動物たちに大人気!!

先日の休園日、バードケージ内の伸びすぎている木の枝切りをしました。
切った枝は、マテバシイ、カクレミノ、シラカシなど…
c0290504_13393358.jpg
枝切りを行った川上飼育員。
これだけのたくさんの枝葉は、動物たちのご飯になります。
c0290504_13402278.jpg
フランソワルトン


c0290504_13404446.jpg
ミニブタ


c0290504_13410859.jpg
ヤギ


c0290504_13413407.jpg
ヒツジ


c0290504_13415555.jpg
モルモット

葉っぱは、みんなに大人気です。
また、葉っぱだけではなく、枝も動物たちのかじり木として使っています。
c0290504_13423892.jpg
マンドリル


c0290504_13434313.jpg
ラマ



動物園では、いつも違う種類の枝葉をあげるようにしているので、動物たちは毎日何の葉っぱが来るかお楽しみです。
動物たちにあげている葉っぱは、園内で切ったものがほとんどですが、食べられるものと食べられないもの(毒性を持つ植物)があります。
飼育員が動物たちに葉っぱをあげているところを見たら、ぜひ何の葉っぱか聞いてみてください!

担当:のだりさ

[PR]
# by omutazoo | 2018-05-16 14:51 | 動物 | Trackback | Comments(0)

ヘビの産卵

みなさん、こんにちは!
ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしょうか?
さて、先日、当園のボールニシキヘビが1頭産卵をしました。(頑張ったね!マッカートニー。)
全部で7つの卵を産みました。
c0290504_14550163.jpg
(抱いているのが卵です)
全部有精卵であったようで、現在、孵卵器に移して、約2か月後の孵化を待っています。
c0290504_14492589.jpg
c0290504_14493972.jpg

無事、孵化するといいな。

かわせ

[PR]
# by omutazoo | 2018-05-06 14:57 | Trackback | Comments(0)

若葉の季節

若葉の季節、動物たちも柔らかい葉が大好きです。

c0290504_14493726.jpg
ブタオザル(さくら)
c0290504_14493485.jpg
ナマケモノ(くり)
c0290504_14493690.jpg
ツキノワグマ(ツッキー)
顔が隠れていますが、葉っぱに夢中です!

さて、ゴールデンウイークに突入しました!
本日は天気も良く、園内は沢山のお客さんで賑わっています。
※期間中は混雑が予想されます。こちらをご確認ください。

担当:江﨑



[PR]
# by omutazoo | 2018-04-29 14:58 | 大牟田市動物園 | Trackback | Comments(0)
先日の休園日、動物園では非常事態訓練を行いました。
これは、動物が獣舎から脱走したことを想定し、
非常事態に各職員が自分の役割を認識するために
日本中の動物園水族館で行われているものです。
今回は、ライオンがライオン舎裏に脱走したという想定の下、
訓練を行いました。

c0290504_16270691.jpg
あ!ライオンが脱走してる!
「オスライオン 1頭が獣舎裏側の柵内に脱走しています。」
ライオン担当者から無線が入ります。
一瞬に凍り付く園内。。。

c0290504_16313938.jpg
少しするとヘルメットをかぶった人(獣医師)がやってきました。

c0290504_16330657.jpg
狙ってます、狙ってます、狙いを定めてます。
ライオンは狙いにくい角へと逃げます。
どうする獣医?!
そしてライオンの運命やいかに?????







c0290504_16342905.jpg
獣医が放った麻酔薬が効いて、ライオンは眠りにつきました。

c0290504_16361421.jpg
しかし獣医の仕事はまだ終わりません。

c0290504_16364078.jpg
実際に麻酔薬が効いているのかを確かめねばならないのです。


この後、麻酔薬が効いていることが確認され、ライオンは
獣舎内に運ばれて行きました。


このように大牟田市動物園では、各職員が、非常事態における
自分の役割をあらかじめ認識し、冷静かつ落ち着いた行動を
とることで、お客様の安全を確保するように努めております。
もちろん、このような非常事態が起きぬよう、
常日頃から万全の態勢をとっております。
どうぞ安心して動物園へお出かけくださいませ。

みなさまのお越しをお待ち申し上げております。


今年のライオン役 とみさわ

[PR]
# by omutazoo | 2018-04-27 16:49 | スタッフの日常 | Trackback | Comments(0)

インコのお引っ越し

こんにちは!
ライオン班のばんです。
新年度になり、お引っ越しされた方も多いのではないでしょうか?
今回のお話は、アオボウシインコ「ひょーん」のお引っ越しです。
人のように家財道具がいらないインコのお引っ越し。
簡単そうですが、いったいどんな工夫があるのでしょうか?
是非最後までお付き合いください!

現在、ひょーんはこちらの小さな部屋で暮らしています。
c0290504_15155631.jpg

ひょーんのお部屋。

より広くて快適で、しかも皆さんも観察がしやすい場所への引っ越しを計画しています。
その引っ越し先がこちら!
c0290504_15160698.jpg
モルモットとウサギの運動場。

ここなら、今のお部屋よりも広く、観察もしやすくなります。
しかも、今のお部屋から徒歩30秒。
しかーし!
動物の移動はそう簡単ではありません。
新しいお部屋がいくら快適そうに見えても、急に環境が変わると大きな負担になってしまうかもしれません。
そこで、新しいお部屋に馴れてもらうための練習を始めました。
まずは移動ためのキャリーケースに馴れてもらいます。
c0290504_15154835.jpg
すぐに馴れ、今では自分から入ってくれます。
入ってくれたら、大好物のアーモンドのかけらを渡します。

キャリーケースに馴れたら、今度は移動の練習。
c0290504_15153172.jpg
キャリーケースでの移動にもすぐに馴れました(中にひょーんが入っています)。

モルモットとウサギの運動場までいけるようになったら、今度はウサギたちに馴れてもらいます。
c0290504_15152482.jpg
気になるようですが、近づきはしません。

現在、この新しいお部屋で過ごす時間を徐々に長くしています。
c0290504_15162213.jpg
見渡したり囓ったり、探索に夢中なご様子。

新しいお部屋に馴れるにはもう少しかかりそうです。
もしモルモットとウサギの運動場でひょーんを見かけたら、優しく見守ってくださいね!
c0290504_15120201.jpg



ライオン班
ばん

[PR]
# by omutazoo | 2018-04-26 15:23 | 動物 | Trackback | Comments(0)

動物園のスタッフ達の日常をあれやこれや、、、


by omutazoo