カテゴリ:大牟田市動物園( 31 )

職員向けの!

先日の休園日に、かねてからお世話になっている大牟田生物愛好会の皆さまをお招きして職員向けの植物観察会を行いました。

c0290504_13415920.jpg

2時間半をかけて園内を1週しながら、職員は気になる植物について尋ねました。
園内の植物は動物のエサとして利用していますが、植物には有毒なものもあり、正しい知識をもっていないと危険な場合もあります。
そこで今回の観察会に至ったのです。

c0290504_13410685.jpg
教えていただいた種名を忘れないようにホワイトボードに記入し、写真を撮って記録しました。

今後、いくつかの樹木には木札を付ける予定です。

サル担当 むらくき

[PR]
by omutazoo | 2017-09-07 13:52 | 大牟田市動物園 | Trackback | Comments(0)

木の葉募集しています!


大牟田市動物園には2頭のキリンが暮らしています。キリンは草食動物で、木の葉を主食としています。
c0290504_13560939.jpg

この大牟田市動物園でも、キリンに木の葉をあたえています。
見てもらったら分かるように体が大きければ、食べる量も多いキリンですが、給餌している枝は大牟田市動物園内にある木から、キリン班のスタッフが自分たちで切っています。
ですが、木の葉が生えるスピードよりも食べるスピードの方が断然早く、あっという間に枝が無くなってしまいます。
そこで大牟田市動物園では、キリンの主食となる木の枝を定期的に提供してくださる方を募集しています。

モチ、クヌギ、カシ、シイなどを、当園のキリンは好んでよく食べています。
もし、提供してくださる方は、大牟田市動物園 TEL(0944)56-4526 までご連絡いただけると嬉しいです。
c0290504_13562616.jpg
キリン担当:まつお

[PR]
by omutazoo | 2017-08-08 14:11 | 大牟田市動物園 | Trackback | Comments(0)

とろとろ!!

今回は、おもしろいものを見つけましたので、そのお話です。

そのおもしろいものというのが・・・。

c0290504_17440719.jpg

とろみ剤です!

とろみ剤というのは、高齢の方などの

誤嚥(食べ物などが、誤って気管に入ってしまうこと)を

予防するためのものです。

どういうものなのかといいますと・・・。

このとろみ剤を

c0290504_17445363.jpg

水や飲み物に入れて混ぜると・・・

c0290504_17450321.jpg

とろとろに!!

混ぜている液体は、100%リンゴジュースです。

c0290504_17475506.jpg

リンゴを小さくカットしたあと、

c0290504_17465192.jpg

水を少々混ぜてミキサーにかけて、

c0290504_17481149.jpg

液体だけになるように、ネットでこしました。

主成分はトウモロコシでんぷん(デキストリン)でできています。

あまり多く摂取してしまうとお腹が緩くなってしまいますが、

少量だったら大丈夫!

ということで、フサオマキザルに試してみました!

c0290504_17491997.jpg

c0290504_17493305.jpg

以前はトレーニングをするときなどにジュースを使っていましたが、

なかなか量の調節をするのが難しく、ドバっと出たりしていました。

しかし!

とろみをつけることによって、量の調整ができるようになりました!

さらに、壁につけたり、丸太の穴に流し込んだりと、

様々な与え方ができるようになりました!

今後は、他の動物たちにも使ってみたいと思います!



サル担当 おの

[PR]
by omutazoo | 2017-07-30 17:58 | 大牟田市動物園 | Trackback | Comments(0)

カピバラの展示場をのぞいてみると…
何やら箱のようなものが置いてあります。
c0290504_18151019.jpg
これは、動物が移動する時などに使うものです。

なぜ、カピバラの展示場にこれがあるかというと…
カピバラをこの入れ物に慣らしているからです。
もし、カピバラを移動しなければならない状況になった時、スムーズに中に入ってもらえるように今のうちから慣らしています。
c0290504_18154146.jpg
最初は、カピバラたちは全然近づいていませんでした。
しかし、好物の笹を中に入れてみると…
c0290504_18160417.jpg
徐々に近づいていき…
c0290504_18162294.jpg
こんなに近づいてきてくれました!
今後は、カピバラに中に入ってもらう練習をする予定です。


