人気ブログランキング |

カテゴリ:動物( 177 )

桜も散り、暖かい季節になってきました。
今回は、この春に繁殖したモルモットとオウギバトについて紹介します!

まず、モルモットの赤ちゃん(♂)が4月8日に1頭産まれました。
赤ちゃんの名前は「リコッタ」となりました。
なんで「リコッタ」となったかというと・・・
c0290504_13564878.jpg
リコッタ



実は、父親の名前が「かまんべーる」
c0290504_13565544.jpg



母親の名前が「チェダー」と、チーズ関連の名前なのです。
c0290504_13570266.jpg
親子や兄弟で関連付けた名前にすると、血縁関係が分かり、個体管理しやすくなります。
他にも、飲み物や食べ物関連の名前など、親子によって、関連付けた名前を付けています。

「チェダー」と「リコッタ」の親子はしばらく室内で一緒に過ごしてもらっています。


さらに、12日にはオウギバトの雛が1羽孵化しました。
まだ雛の名前は決まっていませんが、どんな名前になるかお楽しみに!
c0290504_13571000.jpg
父親の名前は「ニューギ」。(生まれは「横浜市立よこはま動物園」ですが名前は当園で付けました)
c0290504_13571772.jpg
母親の名前は「ニア」です。(当園生まれ)
c0290504_13572314.jpg
「ニューギ」と「ニア」、2羽の間に初めて産まれた雛です。
オウギバトはオスとメスの両方が交代で育雛します。
「ニューギ」と「ニア」が育雛している様子も
是非じっくりと観察してみてください。
タイミングが合えば雛の姿も見ることが出来るかもしれません。

担当:のだ

by omutazoo | 2019-04-21 14:50 | 動物
暖かかったり、肌寒かったり、服装の調節が難しい今日この頃。
園内を彩っていた桜は、雨風でほとんど散ってしまいました…

しかし、今年もまた、この季節が始まりました!
「恋」の季節です!
c0290504_17250935.jpg
c0290504_17245101.jpg
美しい尾羽を広げているのはインドクジャクのオスたち。
広げる先にはメスのクジャクがいて、オスたちは時々ブルブルと震わせ、一生懸命アピールしています。

c0290504_17251786.jpg

写真に収めようと近づくと、「君に見せているわけじゃないんだ。」と言わんばかりに後ろを向いてしまうことが多いです。
c0290504_17245668.jpg
そうこうしているうちに閉じてしまいます。

オスが羽を広げるのは、春から夏にかけて、繁殖期のこの時期だけです。
(繁殖期が終わると、この羽は抜け落ちます。)
よく広げる時間帯は朝一と夕方。

皆さんも、写真を撮るのに一生懸命になりすぎず、少し離れたところから静かに観察してみてください。
オス3羽に囲まれているモテモテのメスがいたり、クジャク以外の鳥にアピールしていたり…
オスたちが広げる先にいるのが誰なのか、探してみるのも面白いですよ。
運が良ければ、近くで広げてくれるかも…


ライオン班担当:さいとう

by omutazoo | 2019-04-15 11:50 | 動物
みなさん、こんにちは!
朝晩冷える時もありますが、日中はだいぶ暖かくなってきましたね。
モルモットも暖かい日は、運動場で過ごすようになりました!!

c0290504_11520714.jpg
左側が運動場、右側が「モルモットとわたしの広場」です。
真ん中にある橋がモルロードです。
モルロードを経由して、運動場と「モルモットとわたしの広場」の間を
自由に行き来することができます。

c0290504_11524286.jpg
c0290504_11543451.jpg
c0290504_11542136.jpg
運動場にはウサギとアオボウシインコの「ひょーん」もいます。

c0290504_11551639.jpg
モルロードで日向ぼっこをする個体もいます。
カラス除け用にネットも付けていますので、安心して過ごしてもらっています。

c0290504_11573495.jpg
c0290504_11572756.jpg
モルロードを設置することで、行動域が広がり、
いつもとは違うモルモットの姿を見ることができるかもしれません。
ぜひ会いに来てください。

モルモット担当:かわかみ

by omutazoo | 2019-03-24 13:24 | 動物

最近のポン!

