カテゴリ:動物( 137 )

産まれました!

先月26日にマンドリルのリルが赤ちゃんを出産しました。
リルにとって5回目の出産です。

c0290504_15530011.jpg

c0290504_15555501.jpg
c0290504_15570149.jpg

母子ともに健康で赤ちゃんはすくすくと育っています。

そして、今月の18日までは赤ちゃんの愛称投票を行っています!
愛称を皆さんの投票により決定したいと思います。
マンドリルの飼育担当者4名が考えた愛称の中から
1つ選んで動物園正門付近の投票箱に投票をお願いし
ます!

■愛称候補
①エミル
 歴代のリルの子どもたちと名前と雰囲気が
 似ているので。
②ホタル
 ちょうどホタルの時期に生まれたので。
③ルル
 みんなに覚えてもらいやすいように。
④パール
 石言葉には、健康・長寿の意味があり、
 元気に成長してほしいという願いをこめて。
結果発表は6月25日(日)展示場前にポスターを掲示します。

◆生まれた赤ちゃんについて
誕生日:2017年5月26日(金)
性別 :メス
母親 :リル:2001年10月14日生まれ 
 (到津の森公園) 
父親 :ガブ:2001年4月4日生まれ
  (愛媛県立とべ動物園)

どの名前になるかお楽しみに!

サル担当 むらくき







[PR]
by omutazoo | 2017-06-15 16:02 | 動物 | Trackback | Comments(0)

日本一長寿のペリカンの横に「オウギバト」という鳥がいるのを皆さんご存知でしたか?
青い冠羽と綺麗な赤い目、うろこ状になっている肢が特徴です。
そしてハトの仲間では、世界で1番大きなハトです。

そして!!
実は、今抱卵しているんです!
オウギバトが、笹や枝などの巣材を集め、自分たちで作った巣で卵を温めている様子が見られます。
卵を産んで、孵化するまで約1ヶ月間、メスだけではなく、メスとオスで交代で抱卵します。
是非、温かい目で見守ってあげてください!
c0290504_18021430.jpg

担当 のだ りさ



[PR]
by omutazoo | 2017-06-09 18:29 | 動物 | Trackback | Comments(1)
こんにちは!
ライオン班のばんです。
今日はちょっと変わった動物園の楽しみ方を紹介します。
今日の主役は、オーストラリアに棲息する巨大な鳥、エミューです。
c0290504_15003818.jpg

5月15日、鳥インフルエンザ対策(※)で約5か月間展示を中止していたエミューの展示を再開しました。
このように動物が暮らす環境が変わったとき、飼育員はいつも以上に動物を観察します。
展示に出してすぐ、久しぶりに野外に出たエミューは、急に走り出すなど少し興奮した様子でしたが、すぐに落ち着きました。
c0290504_15004196.jpg
観察を続けていると、目の前でエミューが鳴き始めました!
このエミュー、たびたび鳴いてはいたのですが、なかなか気が付く方はいませんでした。
それもそのはず、とっても変わった鳴き声なんです。

以前からこの鳴き声を紹介したいと思っていましたが、ビデオカメラを向けると鳴くのを止めたり、うまく録音できていなかったりしたため、なかなか紹介できずにいました。
ついに録音できたエミューの鳴き声、どんな鳴き声か想像しながら聞いてみてください!

どうでしたか?
ズーンと響く心地よい音だったのではないでしょうか?
動物園は色々な生き物の音で溢れています。
動物園にお越しの際は、耳も使って生き物たちの魅力的な音の世界を楽しんでみませんか?

(※)鳥インフルエンザは、感染した鳥やその死体、排泄物などとの濃厚な接触などがない限り、ヒトに感染する可能性はまずありません。当園では園外から園内の鳥への感染を防ぐ目的で展示を中止していました。
ライオン班 ばん

[PR]
by omutazoo | 2017-05-29 15:05 | 動物 | Trackback | Comments(0)

色んな表情。


動物園には、たくさんの動物達が暮らしています。
種類も違えば、体の大きさも違います。

そんな動物達、実はいろんな姿を見せてくれます。

c0290504_14062270.jpg

例えば、モモイロペリカンの「ペリー」。
モモイロペリカンの中では、日本一長寿のおじいちゃんです。
暖かい日は、日向の暖かいところで寝ていることが多いのですがご飯の時間になると…

c0290504_14062868.jpg
「ごはん頂戴ーー!!!!!」と口を開けて待っている姿を見せてくれます!

