カテゴリ:未分類( 74 )

ヘビの産卵

みなさん、こんにちは!
ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしょうか?
さて、先日、当園のボールニシキヘビが1頭産卵をしました。(頑張ったね!マッカートニー。)
全部で7つの卵を産みました。
c0290504_14550163.jpg
(抱いているのが卵です)
全部有精卵であったようで、現在、孵卵器に移して、約2か月後の孵化を待っています。
c0290504_14492589.jpg
c0290504_14493972.jpg

無事、孵化するといいな。

かわせ

[PR]
by omutazoo | 2018-05-06 14:57 | Trackback | Comments(0)
先日、大牟田市立中友小学校の3年生に向けて、
ウサギについてのお話をしてきました。

中友小では毎年4年生が学校で飼育しているウサギの世話を担当するとのことで、
今の3年生は4月に向けて準備を進めているそうです。
その一環として、私(獣医師の木村)とウサギ担当の野田で、
基本的な飼育方法(飼育環境、当園で実施している暑さ・寒さ対策、餌のことなど)
や当園で実践している環境エンリッチメントツールの作り方(ガチャポンやペットボトルフィーダー等)、接し方などをお話しました。

c0290504_17333738.jpg
c0290504_17333852.jpg
今回の話をするにあたり、基本的な知識はもちろんのこと、
せっかく3年生全員が1年間ウサギに関わるという貴重な機会なので、
ウサギとの接し方についても子どもたちと対話しながら考えてみました。

当園でも大切にしている、「他者への配慮ある行動」。

実際に中友小で飼育しているウサギ3羽と接しながら、

(私)「今、ウサギさんどんな気持ちかな?」
(子どもたち)「うーん、、、教室に連れてこられて緊張してる??」
(私)「そうかもしれないね。そんな時はどうしたらいいかな?」
(子どもたち)「少し待ってみる?」

などなど、みんな一生懸命目の前にいるウサギの気持ちについて考えてくれました。

c0290504_17490130.jpg

また、ウサギの感情表現の豊かさ(喜んでいる時や怒っている時特有の行動など)を伝えながら
「どのように接していけばウサギと仲良くなれるか、みんなで考えながらお世話しようね」
と伝えてあっという間の45分でした。
これから子供たちがどのようにウサギ達と向き合っていくか、
また見に行ってみたいと思います。

c0290504_17340478.jpg
(階段にあった英語表記。校内の色々なところにこのような楽しい表記が沢山!)

獣医師 きむら(もりた)

[PR]
by omutazoo | 2018-02-15 17:38 | Trackback | Comments(0)

「モルモットと私の広場」横にある「ウサギ・モルモットの運動場」をリフォームしました。

リフォーム前
c0290504_17155161.jpg
c0290504_17154402.jpg
リフォーム後
c0290504_17153082.jpg

c0290504_17153817.jpg

日中広場から運動場まで自由に行き来できるよう橋を設置する為に改装し、
網を細かいものに変えました。雨の日などは、動ける範囲が少なかったので屋根も増築しました。

c0290504_17161420.jpg
今は寒いのでモルモットは運動場へは行けるようにしていませんが、
もう少し暖かくなれば運動場の方にいることがあると思います。
c0290504_17155721.jpg
c0290504_17160894.jpg
それまでお楽しみに!!

ウサギ・モルモット担当:野田まお

[PR]
by omutazoo | 2018-02-06 17:33 | Trackback | Comments(0)

ヘビたちの居場所

こんにちは。

今日は、最近よく皆様にご質問いただく
「ヘビはどこにいますか?」
についてお答えします。

いつもは園内中ほどの展示・レクチャー室の中に居る5種類のヘビたち(と、ヒキガエル)。

現在、展示レクチャー室の改修工事に伴い、動物病院の中で暮らしています。

c0290504_18204426.jpg
(ボールニシキヘビ)