みなさん、こんにちは!
今日はアムールヒョウのポンの近況についてお伝えします。

2018年12月28日に神戸市立王子動物園からお引越ししてきた
アムールヒョウのポン(メス)。
c0290504_14154435.jpg
(搬入作業の様子。この輸送箱に入って来ました。)

c0290504_14155359.jpg
(獣舎へ移動!)


初日から手渡しでお肉を食べてくれたのでほっとしていましたが、
その後は、人の気配がすると奥の方に隠れたり、威嚇をしたり、
落ち着かない様子が多く見られました。

やはり、長旅を経ていきなり知らない場所にやって来て、
初めて聞くスタッフの声、初めてかぐにおいの中で過ごすのは、
不安なのではと思います。


c0290504_14122169.jpg

現在は、飼育環境に慣れてもらうべく、展示場と寝室を
自由に行き来できる状態にしています。
少しずつですが、スタッフがいても展示場へ出てきてくれたり、
手渡しで食べてくれる回数も増えました。

c0290504_17213973.jpg

ポンが少しでも快適に過ごせるように寝室に設置した棚にも…
c0290504_14120102.jpg

爪を研いだ跡が!!
c0290504_14114908.jpg
ちなみに、手前にあるのはポンの爪です。
ネコ科動物では、古い爪が剥がれ、その下にある
新しい爪と交換されるようになっています。
こうすることで、常に爪が鋭く保たれるようになっています。
爪が剥げたわけではありませんので、ご安心くださいませ。


ポンの様子をしっかり見ながら、焦らず、ゆっくり時間をかけて
まずは大牟田での環境に慣れてもらえるように取り組んで行きたいと思います。
一般公開の開始はもう少し先になりそうですが、ご理解の程よろしくお願い致します。

c0290504_17202817.jpg


ライオン班:さいとう

by omutazoo | 2019-01-11 12:24 | 動物

とっておきの秘蔵写真。


みなさん、こんにちは!
朝、夕と冷え込む時期になり、園内を紅葉で彩っていた木の葉が、今度は落ち葉として展示場の中をにぎやかにしています。

c0290504_14075208.jpeg
(落ち葉絨毯の中で日向ぼっこをするオオカンガルーのシャケ。)

毎日、飼育作業をする中で動物達はいろいろな表情を見せてくれます。
気持ちよさそうに寝ているところや、美味しそうにご飯を食べているところなど、飼育員にとっては、見ているだけ癒される日々です。
動物たちの可愛い瞬間を皆さんにも見てもらいたい!と思い、写真を撮った時に偶然取れた、写真を何枚かご紹介いたします。


まず1枚目はパッチリした目がチャームポイントの
レッサーパンダのレンです。

c0290504_14065388.jpeg

リンゴが大好きなレンは、ご飯の時間になると目つきが変わります。
そんな夕ご飯の時間にとれた1枚です。
普段はのんびりをマイペースなレンですが、ご飯を前にすると夢中になり表情がくるくると変わって可愛いです。


次に2枚目、長い睫毛が素敵なラマのカスミです。
c0290504_14064597.jpeg
真正面の写真を撮ろうと連写で撮っていた時に撮れた1枚です。
見ているこちらまで笑顔になれるような写真になりました。


最後、3枚目はおすまし顔のオオカンガルーのマスクです。
c0290504_14100085.jpeg
私のシャッターを押すタイミングが悪かったのか、
偶然にも、変顔が撮れました。

動物たちはいろいろな仕草、表情を見せてくれます。
動物園に来られた際には、ぜひ、じっくりと動物達を観察してみてください。

キリン班担当 まつお





by omutazoo | 2018-12-05 14:48 | 動物

食欲の秋!

こんにちは!
10月も下旬となり、日中でも寒くなってきましたね。

秋といえば、芸術の秋やスポーツの秋など様々ありますが…
今回は動物園の食欲の秋をご紹介します!

