タグ:自動給餌器 ( 2 ) タグの人気記事

5月3日のブログにも書きましたが、
現在、大牟田市動物園と三池工業高校の共同で、自動給餌器の製作を行っています。
そして、ついに!
今月の上旬に、その試作品が完成しました!
c0290504_14264900.jpg
c0290504_14281561.jpg
三池工業高校電気科3年生による製作です!
c0290504_14290274.jpg
タイマーがついており、あらかじめ設定した時間になるとプロペラ部分が回転して、

c0290504_14381377.png

上に置いてある餌が下に落ちていく仕組みです。
(1回の動作時間は0.5秒程です。設定できる回数は1日になんと16回!)

設定のやり方などを生徒たちに教えてもらって…。
c0290504_14265912.jpg
動作チェックも完了し、早速ラマ舎に設置!
c0290504_14275415.jpg
しかし…。

c0290504_14280364.jpg

予想よりも屋根部分が低く、自動給餌器の部品が当たってしまい、
うまく設置ができませんでした。
そこで!
寝室内に設置できるように、現在設置方法を精一杯考えております!
(うまく設置ができたらまたブログにあげます。)
自動給餌器があれば、飼育員がいない夜間にも給餌ができます。
どうしても単調になりがちな動物園での暮らしを、
少しでも変化のある暮らしにすることができるかもしれません。
今後も、三池工業高校の生徒や先生と相談しながら、
改良を加えていく予定です。
ご期待ください!

ライオン担当 おの

[PR]
by omutazoo | 2017-11-21 14:39 | 取り組み | Trackback | Comments(0)

先日(4/26)、大牟田市内にある「三池工業高等学校」の電気科3年生の生徒さんたちが

動物園に来てくれました!

c0290504_16440074.jpg




ラマたちのための自動給餌器を、課題研究として製作してもらうためです!

初回だったので、なぜ自動給餌器が必要なの?ということを説明させていただきました。

c0290504_16441910.jpg

雨の中、ラマ舎の見学も行いました。


c0290504_16445197.jpg

c0290504_16443677.jpg



ラマの担当である私が説明させていただいたのですが、

実は、私も三池工業高等学校の電気科出身なのです。

私が高校生のときに担任だった先生に、自動給餌器の製作について

相談させていただいて、実現した取り組みです!

タイマー式で動く自動給餌器が製作できれば、

私たち飼育員がいない時間帯(例えば夜中や朝方など)に餌を与えることができます。

それができるようになると、「いつ」餌が出てくるのか、

動物が予測しにくくなります。

そうすると、餌を探したりする行動が増えて運動量の増加にもつながりますし、

餌が出てくるタイミングも予測できないので、いい刺激にもなります。

毎日同じ時間に餌をもらってばかりではマンネリしちゃいますよね?

ほかにもいいことはいっぱいあるのですが、それはまた次の機会に・・・。


この自動給餌器が完成すれば、

環境エンリッチメントの幅がすごく広がる夢のようなものです。

飼育員たちも、ワクワクしながら完成を待っています!


ライオン担当 おの

[PR]
by omutazoo | 2017-05-03 16:48 | 大牟田市動物園 | Trackback | Comments(0)

動物園のスタッフ達の日常をあれやこれや、、、


by omutazoo