こんにちは!秋の遠足シーズンですね!!
園内は毎日とても賑やかです!
モルモットと触れ合える「モルモットわたしの時間」のイベントもすぐ定員に達してしまうくらいです。

イベントで大活躍のモルモットは現在69頭います。
c0290504_14485776.jpg
園内で繁殖を繰り返してきたため、血が濃くなってきました。
そのため、今回新しく熊本市動植物園からオスのモルモットが1頭やってきました!
c0290504_14490651.jpg
c0290504_14490297.jpg
名前は「かまんべーる」です!担当スタッフが名づけました!!
イベントでは近くで見る事が出来るかもしれません。その時は静かに見守ってくださいね!

期待の星「かまんべーる」をよろしくお願いします。


モルモット担当:かわかみ

[PR]
# by omutazoo | 2018-10-17 15:07 | 動物

みなさん、こんにちは。
10月13日に、女性限定一日飼育員体験を行いましたので、
今回はその様子をレポートします!

ちなみにこの一日飼育員体験、当園では毎月開催しております。
通常は、小学 4年生以上の方であればどなたでもご参加頂けるのですが
(小学生は保護者同伴)、今回は18歳以上の女性限定という
スペシャル会でした。

ライオン班、キリン班、サル班に分かれていざお仕事スタートです!

c0290504_11255868.png
ライオン舎の掃除中。
ぴかぴかになったお部屋で、ライオンはぐっすり眠れたことでしょう。

c0290504_11292351.png
お次はトラのごはんの準備。
鳥をまるごと一羽、さばいていきます。

c0290504_11315352.jpg
カンガルー舎のお掃除。
部屋の角では、おばあちゃんのシャケがお掃除を見守ります。

c0290504_11345419.jpg
備品の手入れも日々の大切なお仕事です。

c0290504_11372865.jpg
キリンに新鮮な木の葉をプレゼント。

c0290504_11352631.jpg
見てください、この素敵な笑顔!
一日飼育員体験をやっていてよかった!と思える瞬間です。

c0290504_11354708.jpg
こんなに近くで触れ合えるのも一日飼育員体験ならでは!

c0290504_11282152.png
今度はお肉を小さくカットしていきます。

c0290504_11414739.jpg
そのお肉はライオンへ!

c0290504_11424503.jpg
体験終了後、修了証が授与されます。

c0290504_11451521.jpg
みなさんで記念撮影!
一日お疲れさまでした!!!


以上、一日飼育員体験レポートでした!
これをお読みになって、「私もやってみたい!」と思われたみなさん、
次回開催日は、11月17日(土)です!
今ならあと一名様のご参加が可能です(※10月14日現在)。
12月の予定は現在のところ未定ですが、決まりましたら
告知をさせて頂きますので是非ご覧くださいませ
(12月分のご予約は11月 1日から受付開始となっております。
毎回満員御礼になってまうので、お早目のお申込みをおすすめ致します)。
みなさまのご参加をお待ち申し上げております。


企画広報 とみさわ

[PR]
# by omutazoo | 2018-10-14 12:04 | イベント
今回はマンドリルのお話です!

色鮮やかな顔が特徴のマンドリル。
野生では、アフリカの熱帯雨林に住んでいます。
そこには、たくさんの木が生い茂っていて、マンドリルはいろんな種類の植物を食べて生活しています。

そこで、大牟田市動物園の3頭、ガブ・リル・ルルたちに少しでも野生に近い環境を!ということで、昨日の休園日、マンドリルの展示場に花壇を作成しました。
before
c0290504_15414656.jpg
                after
c0290504_15425366.jpg
130㎝×180㎝の大きめのサイズです。

組み立てから、砂入れまでマンドリル担当者で行いました。 
c0290504_15444548.jpg
マンドリル舎は古く狭い建物で、一輪車では運べないので、バケツを使って担当者3人で何往復もして砂を運び入れました!
c0290504_15450557.jpg
マンドリル舎に、このような花壇を設置したのは初めてで、マンドリルにとっては土も初めてのものです。砂場としても利用してもらえるように作成しました。

今回はトウネズミモチ、イヌビワ、ヒサカキの枝を花壇に植えてみました。
c0290504_15460896.jpg
c0290504_15462678.jpg
どのような反応をするか、担当者もいろいろ想像しながら作成しましたが、リル・ルルは全く触ることはありませんでした。初めてということで、警戒していたのかもしれません。今後、少しずつ慣れてもらえればと思います。

ガブは、最初は見るだけで触ろうとはしませんでしたが、時間が経つと、花壇に植えた葉っぱを食べていました。

           花壇に植えた葉を見つめるガブ
c0290504_15471099.jpg
           トウネズミモチの葉を食べるガブ
c0290504_15480584.jpg
11月にあるサポーターイベントでは、サポーターの皆さんと一緒に、この花壇に木の枝や苗木を植える予定です。
自分が植えた葉を食べてくれるか、どのような行動をするか、想像しながら行う、楽しいイベントとなると思います。
また、マンドリルの魅力に気づくきっかけになってもらえれば嬉しいです。
ご参加お待ちしています!