寒さに弱いボールニシキヘビのために常時暖房をつけているため、
冬は例年あまり動かなくなる日本産のヘビたち(アオダイショウ、シマヘビ、カラスヘビ、ジムグリ)とヒキガエルも今年の冬は元気に活動しています。

c0290504_18210845.jpg
c0290504_18212246.jpg
(ヒキガエル)
c0290504_18213452.jpg
(アオダイショウ)
c0290504_18214572.jpg
(カラスヘビ)


動物病院内にいるため平日はご覧いただけませんが、土日祝日の「ヘビのにょろにょろガイド」の時にボールニシキヘビには会うことができます。

改修工事は2月上旬までの予定です。
工事が終わったらまたヘビたちとカエルは展示レクチャー室内でご覧いただける予定ですので、今しばらくお待ちください。

動物病院 森田

[PR]
by omutazoo | 2017-12-22 18:25 | Trackback | Comments(0)

イヌワシのトリミング

こんにちは。
急に寒くなってきましたが、皆さんはお元気ですか?

今日はイヌワシのトリミングについて。

皆さんはトリミングと聞くと、ワンちゃんの毛のカットを思い出すかもしれません。
鳥にもトリミング...?
どこを??
と思いますよね。

正解は、嘴(くちばし)です。

イヌワシなどの猛禽類は、獲物(ネズミやノウサギなど)の肉や骨を引きちぎって食べます。
その際に嘴も削れていくので通常は何もしなくても大丈夫なことが多いのですが、
ご存じ当園のイヌワシ あくりは、御歳40歳以上(推定)のおばあちゃん。
(イヌワシなど大型猛禽類の寿命はだいたい40~50歳といわれています)
目が見えないため、餌はスタッフが手渡しであげています。
すると、嘴がだんだん伸びてきてしまいます。

c0290504_15280694.jpg
(カットする前。)

嘴は私たちにとっての噛み合わせのようなもの。
伸びすぎると気になるようで、嘴を不必要にカチカチ鳴らしたり、餌をうまく挟めず落としてしまうこともあります。
給餌方法を変え、少しでも削れるように...等も考えたのですが、高齢のため、まずは伸びていることのストレスを軽減するために定期的に行っています。

作業はあくりへの負担を考え、短時間でささっと終わらせます。

c0290504_15280829.jpg
(カット後。餌の飲み込みもよくなります。)

これからも元気で長生きしてね。

動物病院 森田

[PR]
by omutazoo | 2017-12-05 15:43 | Trackback | Comments(0)
皆さん、こんにちは!

 先週の土曜日、11月4日に獣医師体験を行いました。
今回は、将来獣医師に興味のある中高生を対象に行いました!
今回は、簡単なレクチャーを行った後、動物病院案内と巡回、縫合体験、ハズバンダリートレーニング体験を行いました。
c0290504_14492202.jpg
c0290504_14501875.jpg
c0290504_14503736.jpg
縫合体験では、初めて使う手術器具に、参加者の皆さんは難しそうでしたが、真剣に取り組んでいただけました!


次回はどんな、獣医師体験をしようかな?

獣医師 かわせ

[PR]
by omutazoo | 2017-11-08 14:52 | Trackback | Comments(0)

「つゆ」と「ニア」


みなさん、こんにちは!
今日は、少し前に紹介したオウギバトのヒナ「つゆ」の、現在の様子を紹介したいと思います!

生まれたときは34gだった小さな体も、今では1200gを超え、立派な冠羽も生えてきました!

最近では「つゆ」のお姉ちゃんの「ニア」と同居を始め、2羽で仲良く過ごしています。

c0290504_18013356.jpeg
少し分かりにくいですが、手前にいるのが「つゆ」、奥にいるのが「ニア」です。

元気いっぱい成長していく姿を、これからも温かく見守ってあげてください!


★おまけ★

c0290504_18004694.jpeg
ワラのお布団の中で、お昼寝中のオオカンガルーの「しゃけ」です!

