カテゴリ:大牟田市動物園( 21 )


今年の1月より、【公式】のTwitterを始めました。
ブログでは、動物園の取り組みや日々の様子などを投稿していますが、Twitterでは、飼育員の撮影した動物の写真をメインに、動物たちの普段の何気ない仕草や、飼育員目線だからこそ見れる動物の様子などもアップしています。

動物たちの、可愛い姿をぜひ見てみてください!
⇒ @omutazoo で検索してみてください!

c0290504_15010511.jpg
キリン班担当 まつお

[PR]
by omutazoo | 2017-04-10 15:14 | 大牟田市動物園 | Trackback | Comments(0)

植物の観察会

先月に引き続き大牟田生物愛好会の観察会に参加してきました。
c0290504_14354053.jpg
今回の場所は、大牟田市と熊本県境に跨る三池山です。

春になり、植物の新芽が少しずつ咲いてきていました。
今回もたくさんの植物に出会えました。

c0290504_14355828.jpg
アオキ

c0290504_14360455.jpg
イラクサ
c0290504_14425879.jpg
マムシグサ

c0290504_14360455.jpg
イラグサ

c0290504_14370654.jpg
イヌガシ

c0290504_14372649.jpg
こちらはハランという植物ですが、花が茎の根本に咲くため気にして見ていないと気づきません。
花が咲いているのは3月~5月の間のみです。
c0290504_14393234.jpg
ハランの花

春の訪れを感じた1日でした。

サル担当 むらくき

[PR]
by omutazoo | 2017-04-03 14:47 | 大牟田市動物園 | Trackback | Comments(0)

飼育員アワード開催中!

 動物園に入ってすぐの場所で、飼育員たちの取り組みを紹介する企画展「飼育員アワード」を開催しています。

c0290504_13371243.jpg

この飼育員アワードでは、「エンリッチメント(動物の暮らしをより豊かにする取り組み)部門」「イベント部門」「手作り看板部門」の3部門に分けて、それぞれの担当者・イベント企画提案者が、それをどういう目的で、どういうことを行っているのか分かりやすくご紹介しています。

部門ごとに1つずつ、「いいね」と思う取り組みを選んで投票していただく企画展で、投票期間は4月30日までとなっていますが、その後、5月上旬に投票結果の発表を行い、6月30日まで展示します。

c0290504_13371826.jpg
思ったより、投票数が伸び悩んでおり、企画提案者としては少し寂しい気もしますが、この企画展は、優劣を決めるのが目的ではなく、来園者の方々に取り組みについて「伝える」ことが目的ですので、たくさんの方に読んでいただけたらなと思っています。

特に環境エンリッチメントは、普段なかなか伝わりづらい部分も多いので、この機会に取り組み内容について理解したうえで、園内を見て回ると、動物園をいつもとは違った見方ができるかもしれませんよ。

担当 かわの

[PR]
by omutazoo | 2017-03-27 13:53 | 大牟田市動物園 | Trackback | Comments(0)

あれから1年…!


寒い冬も終わりかけ、花が咲いたり、鳥が鳴いていたり、
チラホラと春が近づいてきたなあ…と最近よく思います。

さて、題名にもありますが、、、
「あれから1年」というのは・・・

メスキリンの「プリン」が来園して1年になります。
「プリン」はオスキリンの「りん」のお嫁さんとして、埼玉県こども動物自然公園から大牟田市動物園に引越してきました。
来園してきた時より、体も大きくなり、毎日のんびりと過ごしています。そんな「プリン」実は今月お誕生日なんです…!

「プリン」のお誕生日は3月13日。今年で3歳になります。
お誕生日&来園1周年記念イベントを11日の土曜日に行いますので、
良かったら、3歳のお誕生日と、来園記念を祝ってあげてください!
c0290504_14023345.jpg

担当 まつお



[PR]
by omutazoo | 2017-03-09 14:19 | 大牟田市動物園 | Trackback | Comments(0)

観察会

大牟田生物愛好会主催の観察会に参加してきました。
今回の場所は八女市立花町にある飛形(とびかた)自然公園です。
飛形山の山頂からは耳納連山や背振山が見渡せます。
そんな自然豊かな公園で、植物の観察です!
愛好会の方が、植物の特徴について分かりやすく説明してくださいます。
c0290504_17124469.jpg
今回もたくさんの方が参加されていました。

話しが少しそれますが、動物園には葉っぱを主に食べる動物もいます(キリンとかフランソワルトンとか)。動物園では、動物たちの食事メニューは飼育員が決めてしまいますが、野生では自分たちでエサを探し、種類も毎日同じ物を食べているとは限りません。
葉っぱもそうです。そこで、動物園でもできるだけ毎日同じ葉っぱばかりにならないよう数種類の葉っぱを給餌するようにしています。
数種類にすることで選択肢が増え、選ぶ楽しみにもなります。もちろん、動物のお腹を満たす分の葉っぱを確保するのは限界があるので、野菜なども給餌しています。
葉っぱの知識に乏しい私にとっては、生物愛好会に参加させていただくのは、地域の方々とのつながりをもつこともでき、植物のことが知れるとても有り難い機会です。

外にでて周りを見渡せば必ずあると言ってもいいくらい植物は身近なものですが、意外と名前は知らないものです。
たまには身近な植物に目を向けてみるのもいいかもしれませんね!
c0290504_17221375.jpg
写真は葉っぱを食べるフランソワルトンのタントン。

サル担当 むらくき


[PR]
by omutazoo | 2017-03-05 17:23 | 大牟田市動物園 | Trackback | Comments(0)

塗装中!