他にも、プールの中をスイスイと気持ちよさそうに泳いでる
ゴマフアザラシの「オー」と「ムー」。

お昼にプールをのぞき込んでみると…

c0290504_14063555.jpg
プールの水の入れ替え中で、2頭並んで日向ぼっこをしていました!
他にも、ご飯を食べているオオカンガルー。

c0290504_14064417.jpg
少し笑っているようにも見えませんか…?



動物園の動物達は、いろいろな表情を見せてくれます。
普段見せてくれないような姿を見せてくれることもあるかもしれません。
ぜひ、動物園へ来られた際には、じっくりと動物達を観察してみてください。

c0290504_14065159.jpg
最後の1枚は、お昼寝中のレッサーパンダの「まい」ちゃんです!

たんとう まつお


[PR]
by omutazoo | 2017-05-27 14:36 | 動物 | Trackback | Comments(0)

たわし…?


今回は、カピバラの「エノキ」について更新したいと思います。

「エノキ」は、2015年9月19日生まれの1歳の女の子です。父の「ヒノキ」、母の「リア」、弟「なごみ」「くるみ」の4頭で暮らしています。
c0290504_13592723.jpg

とっても甘えん坊な子で、頬や背中を撫でられるのが大好きです。

c0290504_13584939.jpg

しばらく撫でていると、気持ちよさそうに目がトローン…となり、毛が逆立ちます。
c0290504_13571768.jpg
遠めから見ていると、大きなたわしに見えてきます。

キリン班担当 まつお

[PR]
by omutazoo | 2017-05-11 14:19 | 動物 | Trackback | Comments(0)

去年の12月31日に初めてお母さんの袋から顔を出し、外の見なれない景色に、オドオドと緊張した感じで、お母さんの後ろをぎこちなくジャンプして、一生懸命についていっていた「おみ」。

最近では、ジャンプも上手になり、展示場の中を飛び回っています!
天気のいい日には、お母さんに寄り添って日向ぼっこをしているので、寝顔が見れることもあります。

子どもの成長はあっという間で、この可愛い姿も一瞬です。ぜひぜひ、「おみ」の可愛い姿を見に来て下さい!
c0290504_14590496.jpg

キリン班担当 まつお

[PR]
by omutazoo | 2017-04-27 15:07 | 動物 | Trackback | Comments(0)
当園のサル舎にはフランソワルトンというサルが2頭生活しています。
名前はタントンとアンズ。
c0290504_14243502.jpg
全身を真っ黒な毛で覆われているこのサルはよくお客様からどうやって見分けてるの?と聞かれます。なので今回はここでタントンとアンズの簡単な見分け方をお話します。
まずは2頭の顔
c0290504_14245800.jpg
 こちらが タントン
c0290504_14244751.jpg
こちらが アンズ
こうやって顔をよく見ると違いがわかると思います。
でも実際動物は動くし、なかなか顔を向けたままじっとはしてくれないと思います。
そこでもっと簡単に見分ける方法があります
それはこれ
c0290504_14251110.jpg
c0290504_14251902.jpg
実はアンズのお尻の所の色は白っぽい色をしているのに対して
タントンは白くありません。
サル舎にお越しの際はタントンとアンズを見比べてみてください。今日話した方法のほかに自分だけの見分け方が見つかるかもしれません。

サル担当:高木

[PR]
by omutazoo | 2017-04-20 14:41 | 動物 | Trackback | Comments(0)
皆さんこんにちは。
だんだん暖かくなってきましたね。
暖かくなってくると虫たちの活動も活発になります。
ここ大牟田市動物園からも虫の音が…。
c0290504_15344681.jpg
名前はフタホシコオロギ。
熱帯から亜熱帯に分布するコオロギです。
背中の白い2つの模様が星のようでなんともおしゃれ。

