動物の口はふしぎがいっぱい

こんにちは。
もう8月も今日で終わりですね。

大牟田市動物園では今年も夏休みにたくさんの色々なイベントを行いました。
今日はその中から、歯科医師の岡崎先生をお呼びして開催した講演会

「動物の口はふしぎがいっぱい」

について書きたいと思います。

岡崎先生は、歯科医師の中でも子供を専門に診る小児歯科医師です。
それと同時に動物もとてもお好きで、全国の動物園水族館の動物たちの歯の治療のお手伝いもしてくださっています。
当園でもゴマフアザラシの歯科治療に関してアドバイスをいただいた御縁で、今回の講演会開催をご快諾いただきました。

c0290504_17375327.jpg
講演では今まで先生が携わられた動物たちの歯科治療のことだけでなく、私たちスタッフも知らなかったような動物の歯に関する様々な話題についてクイズ形式で楽しくお話してくださいました。

c0290504_17390154.jpg
ヒトと同じように、動物たちにも虫歯や歯周病などがよく起こります。
特に高齢化に伴い歯が痛んでしまい、食べられなくなってしまうケースもあります。
そのような事態を防ぐために、当園では動物たちに口を開けてもらって歯の様子などを定期的にチェックしたり、歯磨きを行っている動物もいます。

食べることは生きること。

これからも動物たちが健康で長生きできるよう、口の中の健康にも気を配っていきます。

動物病院 木村

[PR]
by omutazoo | 2018-08-31 17:43