人気ブログランキング |

カテゴリ:イベント( 106 )

段ボールアニマル2019

9日、10日に開催した「ズーフェス」。
地域のお菓子屋さん、パン屋さんとのコラボ商品、
他にも、コーヒー屋さんやお肉屋さん、農園など
沢山の方々が出店してくださいました。

そして、一昨年から行っている「段ボールアニマル」。
今年も久留米大学の藤谷ゼミの学生さんに製作してもらいました。
c0290504_14482288.jpg
上段:トリ 中段左から:アルパカ、ゾウ、ウーパールーパー
下段左から:アザラシ、ライオン


動物が口に入れても安全なように、接着剤には小麦粉を練って
作った糊、塗料はミルク原料を使用した天然由来のものを使用しています。


1日目はメスライオンの「リラ」にプレゼント。
c0290504_14471795.jpeg
(いざ!ライオン舎へ!)


今回が初めてではないリラは落ち着いて、
時間をかけて楽しんでくれたようでした。
c0290504_14521315.jpeg
c0290504_14521861.jpeg
c0290504_14520026.jpeg


2日目はアムールヒョウの「ポン」にプレゼント。
実はポンに段ボールアニマルをプレゼントするのは今回が初めて!
どのような反応をするのかドキドキしながら観察しました。

c0290504_14544831.jpg
c0290504_14543724.jpeg
(段ボールアニマルの中にお肉を隠してセッティング。)

c0290504_15023840.jpg
c0290504_15025053.jpg
ヒツジの毛を付けたアルパカは匂いも強く、本能を刺激したようで
リラよりも反応が良かったです。

寝室内に持っていき、くわえて運んだり、毛を引きちぎったりと
長い時間をかけて遊んでいました。
c0290504_15015858.jpg

c0290504_15033050.jpeg


ゾウとウーパールーパーも翌日にはこの通り!

c0290504_15013096.jpg
c0290504_15014971.jpg
c0290504_15010997.jpg

動物園の普段のごはんは、すぐに食べ終わってしまいます。
狩りをするという習性や視覚や嗅覚の刺激になるように、
また、少しでも退屈な時間を短くするための工夫として、
こうした段ボールアニマルのプレゼントを不定期で行っています。

久留米大学藤谷ゼミの学生の皆さん、藤谷先生、ありがとうございました!
c0290504_15000260.jpg
写真提供:藤谷先生


ライオン班担当:さいとう

by omutazoo | 2019-11-13 17:23 | イベント
こんにちは!
突然ですが10月20日は何の日か知っていますか?
実は、毎年10月20日は、「国際ナマケモノデー」なんです。
ナマケモノをはじめとする中央アメリカ・南アメリカの
野生動物について知ってもらう事を目的として、
コロンビアにある野生動物の保全団体によって作られました。

大牟田市動物園にナマケモノのクリちゃんがやってきてから
丸2年経ちましたが、今回初めてナマケモノデーのイベントを
行いました!
当日は天候にも恵まれ、ありがたいことに沢山のお客様に
ご参加頂きました。
c0290504_14172238.jpg
クリちゃんも、お客様の前に登場です!
c0290504_14260407.jpg

イベントでは、ナマケモノに関してのクイズを出してみたり、
野生のナマケモノのおかれている状況についてのお話を
させていただきました。
開発による森林破壊や交通事故、送電線による感電、
ペット目的の違法な捕獲や密売など、様々な理由によって
野生下におけるナマケモノの生息数は減少しています。

イベントの最後には、コスタリカにあるナマケモノの保護施設、
Sloth Sanctuary Costa Ricaへの募金活動も行いました。
300円以上のご協力を頂いた方には、この日しか手に入らない
クリちゃん(当園のフタユビナマケモノ)の缶バッチを
プレゼントしました。
ご協力いただいたお金は全額この団体への寄付となり、
コスタリカにおけるナマケモノの保全活動に役立てられます。
ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。
c0290504_14181223.jpg
Sloth Sanctuary Costa Ricaでは、オンラインで関連グッズを
購入することでも寄付が可能です。
売り上げの一部が団体の運営資金となり、ナマケモノの保全活動に
役立てられます。
今回、ナマケモノ担当飼育員と広報担当がパーカーとTシャツを
購入したのですが、イベント当日には残念ながら間に合いませんでした。
先日届きましたので、クリちゃんと一緒に記念撮影を行いました。
c0290504_13395537.jpg