実はこのコオロギ、とある昆虫館の方から動物たちに、と大量にいただきました。
コオロギは良質なタンパク質が摂れる魅力的な虫です。
コオロギが脱走しないように気を付けながら、動物たちにプレゼントしました!
c0290504_15343739.jpg
手を使って食べるフサオマキザルのジュウゴロウ。

c0290504_15343945.jpg
ツキノワグマのツッキーも気に入ったようです。
野生のツキノワグマは虫もよく食べるんですよ。

c0290504_15344286.jpg
ホンドギツネのわらびも興奮した様子で、鼻を使ってワラに隠れたコオロギを探し出します。
以前プレゼントしたミルワーム(チャイロコメノゴミムシダマシの幼虫)は見向きもしなかったのに!

一方で、
c0290504_15344181.jpg
インドクジャクは大喜び!と思ったら…つつくだけ…。

c0290504_15343360.jpg
エミューも1回つつくだけ…。

野生では虫を食べる動物も、動物園ではなかなか虫を用意できず、ドックフードなどを代わりに使うこともしばしばあります。
また、動物にも個性があり好みも様々です。
日ごろ食べ慣れていない食べ物をプレゼントすることは、単調になりがちな動物園の動物にとって、とっても良い刺激になります。
さらに、飼育員にとっても個体ごとの好みを知るよいきっかけになります。

昆虫館の方とコオロギたちに感謝しつつ、これからも、できる限り野生で食べている食べ物を用意して、動物たちの本来の生活に近づける努力を続けていきます。

ライオン班
ばん

[PR]
by omutazoo | 2017-03-30 15:43 | 動物 | Trackback | Comments(0)

リスザルウォッチング!


3月11日より、リスザルのイベントが新しくなりました。

c0290504_15552016.jpg

以前はお客様からリスザルにおやつ(ミルワーム)をあげてもらうイベントでしたが、それだけではなかなかリスザルの魅力を伝えることが出来ませんでした…。

リニューアルしたイベントでは、まずリスザルについて簡単にガイドを行い、そのあとにフィーダー(餌を入れる容器)を使ってリスザルたちの動きを見てもらいます。

優れたバランス感覚や手先の器用さを間近で観察していただいて、少しでもリスザルについて興味を持っていただければ幸いです!

c0290504_15551552.jpg

担当 うめざき


[PR]
by omutazoo | 2017-03-18 15:58 | 動物 | Trackback | Comments(0)

休園日!!

みなさんお待ちかね!?

休園日の作業シリーズです!

3月13日(月)は、3月唯一の休園日でした。

今回は、サル班とライオン班のお話です。

それでは早速、サル班から見ていきましょう!

c0290504_15104407.jpg

フサオマキザルの「まつ」と「じゅうごろう」の展示場を広くするために、

先月亡くなってしまったニホンザルの「太郎」が使っていた

展示場も使えるように改造中のようです。

c0290504_15103737.jpg

まだ未完成のようなので、この木枠が今後どうなるのか、お楽しみに!!

次はライオン班です。

c0290504_15105413.jpg

この三角形に組んだ木材を使うようですが・・・?

c0290504_15110248.jpg


c0290504_15110592.jpg

ユキヒョウの「スピカ」の展示場に、鎖をつけて

c0290504_15111397.jpg

これを吊します!

c0290504_15151322.jpg

ということで、スピカの展示場に、ぐらぐら床を設置しました!

強度の確認のために乗ってみます。

c0290504_15112461.jpg
うまく乗れるかな?


c0290504_15112774.jpg

ビビってます(笑)

c0290504_15113259.jpg



結構揺れます!!

ではスピカはどうでしょう?

c0290504_15120428.jpg

怖がることなく、興味津々!!

c0290504_15122909.jpg


今回は乗ってはくれませんでしたが、今後はこの上にお肉を置いたりして、

楽しく使ってもらおうと思っています!

以上、今回の休園日の報告でした!

ライオン担当 おの

P.S 
春休みのため、3月の休園日は、13日(月)のみです。
最近暖かくなってきましたよね?
この機会に、ぜひ大牟田市動物園へ!

[PR]
by omutazoo | 2017-03-15 15:22 | 動物 | Trackback | Comments(0)

動物園のスタッフ達の日常をあれやこれや、、、


by omutazoo