人気ブログランキング |

うんちイベント第2弾!

10月13日に、「知って楽しい!うんちの不思議!~アムールヒョウ編~」を行いました。
c0290504_08500335.jpg
8人の方にご参加いただきました。
中には、前回の「ユキヒョウ編」に続いて2回目の方も
いらっしゃいました(ありがとうございます!)。

はじめに、アムールヒョウについて、そして動物の糞について
お話しました。
c0290504_08394265.jpg


その後、早速キーホルダーづくりに取り掛かりました。
c0290504_08402490.jpg

今回使用したのは、当園で飼育しているアムールヒョウ「ポン」の糞です。
1週間ほど天日干しにして使用しました。
c0290504_08373846.jpg
乾燥させているとはいえ、匂いは強烈で、皆さんから「くさい…」という
つぶやきが漏れていました。
ほぐした糞、レジン液、思い思いのラメなどのパーツを型に入れ、UVライトで固め
世界に一つだけのキーホルダーやネックレスが完成しました!
c0290504_08380930.jpg
c0290504_08383294.jpg
c0290504_08425965.jpg
c0290504_08432802.jpg
c0290504_08431385.jpg
c0290504_08385727.jpg
c0290504_12141261.jpg

「知って楽しい!うんちの不思議!」シリーズは
今後も継続して開催する予定です。
次回は何のうんちになるでしょうか。。。お楽しみに!

参加してくださった皆さん、ありがとうございました。
またのご参加をお待ちしております!

c0290504_08521637.jpg
(スタッフが練習で作った作品↑)


ライオン班担当:さいとう

# by omutazoo | 2019-10-17 16:21 | イベント
少し前になりますが、ハクビシンとエミューの
ハズバンダリートレーニングによる無麻酔採血に成功しました。
YouTubeにも動画が上げていますが、今回のブログでは
採血成功までの道のりを詳しく書きたいと思います。  

ハクビシンの採血


エミューの採血


ハクビシンとエミューの定期的な体重測定は出来ていましたが
血液検査をすることで、病気の早期発見や栄養状態の把握ができるよう
採血トレーニングを始めました。

まずは、ハクビシンのハッチ(オス)の採血についてです。
c0290504_13160076.jpg
ハクビシンのハッチ


トレーニング開始日の6月14日から、成功した日の7月29日まで
46日間、トレーニングを行いました。

最初は、柵に隣接している台の上に来てもらい、柵から尻尾を出し
尻尾からの採血をしようとしましたが、尻尾よりも後肢の方が
血管が見やすかったので、後肢から採血をすることになりました。

後肢から採血をするためには、飼育員と獣医師が
ハクビシンと同じ展示場内に入るため、
安全に行えるようにしなければなりません。

そのため最初は、塩ビ管の中に板を入れ、
板の上に乗ってもらうようにしてみました。
c0290504_13160641.jpg
c0290504_13161253.jpg
しかし、これでは餌をあげにくいので、改良することにしました。

次に試したのがこちら!!
c0290504_13161700.jpg
トンネル状のネット内に入ってもらうことにしました。
これだと、ネットの間から餌をあげることができます。

しかし、ハッチがネットの中に入らず、ネットの上に
乗ってしまうことが多かったので、ネットの中に
入ってくれるよう、ネットの上に板を設置しました。
c0290504_13162374.jpg
そして、頭が来る方にもネットをつけ、
より安全に実施できるようにしました。
c0290504_13163573.jpg
c0290504_13163087.jpg
このトンネルネットの中にハッチに入ってもらい、
後肢から採血をしました。
トレーニングに協力してくれている間、
バナナジュース(バナナ25g:水100ml)を
飲んでもらうようにしました。
これまでに、右後肢からの採血に4回成功しています。
また、両後肢から採血出来るよう、台を移動し、
9月8日には、左後肢からの採血にも初めて成功しました。


次は、エミューの採血についてです。
c0290504_13164115.jpg
エミューのジン(オス)とフク(メス)

ジンもフクも、トレーニングを8月15日に開始し、
ジンが8月29日に、フクが9月2日に成功しました。

エミューの採血には、寝室を分ける仕切柵を使用しました。
新しく設置した板と仕切柵の間に誘導し、
肢の関節付近の静脈から採血することにしました。
c0290504_13164509.jpg
板と仕切柵の間には、すぐに入ってくれるようになりましたが
出る時に出にくそうにしており、また、出る時の反動で
板が動いてしまっていたので、板を改良することにしました。
2度の改良を重ね、最終的に完成したのがこちら!!
c0290504_13165001.jpg
だいぶ板の大きさが小さくなりましたが、強度は増しました。
また、エミューも離れたいときにすぐ離れられるので、
柵と板の間に入ることに警戒しなくなりました。
安全に行うため、飼育員も獣医師も柵越しで採血をしています。
c0290504_13165441.jpg
c0290504_13165883.jpg
トレーニングに協力してくれている間は、固形飼料をあげています。
これまでに、ジンとフクともに3回ずつ採血に成功しています。
今後も、ハクビシンとエミューの定期的な採血を行い、
健康管理に役立てていきたいと思います。

