カテゴリ:未分類( 70 )

イヌワシのトリミング

こんにちは。
急に寒くなってきましたが、皆さんはお元気ですか?

今日はイヌワシのトリミングについて。

皆さんはトリミングと聞くと、ワンちゃんの毛のカットを思い出すかもしれません。
鳥にもトリミング...?
どこを??
と思いますよね。

正解は、嘴(くちばし)です。

イヌワシなどの猛禽類は、獲物(ネズミやノウサギなど)の肉や骨を引きちぎって食べます。
その際に嘴も削れていくので通常は何もしなくても大丈夫なことが多いのですが、
ご存じ当園のイヌワシ あくりは、御歳40歳以上(推定)のおばあちゃん。
(イヌワシなど大型猛禽類の寿命はだいたい40~50歳といわれています)
目が見えないため、餌はスタッフが手渡しであげています。
すると、嘴がだんだん伸びてきてしまいます。

c0290504_15280694.jpg
(カットする前。)

嘴は私たちにとっての噛み合わせのようなもの。
伸びすぎると気になるようで、嘴を不必要にカチカチ鳴らしたり、餌をうまく挟めず落としてしまうこともあります。
給餌方法を変え、少しでも削れるように...等も考えたのですが、高齢のため、まずは伸びていることのストレスを軽減するために定期的に行っています。

作業はあくりへの負担を考え、短時間でささっと終わらせます。

c0290504_15280829.jpg
(カット後。餌の飲み込みもよくなります。)

これからも元気で長生きしてね。

動物病院 森田

[PR]
by omutazoo | 2017-12-05 15:43 | Trackback | Comments(0)
皆さん、こんにちは!

 先週の土曜日、11月4日に獣医師体験を行いました。
今回は、将来獣医師に興味のある中高生を対象に行いました!
今回は、簡単なレクチャーを行った後、動物病院案内と巡回、縫合体験、ハズバンダリートレーニング体験を行いました。
c0290504_14492202.jpg
c0290504_14501875.jpg
c0290504_14503736.jpg
縫合体験では、初めて使う手術器具に、参加者の皆さんは難しそうでしたが、真剣に取り組んでいただけました!


次回はどんな、獣医師体験をしようかな?

獣医師 かわせ

[PR]
by omutazoo | 2017-11-08 14:52 | Trackback | Comments(0)

「つゆ」と「ニア」


みなさん、こんにちは!
今日は、少し前に紹介したオウギバトのヒナ「つゆ」の、現在の様子を紹介したいと思います!

生まれたときは34gだった小さな体も、今では1200gを超え、立派な冠羽も生えてきました!

最近では「つゆ」のお姉ちゃんの「ニア」と同居を始め、2羽で仲良く過ごしています。

c0290504_18013356.jpeg
少し分かりにくいですが、手前にいるのが「つゆ」、奥にいるのが「ニア」です。

元気いっぱい成長していく姿を、これからも温かく見守ってあげてください!


★おまけ★

c0290504_18004694.jpeg
ワラのお布団の中で、お昼寝中のオオカンガルーの「しゃけ」です!

担当 まつお

[PR]
by omutazoo | 2017-10-22 18:06 | Trackback | Comments(0)

秋になりました!

すっかり秋になりましたね、皆さん風邪などひいていないですか?
ところで突然ですが、皆さん、カマキリは好きですか?
僕は好きです、かっこいいでしょ、あのカマ。
先日、巡回していると茶色のハラビロカマキリにであいました。
c0290504_14391370.jpg
いつもは緑色の個体ばかりなのでちょっとテンションが上がりました。

良く道を見てみると、園内にはコカマキリやカマキリ、ヒメカマキリなんかも見かけます。
ちょっと草むらをみていませんか?

じゅういし かわせ

[PR]
by omutazoo | 2017-10-15 14:45 | Trackback | Comments(0)

数学と動物園?

