、
普段あまり聞きなれない「動物福祉」という言葉の繋がりに、きっとはてなマークがたくさん浮かんだことと思いますが、
積極的に授業に取り組み、私の話も熱心に聞いてくれました。

授業の最後に振り返りを書いてもらっているので、それを読むのが楽しみです。

動物園における教育は、実際に来園していただいて行うのがもちろん一番なのですが、このようにwebなどで事前学習を行い、その上で足を運んでもらえればより理解が深まり、また、動物たちを見るのももっともっと楽しくなるのではと思います。

今後もこのような取り組みを積極的に進めていきたいと思っています。

どうぶつびょういん もりた


[PR]
by omutazoo | 2017-03-07 17:20 | Trackback | Comments(0)

最近のおみ君。


2月も残すところあと少し…。天気のいい暖かい日が、だいぶ増えてきましたね。
動物たちも寄り添ってお昼寝していたり、ひなたぼっこしていたり、過ごしやすい季節になりました。

12月31日に初めてお母さんの袋から顔を出した、オオカンガルーの子ども「おみ」君。


c0290504_14040657.jpg
初めて袋の外に顔を出した時は、まだまだ毛も薄く、カンガルーっぽくなかったのですが…

c0290504_14035642.jpg
最近では、毛も生え、やっとカンガルーらしくなってきました。

寒い日は、お母さんの袋の中から顔を出しているだけの「おみ」君でしたが、暖かい日には袋から出て展示場を元気にジャンプしている姿を見かけるようになりました。
まだまだジャンプしている姿もぎこちなく、まだまだ緊張した感じで、お母さんの周りをクルクルと回るようにジャンプしています。
c0290504_14034887.jpg

元気いっぱいの「おみ」の、これからの成長がすごく楽しみです。

担当 まつお


[PR]
by omutazoo | 2017-02-26 14:17 | Trackback | Comments(0)
こんにちは!
この度3月4日より、ヘビのふれあいイベントがリニューアルします。
その名も『ヘビのにょろにょろガイド』になります。
c0290504_15551344.jpg

もっと皆様に「ヘビのふしぎ」が伝わるような、そしてなんども聞きたくなるような
そんなイベントにしていきたいと思います。
c0290504_15561424.jpg
乞うご期待です‼


担当  かわせ   



[PR]
by omutazoo | 2017-02-21 16:04 | Trackback | Comments(0)

論文が掲載されました。

こんにちは!
Facebookでご存知の方もいるかと思いますが、このたび、当園が「動物園水族館雑誌」に投稿した論文が無事に掲載いたしました。
タイトルは「サバンナモンキーの行動的保定による採血のためのハズバンダリートレーニング」です。
c0290504_13420098.jpg
c0290504_13413996.jpg

動物園の役割の一つに「調査・研究」が挙げられます。
大牟田市動物園ではこれまで研究会や学会で発表や講演を行ってきましたが、論文の形になったのは初めてのことです。
論文になると世界中の多くの方の目に触れ、そしてそれはこの先ずっと残されます。
そういった報告が積み重なり、動物園全体での、より良い飼育管理や獣医療の発展につながります。
今後もそういった形での報告が増えるよう、よりいっそう頑張っていきたいです。

そして、今回の論文での一番の協力者はサバンナモンキーの「リド」です。
リドの協力なくしてこの報告は出来ませんでした、ありがとう、リド。
c0290504_13434668.jpg

じゅういし かわせ

[PR]
by omutazoo | 2017-02-09 13:46 | Trackback | Comments(0)

動物たちの冬

最近寒い日が続いていますが、みなさん風邪などひいていないでしょうか。



動物園の動物達は冬をどのように過ごしていると思いますか?



今日は、冬ならではの行動である「冬眠」についてです。



大牟田市動物園で冬眠する動物といえば



c0290504_16113649.jpg

ツキノワグマ!!


冬の時期のツキノワグマは、葉っぱや木の実、昆虫などの食べ物が乏しくなるため、野生下に暮らしているクマ達は今、冬眠の真っ最中。

一頭毎にお気に入りの冬眠穴で眠って、新芽等の食べ物が増える春を待っています。


さて、大牟田市動物園のツッキーはというと

冬も元気一杯。動物園では冬でも普段と変わらず食べ物をもらえるため、ツッキーは冬眠しません。

寒さに備えて少し体重も増やしたので、最近の寒さもなんのその。


c0290504_16123510.jpg

(おから団子を食べるツッキー)

お次は、ヘビ、カエル達。

当園の展示レクチャー室にいる爬虫類達。

日本産の種類である、

アオダイショウ、シマヘビ、ジムグリ、ヒキガエル

は冬は冬眠します。

当園の展示レクチャー室は外ほど寒くはないため、完全な冬眠はしていませんが、寒くなるとあまり動かなくなります。


c0290504_16132830.jpg

(アオダイショウ)


c0290504_16140803.jpg
(シマヘビ)

アフリカ原産のボールニシキヘビは、冬眠はしません。

そのため、彼らの水槽は冬でもヒーターなどを付けて温かくしています。


c0290504_16144540.jpg

野生動物は環境の変化に適応するため、様々な習性を持っています。

そんなことを考えながら、冬の動物園に来てみませんか。



(どうぶつびょういん もりた)


[PR]
by omutazoo | 2017-01-19 17:34 | Trackback | Comments(0)

冬の虫たち

こんにちは!
最近更に寒くなってきましたね!
もう冬本番ですね。
動物園の動物たちはいろんな形で寒さをしのいでします。
c0290504_18411618.jpg
(例:ヒーターの下で休むハクビシンのハッチ)
さて、今回は動物園の動物ではなく、動物園内で見つけた虫の冬の姿を少しだけ紹介いたします。
さて、これ、なんだかわかりますか?
c0290504_18415369.jpg
これはアオスジアゲハという蝶のさなぎです。
春になり、温かくなったら元気な姿で飛んでいきます。
さて続いてはこれ、なんだかわかりますか?
c0290504_18412341.jpg
これはカマキリの仲間の卵です。
卵の状態で冬を越すのですね!
春になったら、たくさんの子どものカマキリがこの中から飛び出します。
虫の種類によって冬の越し方は様々なんですね。
いろんな虫たちが様々な方法で冬を越します。
面白いですね、早く春にならないかなぁ。

じゅういし かわせ

[PR]
by omutazoo | 2016-12-20 18:44 | Trackback | Comments(0)

同居開始しました!


マンドリルのリル(♀)とガブ(♂)の同居を、11月25日より繁殖のため開始しました。
約半年ぶりに顔を合わせた2頭でしたが、ほとんど喧嘩することもなく、仲良く寄り添った姿がよく見られます。
*春先の暖かい時期に出産するように、別々に展示・収容していました。

c0290504_17322827.jpg

マンドリルの妊娠期間は約半年といわれており、交尾行動は見られているため、順調にいけば5月頃が出産予定となります。
皆さん、温かく見守ってください。

担当 うめざき

[PR]
by omutazoo | 2016-12-16 17:39 | Trackback | Comments(0)

動物園のスタッフ達の日常をあれやこれや、、、


by omutazoo