担当:のだ&さいとう


# by omutazoo | 2019-10-05 15:36 | 動物

国際レッサーパンダデー

こんにちは。
レッサーパンダ担当のかわのです。
9月21日に国際レッサーパンダデースペシャルイベントを行いました。
10年前、レッサーパンダの保全活動を行っている団体
9月の第3土曜日が国際レッサーパンダデーに定められました。
それ以来、この日は世界各地でレッサーパンダに関するイベントが
行われる日となっています。
当園でも、毎年国際レッサーパンダデーのスペシャルイベントを
行っていますが、今年は国際レッサーパンダデー10周年ということで
例年以上に盛りだくさんの内容を実施しましたのでご紹介します。

まず初めに、展示場に隠されたリンゴをレッサーパンダが探して
食べる様子を観察して頂きながら、ガイドを行いました
(奥のほうで拡声器を持っているのが私です。
私が着ているのはRed Panda Networkの
国際レッサーパンダデー10周年記念Tシャツです)。
c0290504_13533312.jpg

その後、この日に合わせて作製したパネルをご紹介しました。
実は、今年の3月にレッサーパンダの生息地のひとつであるネパールに行き
レッサーパンダの生息環境を見るとともに、現地での保全活動等について
お話を伺っていたので、その時の写真をご紹介しながら、お話ししました。
c0290504_13553952.jpg
このパネルは今後もレッサーパンダ舎横に常設しますので、
動物園にいらした際には、見て頂けたら嬉しいです。
ここでしか見られない貴重な写真や、私の顔芸も必見です!!
c0290504_13570143.jpg
c0290504_13571092.jpg
c0290504_13571832.jpg
c0290504_13572529.jpg
イベントはまだまだ終わりません。
場所をレクチャールームに移して、Red Panda Networkの方とビデオ通話を行い
現地で行っているレッサーパンダの保全活動についてお話しして頂きました。
Red Panda Network グローバルアンバサダーの甲斐さんに通訳をして頂きながら
実際に保全活動に従事されている方の貴重な生の声を聞くことができました!
c0290504_13593427.jpg
最後に、Red Panda Networkの公式グッズの販売と募金も行いました。
c0290504_14030872.jpg
グッズの売り上げと募金は全てRed Panda Networkに寄付致しました
(レッサーパンダの保全活動に活用されます)。
ご協力くださいましたみなさまに、改めましてお礼申し上げます。

c0290504_18121106.png
Red Panda Networkから頂いたお礼状


担当:かわの

# by omutazoo | 2019-09-29 18:12 | イベント

世界ライオンの日

みなさんこんにちは!
ライオン班担当のさいとうです。
先月の話になりますが、8月10日の世界ライオンの日にちなみ、
8月3日から10日までをライオンウィークとし、期間中毎日
スペシャルガイドを行いました。
c0290504_14215992.jpg


イベントでは募金活動も行い、300円以上ご協力をくださった方には
スペシャル缶バッジをプレゼントしました。
c0290504_13364158.jpg

ライオンウィークを通じて皆さんに募金して頂いたお金は、
全部で21,852円になりました。
それらを全額、ライオンの保全を行っている「African Parks」
という団体に寄付し、先日お礼状を頂きました

c0290504_14224741.jpg
お礼状はライオン舎前に掲示しています。
暑い中イベントにご参加くださいました皆様、募金にご協力を
くださいました皆様に、改めましてお礼を申し上げます。

動物園では当たり前のように見ることができるライオンですが、
野生では生息地の減少や密猟などが原因で、
絶滅の危機に瀕しています。
日本から遠く離れたアフリカに暮らす野生のライオンのために
私たちができることなんて何もないのでは、と思う方も
いらっしゃるかもしれません。
でも、私たちにできること、ちゃんとあるんです。
まずは私たちひとりひとりがライオンについて知りましょう。
ネットで調べたり、動物園の飼育員に聞いたりすることで
これまで知らなかったライオンの一面を知ることが
できるかもしれません。
そして、それを周りの方々に話してみてください。
これを機にライオンについて考えて頂けたら嬉しいです。



c0290504_14213155.jpg
当園の雄ライオン「あさひ」




c0290504_14211785.jpg
当園のメスライオン「リラ」


ライオン班担当:さいとう

# by omutazoo | 2019-09-22 16:35 | イベント
こんにちは。
先日、モルモットの赤ちゃんが10頭産まれましたので
ご紹介します。

母親ジュピター
c0290504_16591198.jpg














ジュピターのこども 4頭(7月21日生まれ)

きのみ
c0290504_14262451.png








こるく
c0290504_14373868.png







こかげ
c0290504_14383184.png








このは
c0290504_14394892.png








ジュピター(木星)にちなんで、木にまつわる名前をつけました。



母親マーキュリー
c0290504_17030934.jpg














マーキュリーのこども4頭(7月24日生まれ)

ポンデ
c0290504_14305920.png







エンゼル
c0290504_14314483.png







ポップ
c0290504_14330704.png







フレンチ
c0290504_14341398.png







マーキュリー(水星)にちなんで・・・ではなく
ミスタードーナッツシリーズの名前をつけました。




母親マーズ
c0290504_17042742.jpg














マーズのこども2頭(7月29日生まれ)

カシオペア
c0290504_14362557.png









ペガサス
c0290504_14424858.png








マーズ(火星)にちなんで、宇宙に関連する星座の名前をつけました。



今はまだご覧頂くことは出来ませんが、
3家族仲良くすくすくと元気に成長しています。
イベントデビューまで今しばらくお待ちください。
c0290504_17082916.jpg














モルモット担当:かわかみ

# by omutazoo | 2019-09-15 17:44 | サファリな連中紹介

大牟田市動物園のスタッフが、日々のさまざまなことをお伝えします!


by omutazoo