園内には様々な木が生えており、マンドリル舎付近には「柿」の木が!
最近いくつか柿の実が落ちていたのでサルとツキノワグマにプレゼントしました。

c0290504_13110513.jpg
まずはツキノワグマのツッキー。
しっかりと左前脚で抑えて、かじりついていました!

c0290504_13141996.jpg
続いてフサオマキザル。
2頭ともかじりつくのかと思いきや・・・
c0290504_13154637.jpg
ジュウゴロウは床にこすりつけていました!
削れた実と柿の果汁をペロペロ舐めて楽しんでいました。

c0290504_13195829.jpg
c0290504_13200954.jpg
c0290504_13203890.jpg
その他、フランソワルトン・サバンナモンキー・ブタオザル
写真には無いですがリスザル達も美味しそうに食べていました!

柿以外にも別の日には、お客様から頂いたドングリをあげたりもしています。
普段の餌とは違うものをあげることで動物たちにいい刺激になります。
あげる時には栄養や量を考えて与えています。

サル担当:こが

by omutazoo | 2018-10-29 13:36 | 動物

熊本でも元気でね!

10月22日、熊本市動植物園から一時避難として預かっていたユキヒョウの「スピカ」が熊本に帰りました。
前日にはお別れイベント「スピでね(スピカ、大牟田での生活おつかれさま。一緒に過ごした2年間を振り返るとちょっぴり寂しくなっちゃうけど、熊本に帰っても元気でね!)」とユキヒョウのお話会を行いました。
スピカのことを応援してくださっている沢山の方がイベントに参加してくださいました。

スピカが大牟田で過ごした2年半の振り返りをしました。
c0290504_15424332.jpg
c0290504_15444514.jpg

そして、メッセージ入りの氷をプレゼントしました。
c0290504_15394326.jpg
(「スピでね」「スピカ❤❤」「元気でね」の3つの氷をプレゼント!)

c0290504_15412924.jpg
c0290504_15413621.jpg
c0290504_15411848.jpg
(❤型のお肉をパクリ!)



そして22日、いよいよ帰る日を迎えました。
無事に搬出できるか緊張や不安が沢山あったのですが、それがスピカに伝わらないように普段通り接し、
スピカも普段と変わらない様子でした。
c0290504_15465474.jpg
輸送でスピカにかかる負担を少しでも軽減し、より安全に帰れるように
今年の3月から、輸送箱に繫がる通路を移動する練習、10月からは輸送箱に入ってもらう練習を行ってきました。
c0290504_15441902.jpg
練習の成果もあり、当日は移動、収容をスムーズに行うことができました。

c0290504_15461021.jpg
c0290504_15462446.jpg
c0290504_15463706.jpg
c0290504_15464679.jpg
福岡市動植物園に避難していたウンピョウの「イーナ」と「ジュール」が乗っているトラックに移動し熊本へ帰りました。
c0290504_15471074.jpg
c0290504_15472862.jpg
大牟田で使用していたスピカの手作り看板もお渡ししました。

夕方、無事に熊本に到着し、獣舎内への移動が完了した連絡を頂き、ホッとしました。


スピカが大牟田に来たことで、本当に貴重な経験を沢山させてもらい、そして熊本市動植物園の方、ユキヒョウの研究者、全国のスピカファン、沢山の人と出会い、繫がることができました。
お別れは寂しかったけど、スピカが元いたお家に帰ることができて本当に良かったです。
スピカ、2年半本当にありがとう。熊本でも元気に過ごしてね。熊本に会いに行くからね! 
  

c0290504_15453310.jpg
c0290504_15453890.jpg
c0290504_15451696.jpg

ライオン班:さいとう

by omutazoo | 2018-10-24 16:05 | 動物
こんにちは!秋の遠足シーズンですね!!
園内は毎日とても賑やかです!
モルモットと触れ合える「モルモットわたしの時間」のイベントもすぐ定員に達してしまうくらいです。

イベントで大活躍のモルモットは現在69頭います。
c0290504_14485776.jpg
園内で繁殖を繰り返してきたため、血が濃くなってきました。
そのため、今回新しく熊本市動植物園からオスのモルモットが1頭やってきました!
c0290504_14490651.jpg
c0290504_14490297.jpg
名前は「かまんべーる」です!担当スタッフが名づけました!!
イベントでは近くで見る事が出来るかもしれません。その時は静かに見守ってくださいね!