他の動物の展示場でも気になるものが…
c0290504_18164563.jpg
これはサバンナモンキーの展示場です。
柵に棒が付いています。
c0290504_18173168.jpg
この棒は、聴診をする際に、手で握ってもらって、胸を柵に寄せるために使います。
他にも…
c0290504_18174535.jpg
ツキノワグマの展示場の柵の外側には、丸太があります。
これは何に使うかというと…
c0290504_11413242.jpg
採血をする際に、手で丸太を握ってもらい、手の甲から採血しています。
最後は…
c0290504_18182988.jpg
ライオンの展示場には、大きな台があります。
これは…
c0290504_18183616.jpg
ライオンの採血をする時や、メスライオンの膣スメアーを採取する時に、台に乗ってもらうためにあります。
台に乗ってもらい、柵から尻尾を出しています。

このように展示場にあるものは様々な理由があって、置いていたり、付けていたりしているものがあります。

園内を見ていると、他の展示場でも何に使うものなのか、気になるものがあるかもしれません。
そういう時は、是非スタッフに声をかけて、聞いてみてください!

担当 のだ(り)





[PR]
by omutazoo | 2017-07-24 19:29 | 大牟田市動物園 | Trackback | Comments(0)

班員入れ替え!その2

梅雨も明けて、本格的に夏が始まりましたね!

熱中症などにならないように、水分補給をこまめにするように気を付けたいですね。

さて、7月3日のブログで、班員の入れ替えをしました、とお伝えしました。

あのブログを書いた髙木飼育員は、サル班→ライオン班へ移動し、

このブログを書いている小野は、ライオン班→サル班へ移動しました。

担当する動物が変われば、いろいろなことが変わります。

掃除して、餌をあげるだけでしょ?と思われてしまうかもしれませんが、

実は、そう簡単なものではないんです!

なぜかというと、その動物種ごとに野生での生活は違います。

食べているもの(肉だったり、魚だったり、木の実や葉っぱだったり)、

住んでいる環境(熱いところ、寒いところ、森の中、砂漠、水辺など)、

そして、食べていくために、生きていくために進化してきた身体やその能力や行動です。

たとえば、ライオンは肉を食べるために、噛む力や鋭い爪と牙を備えています。

しかし、サルたちはライオンのような噛む力はありませんし、

爪も、私たち人間と同じ平爪です。

そのかわりに、サルたちにはライオンには無い特徴があります。

それは、手を使えるということです。

高い木の上に登ったり、道具(石など)を使って硬い木の実を割ったり、

実にさまざまな行動を見せてくれます。

このように、どんな動物にもとてもとてもたくさんの魅力がたっぷりです。

それを多くの人たちに伝え、知っていただき、動物園を通して、

野生について、地球の環境について考えていただけるようにするのが飼育員の役目の1つだと思っています。

担当になったからには、その動物のことを勉強し、その動物に合った餌を与え、

その動物に合った環境エンリッチメント(動物たちの生活を豊かにする工夫)やトレーニングを行い、

その動物に合った幸せを追求していく責任があります。


c0290504_17365797.jpg


ということで、班が変わるということはとっても大きいことなんです!

今後はサル班としてがんばっていきますので、応援のほどをよろしくお願いいたします!


サル担当 おの

[PR]
by omutazoo | 2017-07-16 17:45 | 大牟田市動物園 | Trackback | Comments(0)

班員入れ替え

皆さんこんにちは
最近蒸し暑い日が続きますがいかがお過ごしでしょうか。
大牟田動物園では今月から班員の入れ替えを行い、元サル班の私、『高木』は今月からライオン班に加わりました。ライオン班に入って数日経ちましたが、班が変わり動物が変われば作業のやり方は当然ながら違うもの。
不器用な私はまだ不慣れな作業に悪戦苦闘しております。
しかしながら新しく入ったライオン班での作業は新鮮で刺激的、毎日様々な事を学ばせてもらっています。早く作業に慣れてライオン班の戦力になれるように精進していきたいと思います。
c0290504_14595172.jpg
ちなみにこの写真でメスライオン『リラ』に肉をあげているのが『高木』です。(後ろ姿で申し訳ありません)
園内で見かけたら動物の事で質問など気軽に声を掛けてもらえると嬉しいです。

ライオン班 たかき

[PR]
by omutazoo | 2017-07-03 15:14 | 大牟田市動物園 | Trackback | Comments(0)

ドキドキ!

今日、NHK総合TV・『ひるブラ』の放送がありました。
なんと、生中継!!
とってもありがたいことに、番組のスタッフさんたちは何度も動物園に足を運んでくださり、入念に打ち合わせや準備を重ねてくださいました。
c0290504_14301464.jpg
(前日のリハーサル、打ち合わせの様子!スタッフさんは全部で約30名!)
c0290504_14311119.jpg
(機材がたくさん!)