ナマケモノは寒いのが苦手(気温が低くなると、体温も低下して
しまうのです)のため、10月26日をもちまして
クリちゃんの屋外展示を終了しております。
来年暖かくなるまで、クリちゃんはリスザル舎内にある
暖かいお部屋の中で過ごします。
少し見えにくくはなりますが、ガラス越しに
クリちゃんがご覧いただけます。
是非会いに来てくださいね!

c0290504_13243317.jpg

担当 えざき

by omutazoo | 2019-10-27 17:36 | イベント

うんちイベント第2弾!

10月13日に、「知って楽しい!うんちの不思議!~アムールヒョウ編~」を行いました。
c0290504_08500335.jpg
8人の方にご参加いただきました。
中には、前回の「ユキヒョウ編」に続いて2回目の方も
いらっしゃいました(ありがとうございます!)。

はじめに、アムールヒョウについて、そして動物の糞について
お話しました。
c0290504_08394265.jpg


その後、早速キーホルダーづくりに取り掛かりました。
c0290504_08402490.jpg

今回使用したのは、当園で飼育しているアムールヒョウ「ポン」の糞です。
1週間ほど天日干しにして使用しました。
c0290504_08373846.jpg
乾燥させているとはいえ、匂いは強烈で、皆さんから「くさい…」という
つぶやきが漏れていました。
ほぐした糞、レジン液、思い思いのラメなどのパーツを型に入れ、UVライトで固め
世界に一つだけのキーホルダーやネックレスが完成しました!
c0290504_08380930.jpg
c0290504_08383294.jpg
c0290504_08425965.jpg
c0290504_08432802.jpg
c0290504_08431385.jpg
c0290504_08385727.jpg
c0290504_12141261.jpg

「知って楽しい!うんちの不思議!」シリーズは
今後も継続して開催する予定です。
次回は何のうんちになるでしょうか。。。お楽しみに!

参加してくださった皆さん、ありがとうございました。
またのご参加をお待ちしております!

c0290504_08521637.jpg
(スタッフが練習で作った作品↑)


ライオン班担当:さいとう

by omutazoo | 2019-10-17 16:21 | イベント

国際レッサーパンダデー

こんにちは。
レッサーパンダ担当のかわのです。
9月21日に国際レッサーパンダデースペシャルイベントを行いました。
10年前、レッサーパンダの保全活動を行っている団体
9月の第3土曜日が国際レッサーパンダデーに定められました。
それ以来、この日は世界各地でレッサーパンダに関するイベントが
行われる日となっています。
当園でも、毎年国際レッサーパンダデーのスペシャルイベントを
行っていますが、今年は国際レッサーパンダデー10周年ということで
例年以上に盛りだくさんの内容を実施しましたのでご紹介します。

まず初めに、展示場に隠されたリンゴをレッサーパンダが探して
食べる様子を観察して頂きながら、ガイドを行いました
(奥のほうで拡声器を持っているのが私です。
私が着ているのはRed Panda Networkの
国際レッサーパンダデー10周年記念Tシャツです)。
c0290504_13533312.jpg

その後、この日に合わせて作製したパネルをご紹介しました。
実は、今年の3月にレッサーパンダの生息地のひとつであるネパールに行き
レッサーパンダの生息環境を見るとともに、現地での保全活動等について
お話を伺っていたので、その時の写真をご紹介しながら、お話ししました。
c0290504_13553952.jpg
このパネルは今後もレッサーパンダ舎横に常設しますので、
動物園にいらした際には、見て頂けたら嬉しいです。
ここでしか見られない貴重な写真や、私の顔芸も必見です!!
c0290504_13570143.jpg
c0290504_13571092.jpg
c0290504_13571832.jpg
c0290504_13572529.jpg
イベントはまだまだ終わりません。
場所をレクチャールームに移して、Red Panda Networkの方とビデオ通話を行い
現地で行っているレッサーパンダの保全活動についてお話しして頂きました。
Red Panda Network グローバルアンバサダーの甲斐さんに通訳をして頂きながら
実際に保全活動に従事されている方の貴重な生の声を聞くことができました!
c0290504_13593427.jpg
最後に、Red Panda Networkの公式グッズの販売と募金も行いました。
c0290504_14030872.jpg
グッズの売り上げと募金は全てRed Panda Networkに寄付致しました
(レッサーパンダの保全活動に活用されます)。
ご協力くださいましたみなさまに、改めましてお礼申し上げます。