期待の星「かまんべーる」をよろしくお願いします。


モルモット担当:かわかみ

by omutazoo | 2018-10-17 15:07 | 動物
今回はマンドリルのお話です!

色鮮やかな顔が特徴のマンドリル。
野生では、アフリカの熱帯雨林に住んでいます。
そこには、たくさんの木が生い茂っていて、マンドリルはいろんな種類の植物を食べて生活しています。

そこで、大牟田市動物園の3頭、ガブ・リル・ルルたちに少しでも野生に近い環境を!ということで、昨日の休園日、マンドリルの展示場に花壇を作成しました。
before
c0290504_15414656.jpg
                after
c0290504_15425366.jpg
130㎝×180㎝の大きめのサイズです。

組み立てから、砂入れまでマンドリル担当者で行いました。 
c0290504_15444548.jpg
マンドリル舎は古く狭い建物で、一輪車では運べないので、バケツを使って担当者3人で何往復もして砂を運び入れました!
c0290504_15450557.jpg
マンドリル舎に、このような花壇を設置したのは初めてで、マンドリルにとっては土も初めてのものです。砂場としても利用してもらえるように作成しました。

今回はトウネズミモチ、イヌビワ、ヒサカキの枝を花壇に植えてみました。
c0290504_15460896.jpg
c0290504_15462678.jpg
どのような反応をするか、担当者もいろいろ想像しながら作成しましたが、リル・ルルは全く触ることはありませんでした。初めてということで、警戒していたのかもしれません。今後、少しずつ慣れてもらえればと思います。

ガブは、最初は見るだけで触ろうとはしませんでしたが、時間が経つと、花壇に植えた葉っぱを食べていました。

           花壇に植えた葉を見つめるガブ
c0290504_15471099.jpg
           トウネズミモチの葉を食べるガブ
c0290504_15480584.jpg
11月にあるサポーターイベントでは、サポーターの皆さんと一緒に、この花壇に木の枝や苗木を植える予定です。
自分が植えた葉を食べてくれるか、どのような行動をするか、想像しながら行う、楽しいイベントとなると思います。
また、マンドリルの魅力に気づくきっかけになってもらえれば嬉しいです。
ご参加お待ちしています!

イベント詳細については、こちらをご覧ください
(新規にサポーターになってくださった方もご参加頂けます)。




担当:のだりさ

by omutazoo | 2018-10-10 16:37 | 動物

もうすぐ…

昨日、大きな箱の搬入がありました。
c0290504_14205433.jpg
重さは約200㎏!
c0290504_14203590.jpg
業者の方に安全かつより簡単に運ぶ方法を教えて頂き、とある場所に運びます。
c0290504_14202601.jpg
(この先の急な坂は4人がかりでヒーヒー言いながら運びました)



とある場所とは…
c0290504_14204760.jpg
ユキヒョウの「スピカ」のところです。
この大きな箱は熊本市動植物園から一時避難という形で大牟田に来たスピカが、熊本に帰るときに入ってもらう輸送箱です。

スピカは今月、熊本に帰る予定です。
自分から入ってもらえるように練習しておくことで、スピカにかかる負担を少しでも軽減し、より安全に帰れるように、今年の3月から輸送箱に繋がる通路を移動する練習を行ってきました。
c0290504_14215664.jpg
スムーズな移動が可能になったので、いよいよ輸送箱に入る練習です!


c0290504_14201562.jpg
(設置の間、落ち着いた様子のスピカ)
輸送箱を設置して初めて通路移動練習を行いましたが、警戒する様子はほとんどなく、1度自分から輸送箱に入ってくれました。
帰る予定の日まで、残りわずかですが、無理のない範囲で慎重に練習を進めていきます!
そして、スピカが少しでも快適に過ごせるように取り組んでいきます!
10月21日(日)にお別れイベント「スピでね!」、その後にはユキヒョウの研究者の方や熊本市動植物園の方をお招きして、おはなし会を行います。
ぜひお越しください!
c0290504_14213650.jpeg


ライオン班:さいとう

by omutazoo | 2018-10-06 14:29 | 動物

動物園のスタッフ達の日常をあれやこれや、、、


by omutazoo