「"やさしさ"が元気のヒミツ!いきいき動物園」というタイトルで、動物にやさしい、「やさしいいね!」な取り組み(ご飯のあげ方の工夫や健康管理のためのトレーニング)を動物たちにも協力してもらいながら、いくつかご紹介しました。
c0290504_14303143.jpg
(出番を待つB飼育員。少しだけ緊張していました。)


c0290504_14304028.jpg
(リポーターや大勢のスタッフさんをじーっと見つめるスピカ)
日差しが強く、寄ってきてくれるかどうか心配だったユキヒョウの「スピカ」。しかし、リハーサルも本番もきちんと協力してくれました。


放送でご紹介した取り組みは、ほんのごくごく一部です!
見てくださった方も、見逃してしまった方も、実際に大牟田市動物園に来て、「やさしいいね!」な取り組みを見つけてみてください!
分からないことや気になることがあったときは、お気軽に近くにいるスタッフにご質問ください!


※放送の中で、ユキヒョウのトレーニング時に使用していたエサを「ミルク」と紹介しましたが、正確には「鶏肉をペースト状にしたもの」です。

ライオン班:さいとう

[PR]
by omutazoo | 2017-06-14 14:55 | 大牟田市動物園 | Trackback | Comments(0)

昨年11月23日より、鳥インフルエンザ対策として閉鎖していたバードケージが、今月の16日から開放になりました。


現在、バードケージではオスクジャクたちが飾り羽(上尾筒)を広げている姿をよく見かけます。
お客様からは、「いつ羽根を広げるんですか?」「どうやったら羽根を広げてくれるんですか?」と、良く質問を受けます。
オスがこの羽を広げるときはメスに求愛をしているので、こちらのタイミングでは開いてくれません。
ぜひ、気長にじっくり観察してみてください。

c0290504_13452926.jpg


担当 うめざき

[PR]
by omutazoo | 2017-05-20 13:46 | 大牟田市動物園 | Trackback | Comments(0)

ゴールデンウイーク!

ゴールデンウイーク真っ只中です。
本日はじんわり汗をかくくらい気温も高いです。
ツキノワグマのツッキーも久しぶりに水浴びをしていました。

c0290504_14404772.jpg

そんな本日も動物園は沢山のお客さんで賑わっています。

c0290504_13525761.jpg
c0290504_13525131.jpg
この連休も残すところあと2日。当園では「ライオンの肉探し」や「リスザルウォッチング」など様々なイベントを開催して、みなさまのご来園をお待ちしています!
動物園周辺は駐車場不足による交通渋滞が予想されますので、公共交通機関
(西鉄・JR)をご利用ください。



サル担当 むらくき




[PR]
by omutazoo | 2017-05-05 14:41 | 大牟田市動物園 | Trackback | Comments(0)

先日(4/26)、大牟田市内にある「三池工業高等学校」の電気科3年生の生徒さんたちが

動物園に来てくれました!

c0290504_16440074.jpg




ラマたちのための自動給餌器を、課題研究として製作してもらうためです!

初回だったので、なぜ自動給餌器が必要なの?ということを説明させていただきました。

c0290504_16441910.jpg

雨の中、ラマ舎の見学も行いました。


c0290504_16445197.jpg

c0290504_16443677.jpg



ラマの担当である私が説明させていただいたのですが、

実は、私も三池工業高等学校の電気科出身なのです。

私が高校生のときに担任だった先生に、自動給餌器の製作について

相談させていただいて、実現した取り組みです!

タイマー式で動く自動給餌器が製作できれば、

私たち飼育員がいない時間帯(例えば夜中や朝方など)に餌を与えることができます。

それができるようになると、「いつ」餌が出てくるのか、

動物が予測しにくくなります。

そうすると、餌を探したりする行動が増えて運動量の増加にもつながりますし、

餌が出てくるタイミングも予測できないので、いい刺激にもなります。

毎日同じ時間に餌をもらってばかりではマンネリしちゃいますよね?

ほかにもいいことはいっぱいあるのですが、それはまた次の機会に・・・。


この自動給餌器が完成すれば、

環境エンリッチメントの幅がすごく広がる夢のようなものです。

飼育員たちも、ワクワクしながら完成を待っています!


ライオン担当 おの

[PR]
by omutazoo | 2017-05-03 16:48 | 大牟田市動物園 | Trackback | Comments(0)

動物園のスタッフ達の日常をあれやこれや、、、


by omutazoo