担当 まつお

[PR]
by omutazoo | 2017-10-22 18:06 | Trackback | Comments(0)

秋になりました!

すっかり秋になりましたね、皆さん風邪などひいていないですか?
ところで突然ですが、皆さん、カマキリは好きですか?
僕は好きです、かっこいいでしょ、あのカマ。
先日、巡回していると茶色のハラビロカマキリにであいました。
c0290504_14391370.jpg
いつもは緑色の個体ばかりなのでちょっとテンションが上がりました。

良く道を見てみると、園内にはコカマキリやカマキリ、ヒメカマキリなんかも見かけます。
ちょっと草むらをみていませんか?

じゅういし かわせ

[PR]
by omutazoo | 2017-10-15 14:45 | Trackback | Comments(0)

数学と動物園?

こんにちは。

今日は、以前もこのブログでも取り上げた高校の授業と動物園のコラボのお話です。

皆さんもご存じ、最近大人気のレッサーパンダのボルダリング。

c0290504_15253750.jpg
この写真を見て、ふと数学のある単元との関連性に気づいた先生がいらっしゃいました。
高校生物と動物園のコラボ授業でいつもお世話になっている、熊本北高校のМ先生です。

皆さんは何の単元だか想像できますか?
正解は、

ベクトル 

です。

あの矢印には私も高校時代かなり悩まされたのですが、
今回は文系クラスでベクトルを扱う際、どのようにすれば興味を持って学べるか 
ということでМ先生に打診があったそうです。
そこで、色々考えるうちに「ボルダリング」というキーワードが出てきて、
そこでМ先生は真っ先に当園のレッサーパンダを思い浮かべたそうです(有り難い限りです)。

まず、
誰がこの壁を登るでしょう?
という問いから始まり、レッサーパンダの写真と動画が登場すると生徒たちは大喜びだったそうです。
その後に、
皆さんだったらどう登りますか?

c0290504_15271722.jpg
という問いから、グループでベクトルの概念について学んでいったそうです。そして、大変嬉しいことに、しっかりとエンリッチメントについても(何故レッサーパンダにボルダリングなのか等)言及してくださいました。

c0290504_15283374.jpg
私自身、レッサーパンダのボルダリングがこのような形で活用されるとは本当に驚きました。

そんなことはつゆ知らず、レン君やまいちゃんは今日も元気に壁を登っています。

c0290504_17312239.jpg
運が良ければ登っている姿もご覧いただけますので、皆さんも是非当園のレッサーパンダ達に会いに来てください。

じゅういし もりた

[PR]
by omutazoo | 2017-09-30 17:31 | Trackback | Comments(0)
こんにちは。
ようやく涼しくなって、秋が近づいてきましたね。

今回は、カピバラのことについて書きたいと思います。
実は、大牟田市動物園のカピバラがいるところは、以前ゾウがいたところなんです。
c0290504_17384592.jpg
今は、展示場の真ん中に仕切りをつけ、オス1頭、メス2頭の3頭が暮らしています。
もともと、ゾウが暮らしていたため、人と距離をとるために、モートという大きな溝があります。
c0290504_17391147.jpg
そのため、少しカピバラとの距離が遠いと感じたことがある人もいるのではないでしょうか。
このモートを使わないのはもったいないということで、最近カピバラたちのためにモートも利用できるようにしました!
こうしたことで、カピバラとの距離が近くなりますし、カピバラが利用できるスペースも広くなりました。
c0290504_17395655.jpg
ここから、カピバラが降りてきます。
c0290504_17400812.jpg
写真は、オスのヒノキがモートに降りて、青草を食べている様子です。
展示場にカピバラがいない時は、下をのぞくと、もしかしたらいるかもしれません!

担当 のだ(り)

[PR]
by omutazoo | 2017-09-29 17:46 | Trackback | Comments(0)

動物園のスタッフ達の日常をあれやこれや、、、


by omutazoo