ドキドキ!

今日、NHK総合TV・『ひるブラ』の放送がありました。
なんと、生中継!!
とってもありがたいことに、番組のスタッフさんたちは何度も動物園に足を運んでくださり、入念に打ち合わせや準備を重ねてくださいました。
c0290504_14301464.jpg
(前日のリハーサル、打ち合わせの様子!スタッフさんは全部で約30名!)
c0290504_14311119.jpg
(機材がたくさん!)



「"やさしさ"が元気のヒミツ!いきいき動物園」というタイトルで、動物にやさしい、「やさしいいね!」な取り組み(ご飯のあげ方の工夫や健康管理のためのトレーニング)を動物たちにも協力してもらいながら、いくつかご紹介しました。
c0290504_14303143.jpg
(出番を待つB飼育員。少しだけ緊張していました。)


c0290504_14304028.jpg
(リポーターや大勢のスタッフさんをじーっと見つめるスピカ)
日差しが強く、寄ってきてくれるかどうか心配だったユキヒョウの「スピカ」。しかし、リハーサルも本番もきちんと協力してくれました。


放送でご紹介した取り組みは、ほんのごくごく一部です!
見てくださった方も、見逃してしまった方も、実際に大牟田市動物園に来て、「やさしいいね!」な取り組みを見つけてみてください!
分からないことや気になることがあったときは、お気軽に近くにいるスタッフにご質問ください!


※放送の中で、ユキヒョウのトレーニング時に使用していたエサを「ミルク」と紹介しましたが、正確には「鶏肉をペースト状にしたもの」です。

ライオン班:さいとう

[PR]
# by omutazoo | 2017-06-14 14:55 | 大牟田市動物園 | Trackback | Comments(0)

日本一長寿のペリカンの横に「オウギバト」という鳥がいるのを皆さんご存知でしたか?
青い冠羽と綺麗な赤い目、うろこ状になっている肢が特徴です。
そしてハトの仲間では、世界で1番大きなハトです。

そして!!
実は、今抱卵しているんです!
オウギバトが、笹や枝などの巣材を集め、自分たちで作った巣で卵を温めている様子が見られます。
卵を産んで、孵化するまで約1ヶ月間、メスだけではなく、メスとオスで交代で抱卵します。
是非、温かい目で見守ってあげてください!
c0290504_18021430.jpg

担当 のだ りさ



[PR]
# by omutazoo | 2017-06-09 18:29 | 動物 | Trackback | Comments(1)
先週の土曜日で当園のヒツジ全頭の毛刈りが無事に終わりました。
イベントに参加された皆さま、ご参加ありがとうございました‼
c0290504_14461389.jpg
c0290504_14460826.jpg


さて、イベント中に”この刈りとった毛はどうするのですか?”という質問をたくさんの方から尋ねられました。

実は今月、6月24日に毛刈りで刈りとった毛を用いて、小学生以上を対象(小学生3年生以下は保護者同伴)に羊毛フェルトボールづくりのイベントが開催されます。そして、飼育員による家畜のお話も行います。
なおこのイベントは予約制ですので、参加希望でまだ申込されていない方はお早めに当園までご連絡ください。


じゅういし かわせ

[PR]
# by omutazoo | 2017-06-07 14:51 | Trackback | Comments(0)
5月の16日から開放になったバードケージ。
今の時期はオスのインドクジャク達が綺麗な飾り羽(上尾筒)を広げてメスのクジャクにアピールしている姿が目立ちますね。
c0290504_18063800.jpg
しかし、今回はあえてバードケージでもあまり姿を見せない鳥を紹介したいと思います。
それはこの鳥、ゴイサギです。
c0290504_18070189.jpg
バードケージでは1羽飼育していて、名前は「プリッツ」といいます。
ゴイサギは主に河や湖に生息し、夜中や早朝に活動して餌となる水生昆虫・蛙・小魚などを食べて生活している鳥で、当園ではキビナゴやアジを与えています。
「プリッツ」も昼の間は木の上で休んで羽づくろいしながら園路を歩くお客さんをじーと見たりして過ごしています。なので当園のバードケージで姿を見たという人は少ないんじゃないかなと思います。
バードケージにお越しの際はぜひ1度「プリッツ」を探してみてください。
c0290504_18062868.jpg
何かの視線を感じたら「プリッツ」があなたを見てるかも?
c0290504_18072893.jpg
担当:たかき


[PR]
# by omutazoo | 2017-06-02 18:28 | Trackback | Comments(0)
こんにちは!
ライオン班のばんです。
今日はちょっと変わった動物園の楽しみ方を紹介します。
今日の主役は、オーストラリアに棲息する巨大な鳥、エミューです。
c0290504_15003818.jpg

5月15日、鳥インフルエンザ対策(※)で約5か月間展示を中止していたエミューの展示を再開しました。
このように動物が暮らす環境が変わったとき、飼育員はいつも以上に動物を観察します。
展示に出してすぐ、久しぶりに野外に出たエミューは、急に走り出すなど少し興奮した様子でしたが、すぐに落ち着きました。
c0290504_15004196.jpg
観察を続けていると、目の前でエミューが鳴き始めました!
このエミュー、たびたび鳴いてはいたのですが、なかなか気が付く方はいませんでした。
それもそのはず、とっても変わった鳴き声なんです。

以前からこの鳴き声を紹介したいと思っていましたが、ビデオカメラを向けると鳴くのを止めたり、うまく録音できていなかったりしたため、なかなか紹介できずにいました。
ついに録音できたエミューの鳴き声、どんな鳴き声か想像しながら聞いてみてください!

どうでしたか?
ズーンと響く心地よい音だったのではないでしょうか?
動物園は色々な生き物の音で溢れています。
動物園にお越しの際は、耳も使って生き物たちの魅力的な音の世界を楽しんでみませんか?

(※)鳥インフルエンザは、感染した鳥やその死体、排泄物などとの濃厚な接触などがない限り、ヒトに感染する可能性はまずありません。当園では園外から園内の鳥への感染を防ぐ目的で展示を中止していました。
ライオン班 ばん

[PR]
# by omutazoo | 2017-05-29 15:05 | 動物 | Trackback | Comments(0)

動物園のスタッフ達の日常をあれやこれや、、、


by omutazoo