こんにちは。

今日は、以前もこのブログでも取り上げた高校の授業と動物園のコラボのお話です。

皆さんもご存じ、最近大人気のレッサーパンダのボルダリング。

c0290504_15253750.jpg
この写真を見て、ふと数学のある単元との関連性に気づいた先生がいらっしゃいました。
高校生物と動物園のコラボ授業でいつもお世話になっている、熊本北高校のМ先生です。

皆さんは何の単元だか想像できますか?
正解は、

ベクトル 

です。

あの矢印には私も高校時代かなり悩まされたのですが、
今回は文系クラスでベクトルを扱う際、どのようにすれば興味を持って学べるか 
ということでМ先生に打診があったそうです。
そこで、色々考えるうちに「ボルダリング」というキーワードが出てきて、
そこでМ先生は真っ先に当園のレッサーパンダを思い浮かべたそうです(有り難い限りです)。

まず、
誰がこの壁を登るでしょう?
という問いから始まり、レッサーパンダの写真と動画が登場すると生徒たちは大喜びだったそうです。
その後に、
皆さんだったらどう登りますか?

c0290504_15271722.jpg
という問いから、グループでベクトルの概念について学んでいったそうです。そして、大変嬉しいことに、しっかりとエンリッチメントについても(何故レッサーパンダにボルダリングなのか等)言及してくださいました。

c0290504_15283374.jpg
私自身、レッサーパンダのボルダリングがこのような形で活用されるとは本当に驚きました。

そんなことはつゆ知らず、レン君やまいちゃんは今日も元気に壁を登っています。

c0290504_17312239.jpg
運が良ければ登っている姿もご覧いただけますので、皆さんも是非当園のレッサーパンダ達に会いに来てください。

じゅういし もりた

[PR]
by omutazoo | 2017-09-30 17:31 | Trackback | Comments(0)
こんにちは。
ようやく涼しくなって、秋が近づいてきましたね。

今回は、カピバラのことについて書きたいと思います。
実は、大牟田市動物園のカピバラがいるところは、以前ゾウがいたところなんです。
c0290504_17384592.jpg
今は、展示場の真ん中に仕切りをつけ、オス1頭、メス2頭の3頭が暮らしています。
もともと、ゾウが暮らしていたため、人と距離をとるために、モートという大きな溝があります。
c0290504_17391147.jpg
そのため、少しカピバラとの距離が遠いと感じたことがある人もいるのではないでしょうか。
このモートを使わないのはもったいないということで、最近カピバラたちのためにモートも利用できるようにしました!
こうしたことで、カピバラとの距離が近くなりますし、カピバラが利用できるスペースも広くなりました。
c0290504_17395655.jpg
ここから、カピバラが降りてきます。
c0290504_17400812.jpg
写真は、オスのヒノキがモートに降りて、青草を食べている様子です。
展示場にカピバラがいない時は、下をのぞくと、もしかしたらいるかもしれません!

担当 のだ(り)

[PR]
by omutazoo | 2017-09-29 17:46 | Trackback | Comments(0)

黒く塗ってみました!!

before⇊
c0290504_17425850.jpg
c0290504_17362783.jpg
after⇊
c0290504_17530680.jpg
c0290504_17525602.jpg
c0290504_17531616.jpg

以前の金網そのものの色よりも、予想以上に見えやすくなりました!!

可愛いモルモットたちの姿が見えやすくなったので、よく観察してもらえると嬉しいです!!
c0290504_17532898.jpg
c0290504_17533773.jpg
モルモットたちが何をしているのか・・・、どんなことが起きているのか・・・
発見がありましたら、スタッフまで教えてください!
不思議に思った事も遠慮なく聞いてくださいね!!


[PR]
by omutazoo | 2017-09-27 18:14 | Trackback | Comments(0)

動物以外にも...


こんにちは。
だんだん涼しくなり、秋を感じる季節になりましたね。

さて、今日のお話は動物ではありません。
皆さんは園内にある看板に目を向けたことがありますか?
ハズバンダリートレーニングや環境エンリッチメントなどの取り組みを積極的に発信していますが、
動物の個体紹介やイベントの告知、注意看板など、様々な場面での看板の作成にも力を入れています。

看板は、来園してくださった皆さんに『伝える』という大切な役割を担っています。

今回はクマ、ヤマアラシ、キリン、レッサーパンダの展示場前に設置している看板を紹介します。


まず、クマの展示場を見てみましょう。

c0290504_16245903.jpg

柵の近くにこのような看板があります。

c0290504_16272011.jpg

これは個体(ツッキー)の紹介看板です。
もともとは印刷したものをラミネートし、掲示していました。

c0290504_16372347.jpg

素材を紙から木に変えることで温かみを出し、それぞれのシルエットに切ることで
より目を引く看板に仕上げました。
この看板は、胸のところの”月の輪”模様がポイントです。

