フランソワルトンに赤ちゃんが生まれました!

7月1日にフランソワルトンに待望の赤ちゃんが生まれました。
残念ながら、母親のアンズには出産後、赤ちゃんを抱きあげる様子が見られず、人工保育に切り替えることにしました。

生まれた赤ちゃんは手足と下半身は黒っぽいですが、顔はこの通り!
c0290504_11500082.jpg
赤ちゃんの派手なオレンジ色の体は、子守り行動を誘発させるためと言われています。このオレンジ色は、生後6カ月~1年で大人と同じ真っ黒になります。
この色は、今だけしか見られないんです!

こちらは、母親のアンズ。
c0290504_11501020.jpg

今は、1日6回3~4時間おきに人用ミルクを与えたり、体重測定や検温をしたりして日々過ごしています。
c0290504_11501972.jpg
現在、赤ちゃんはミルクを飲んでいますが、成長する途中で葉っぱを食べるようになります。その為、離乳の切り替えが難しく、国内でも人工保育の成功例はほとんどありません。

今は母親から離れていますが、将来的には母親と一緒に暮らしていけるようにしたいと思っています。そこで、母親のアンズが赤ちゃんのことを忘れないように、毎日柵越しで見せています。
c0290504_11502640.jpg
今後も赤ちゃんがすくすく元気に成長していけるように、担当飼育員全員でサポートしていきます!

※フランソワルトンは、葉を主食とするサルの仲間です。野生では群れで生活しており、群れの仲間も子育てに参加します。

担当:のだりさ

[PR]
by omutazoo | 2018-07-08 12:03 | 動物