1月19日より、猛獣舎(ライオン、トラ、ユキヒョウ)の柵の塗装工事をしています。

c0290504_14434920.jpg
ライオン舎

c0290504_14435825.jpg
ユキヒョウ舎


以前はピンクががった色の柵でしたが、

c0290504_14432293.jpg
c0290504_14430609.jpg



今回は、こげ茶色に塗ってもらっています。


c0290504_14434459.jpg
トラ舎


工事期間中は、工事の進捗状況によって、動物を見られない場合や、
足場等により見えにくい場合があります。
工事終了は、3月中旬を予定しています。

ライオン担当 おの

[PR]
by omutazoo | 2017-01-29 14:48 | 大牟田市動物園 | Trackback | Comments(1)

飼育員の工作室

園内のラマ舎、ヤマアラシ舎の奥にある灰色の建物
何の建物だろう?と気になった方もいらっしゃると思います。
c0290504_17420608.jpg
中をのぞくと・・・。様々な木材や工具が!
c0290504_17430186.jpg

実はこの建物、私たち飼育員の工作室の役割を持ってます。
この部屋で園内にある看板や、動物たちの小屋、
c0290504_17434321.jpg
c0290504_17440134.jpg

エンリッチメントのツールなどを、自分たちで作製しています。
c0290504_17444789.jpg

初めのうちは工具を使い慣れてなく四苦八苦しながら制作していましたが、今では園内のスタッフが男女問わず慣れた手つきで工具を扱えるようになりました。
c0290504_17475621.jpg
これからもこの部屋で様々な物の企画、作製を頑張っていきたいと思います。

担当 たかき

[PR]
by omutazoo | 2017-01-17 17:50 | 大牟田市動物園 | Trackback | Comments(0)

4/25のブログ(第1弾)、8/4のブログ(第2弾)の2回では、
レッサーパンダの屋内展示室内の改善(飼育環境をより豊かにする取り組み)についてご紹介しました。
今回は、屋内展示室前の観覧通路の改善についてご紹介します。

これは以前の観覧通路の写真です。

c0290504_14310089.jpg
壁が白いため、黒く汚れてしまったり、壁の色がガラス面に反射して観察しづらかったりしました。
c0290504_14310947.jpg

そこで、壁を茶色に塗装してもらいました。

c0290504_14311590.jpg
とてもきれいな仕上がりです!

しかし、これで終わりではありません。
観覧通路の改善は、まだまだ続きがあります。

実は茶色の塗装してもらったのには、もう1つ理由があるのですが、
それは第4弾でご紹介します。
それでは、完成した頃に、またお知らせします。
お楽しみに。

c0290504_14314544.jpg

担当 かわの


[PR]
by omutazoo | 2017-01-10 14:47 | 大牟田市動物園 | Trackback | Comments(0)

観察会

本日は、大牟田生物愛好会主催の観察会へ行ってきました!
今回の場所は大牟田市のお隣、熊本県玉名郡南関町にある大津山公園です。

あいにくの雨でしたが沢山の方が参加されていました。
c0290504_17324133.jpg
公園内を散策しながら植物の観察です。
c0290504_17305328.jpg
上の写真は「カラムシ」です。
茎(カラ)を蒸して繊維をとることからこの和名がついたそうです。

c0290504_17315366.jpg
こちらは「ビードロイチゴ」
葉は、布を触っているかのようなとても柔らかい感触でした。

葉の名前を覚えると「あれも同じ種類かな?」「あれは何の葉だろう?」といっそう興味が湧いてきます。
身近な自然を楽しめた一日でした。

サル担当 むらくき


[PR]
by omutazoo | 2016-12-04 17:54 | 大牟田市動物園 | Trackback | Comments(1)

休園日!

大牟田市動物園は、第2月曜日と第4月曜日の2回がお休みです。

休園日ということは、飼育員も全員お休みなのかな?と思う方もいらっしゃると思いますが、

実は違います!

動物園は、開園していようが、休園していようが、動物たちが暮らしているので、

1年間、365日、動物園に飼育員がいない日はありません。

新年も、ゴールデンウィークも、夏休みも動物たちには関係ないのです。

さて、そんな休園日ですが、飼育員はなにをしているのでしょう?

ライオン班はというと・・・。

c0290504_17582852.jpg
c0290504_17585369.jpg



ここは、ライオンの展示場の写真です。

土がベチャベチャ! 

・・・ですが、この土を全部掘って外へ運ぶのは、時間もかかりますし、大変な作業です。

申し訳ないですが、ライオンのリラちゃんには、いつもより少しだけ早い時間に寝室に帰ってもらって、

c0290504_17590870.jpg

先ほどの展示場の土を、えっさほいさとスコップで掘り返します。

そしてベチャベチャの土をトラックへ運びます。

c0290504_17592896.jpg

そして作業が終わったあとがこちら!

c0290504_17594658.jpg
c0290504_18000550.jpg


きれいになりましたね!

このように、いつもはできない大掛かりな作業が行えるのは、休園日の特権です!

休園日の前日に来て、休園日の次の日にもう一度来て、どこか変わったとこはないかな?

と探してみるものおもしろいかもしれませんよ?

ライオン担当 おの

[PR]
by omutazoo | 2016-10-25 18:01 | 大牟田市動物園 | Trackback | Comments(0)

動物園のスタッフ達の日常をあれやこれや、、、


by omutazoo