さて、少し目線を変えると、次はこのような看板が目に入ります。

c0290504_16272864.jpg

ハズバンダリートレーニング…。
なかなか聞きなれない言葉で、難しく考えてしまう方も多いのではないでしょうか?
そんなトレーニングについてわかりやすく解説をしているのがこの看板です。
難しい言葉はなく、イラスト付きで簡単に紹介しています。
この”ハズバンダリートレーニング看板”はクマの他に、ライオンとキリン前にも設置されています。


では次に、ヤマアラシの展示場へ行ってみましょう。

c0290504_16250715.jpg

個体の紹介看板の他に、このような看板がついています。

c0290504_16273539.jpg

実はヤマアラシの展示場前では、よく『ハリネズミだー!』という声を聞きます。
ヤマアラシとハリネズミは、どちらも体に硬い毛が生えていますが全く別の生き物です。
動物のことを正しく知ってもらえるように、このような看板を設置しています。

c0290504_16274452.jpg

手すりのところにはヤマアラシの毛を展示しています。

c0290504_16274312.jpg

実際に触って、どれくらい固いのかを、是非確かめてみてください。

このように、園内にはまだまだたくさんの看板を設置しています。
少し長くなりましたので、残りのキリンとレッサーパンダの看板は来週紹介します。
是非ご覧ください。


担当 うめざき

[PR]
by omutazoo | 2017-09-22 17:02 | Trackback | Comments(0)
夏がすぎ、大分涼しくまってきましたね!
暑い日にはウサギの運動をおやすみし、クーラーの効いた部屋にいたので見ることができませんでした。
c0290504_17215581.jpg
c0290504_17291007.jpg
最近では、開園直後や曇りの日に外に出ていることがあります。
もう少ししたら1日中外に出ていることも多くなるので、また会いにきてください。
c0290504_17452889.jpg
c0290504_17454970.jpg
c0290504_17460831.jpg
ふれあい担当  のだ

[PR]
by omutazoo | 2017-09-13 17:52 | Trackback | Comments(0)

糞ペーパーを作ろう!

昨日、糞ペーパーイベントを開催しました。

糞ペーパー作りでは、動物(草食動物)の糞に含まれている繊維を使って紙すきをします。
昔、ゾウの糞を使ってイベントを開催していたこともありましたが、現在は飼育していないのでまずは動物種を決めるところから始めました。

草食動物で、糞に残る繊維が大きそうな動物...

キリン!!

あとは、意外性を狙ってレッサーパンダ!

それから、ウサギやモルモットはできるでしょうか?

色々な草食動物の糞を洗って、繊維を見てみました。

c0290504_11392373.jpg
(左上から時計回りに ラマ、レッサーパンダ、ウサギ、キリン)

同じ草食動物といっても、草、木の葉、木の枝など食べるものによって糞に残る繊維の大きさや色、形も様々でとても面白いです。

また、草食動物は私たち人間(雑食性)と違い、大きな胃を持ち、その中にいる発酵細菌の助けを借りて硬い繊維を消化吸収します。

そのような消化吸収の仕組みも併せて子ども達に知って欲しいという思いで、イベントを開催しました。

今回は、キリンとレッサーパンダの糞を使い紙すきをしました。
c0290504_11454765.jpg
(みんなでレッサーパンダの食べ物の話を聞きつつ、糞を観察)
c0290504_11465242.jpg
(消化吸収の仕組みについて解説)


c0290504_11495701.jpg
(作った紙に絵を描いたり、穴を開けてリボンを通したり。オリジナペーパーを作ります)

c0290504_11510846.jpg
(完成!!)
c0290504_11520232.jpg
(いい笑顔♪)

子ども達の楽しそうな姿を見て、大人の方も「やりたい!」ということで作って頂きました。

今後も、楽しみながらちょこっと学べるイベントを開催していきたいと思います。

(じゅういし もりた)





[PR]
by omutazoo | 2017-08-21 11:57 | Trackback | Comments(0)

動物園のスタッフ達の日常をあれやこれや、、、


by omutazoo