レッサーパンダのマイと赤ちゃん


みなさん、こんにちは。
企画広報担当のとみさわです。
レッサーパンダ担当が親子のお世話で忙しいため、
代わって私がレッサーパンダ親子の今をお伝え致します。

6月26日に生まれた赤ちゃんでしたが、マイがあまり
赤ちゃんと一緒に時間を過ごさず、赤ちゃんの体温が
低下したため、赤ちゃんを保育器に移動し、本格的に
人の手でお世話をしています。
c0290504_17340180.jpg
これが赤ちゃんが過ごしている保育器です。温度と湿度が管理されています。

c0290504_17341197.jpg
現在の赤ちゃん。毛がたくさん生えてきました。でもまだ目は開いていません。

c0290504_17342212.jpg
ミルクを作る河野飼育員。適温にしてから赤ちゃんに与えます。

c0290504_17343435.jpg
でもミルクの前に体重測定。赤ちゃんは順調に体重が増加しています。

c0290504_17344306.jpg
さらにさらに、ミルクの前に体温測定。
ミルクまでもうちょっとだよー。ちょっとだけ我慢してね。

c0290504_10511008.png
お待ちかねのミルクターイム!あっという間に飲んじゃいます。

c0290504_17345808.jpg
飲んだ後は、肛門を刺激して排泄を促します。

c0290504_17350300.jpg
保育器に戻したら、お腹もいっぱいになって満足したのか、すぐに寝てしまいました。


こんなふうに毎日を過ごしている赤ちゃんですが、
母親のマイとも1-2時間ずつ過ごしています。


保育器の温度は28度なのに対し、マイのいる場所の
温度は25-26度。
まだ体の小さい赤ちゃんは、体温を維持することができないため
マイと一緒に過ごす時間を制限しています。
もう少し成長したら、マイとずっと過ごせるようになるといいな。
その日まで、飼育員は24時間お世話を頑張っていきます。


企画広報 とみさわ



[PR]
by omutazoo | 2018-07-10 10:58 | 動物