イベント詳細については、こちらをご覧ください
(新規にサポーターになってくださった方もご参加頂けます)。




担当:のだりさ

[PR]
# by omutazoo | 2018-10-10 16:37 | 動物

もうすぐ…

昨日、大きな箱の搬入がありました。
c0290504_14205433.jpg
重さは約200㎏!
c0290504_14203590.jpg
業者の方に安全かつより簡単に運ぶ方法を教えて頂き、とある場所に運びます。
c0290504_14202601.jpg
(この先の急な坂は4人がかりでヒーヒー言いながら運びました)



とある場所とは…
c0290504_14204760.jpg
ユキヒョウの「スピカ」のところです。
この大きな箱は熊本市動植物園から一時避難という形で大牟田に来たスピカが、熊本に帰るときに入ってもらう輸送箱です。

スピカは今月、熊本に帰る予定です。
自分から入ってもらえるように練習しておくことで、スピカにかかる負担を少しでも軽減し、より安全に帰れるように、今年の3月から輸送箱に繋がる通路を移動する練習を行ってきました。
c0290504_14215664.jpg
スムーズな移動が可能になったので、いよいよ輸送箱に入る練習です!


c0290504_14201562.jpg
(設置の間、落ち着いた様子のスピカ)
輸送箱を設置して初めて通路移動練習を行いましたが、警戒する様子はほとんどなく、1度自分から輸送箱に入ってくれました。
帰る予定の日まで、残りわずかですが、無理のない範囲で慎重に練習を進めていきます!
そして、スピカが少しでも快適に過ごせるように取り組んでいきます!
10月21日(日)にお別れイベント「スピでね!」、その後にはユキヒョウの研究者の方や熊本市動植物園の方をお招きして、おはなし会を行います。
ぜひお越しください!
c0290504_14213650.jpeg


ライオン班:さいとう

[PR]
# by omutazoo | 2018-10-06 14:29 | 動物
みなさん、こんにちは!
暑かった日が嘘のように、だんだんと肌寒くなってきましたが
お変わりありませんか?

9月29日(土)の台風が迫り雨が降る中、当園では神奈川大学の諸坂 佐利先生をお迎えして、
動物園や動物園の動物に関する法律について楽しく学ぶイベントを開催しました。

諸坂先生は動物園や野生動物に関連するさまざまな基本構想や条例の策定に関わられ、
大牟田市動物園も所属する日本動物園水族館協会の顧問もされています。
c0290504_12264140.jpg
熱心に聞き入る参加者のみなさん
当園職員も学ばせていただきました。

c0290504_12272213.jpg
とてもいい声で、分かりやすくお話をしてくださる諸坂先生


「動物園」って何?というところから始まり、
日本には「動物」のことを第一に考えた法律はないということ、
海外では動物に関するどのような法律があるのか、
「動物福祉」とは一体なんなのか、
動物愛護と動物福祉はどう違うのか、
そして今後日本ではどのような法整備が必要とされているのか、
といったお話をしてくださいました。

こうして字で書いてみると、とても難解な、
よく分からないお話をされたのだろうと思われるかもしれませんが、
諸坂先生の手にかかるとするすると理解が進んでいき、
参加者の誰もが幾度となく心の中でそうだったのか!と思われたことでしょう。

特に印象的だったのは、「動物愛護と動物福祉は違う」という点です。
諸坂先生はこのようにご説明されました。
「愛護」とは、人が対象物に対する主観的・感情的(非科学的)行動
「福祉」とは、人が対象物に対する客観的・医学的(科学的)行動

当園は、「動物福祉を伝える動物園」として、これからも
ぶれることなく、科学的根拠に基づく活動を行っていきたいと思います。


最後に、大変お忙しい中、当園にお越しくださいました諸坂先生、
そしてお足元の悪い中ご来場くださいましたみなさまに
改めまして心よりお礼を申し上げます。
今後もこのような機会を重ね、動物園や動物を取り巻く法制度や
法律に関する理解を深めるきっかけを作っていきたいと思います。


広報担当 とみさわ

[PR]
# by omutazoo | 2018-10-02 12:20 | イベント