c0290504_18121106.png
Red Panda Networkから頂いたお礼状


担当:かわの

by omutazoo | 2019-09-29 18:12 | イベント

世界ライオンの日

みなさんこんにちは!
ライオン班担当のさいとうです。
先月の話になりますが、8月10日の世界ライオンの日にちなみ、
8月3日から10日までをライオンウィークとし、期間中毎日
スペシャルガイドを行いました。
c0290504_14215992.jpg


イベントでは募金活動も行い、300円以上ご協力をくださった方には
スペシャル缶バッジをプレゼントしました。
c0290504_13364158.jpg

ライオンウィークを通じて皆さんに募金して頂いたお金は、
全部で21,852円になりました。
それらを全額、ライオンの保全を行っている「African Parks」
という団体に寄付し、先日お礼状を頂きました

c0290504_14224741.jpg
お礼状はライオン舎前に掲示しています。
暑い中イベントにご参加くださいました皆様、募金にご協力を
くださいました皆様に、改めましてお礼を申し上げます。

動物園では当たり前のように見ることができるライオンですが、
野生では生息地の減少や密猟などが原因で、
絶滅の危機に瀕しています。
日本から遠く離れたアフリカに暮らす野生のライオンのために
私たちができることなんて何もないのでは、と思う方も
いらっしゃるかもしれません。
でも、私たちにできること、ちゃんとあるんです。
まずは私たちひとりひとりがライオンについて知りましょう。
ネットで調べたり、動物園の飼育員に聞いたりすることで
これまで知らなかったライオンの一面を知ることが
できるかもしれません。
そして、それを周りの方々に話してみてください。
これを機にライオンについて考えて頂けたら嬉しいです。



c0290504_14213155.jpg
当園の雄ライオン「あさひ」




c0290504_14211785.jpg
当園のメスライオン「リラ」


ライオン班担当:さいとう

by omutazoo | 2019-09-22 16:35 | イベント
みなさん、こんにちは!
そだてる、あにまる、べじたぶる!担当の小野です。
8月も後半に入りました。
まだまだ暑い日が続きますが、体調管理に気がけてください。

今回のお話は、以前2回にわたって紹介したイベント、
「そだてる、あにまる、べじたぶる!」についてのお話です。
最終回の様子をご報告いたします!


※以前の内容は、以下のリンクよりご覧ください。


最終回は8月18日(日)に行いました。
4月に始まったこのイベントですが、ついに野菜を収穫します!
最初に収穫する野菜は、「オクラ」です!
c0290504_13011867.jpg
c0290504_13013066.jpg
↑葉っぱがチクチクするので、苦戦しながら収穫。


次に「トウモロコシ(もちきび)」!
c0290504_13021383.jpg
c0290504_13022543.jpg
↑もぎる!という徳永さんの教えに基づきながら収穫しました。


そして「バジル」と「エゴマの葉」も収穫しました!
c0290504_13024412.jpg
c0290504_13025106.jpg
↑雑草と間違わないように注意しながら、はさみを使って収穫します。


この他にも「空心菜」や「バターナッツカボチャ」、
「サツマイモのつる(動物園の動物たちに与える用)」を収穫し、一同動物園へ。

c0290504_13025924.jpg
c0290504_13030868.jpg

動物園では、第1回のイベントで野菜を与えた動物たちに、また同じように野菜を与えてもらいます。
しかし、第5回の今回与えてもらう野菜は自分たちが育てた野菜です。
野菜を育てる大変さを知った子どもたちは、おいしそうに食べてくれる動物たちを見てどう感じたのでしょう?
c0290504_13033271.jpg
↑カピバラにはサツマイモのつるを与えます。食べるのは初めて。
 最初は臭いを嗅ぐだけでしたが、ゆっくりと食べ始めてくれました。

c0290504_13035243.jpg
↑ヤギ、ヒツジにもサツマイモのつるを。
 ヒツジは走って寄ってきてくれましたが、なぜかヤギは無反応でした(笑

c0290504_13040405.jpg
↑ツキノワグマにはもちきびとバターナッツカボチャを。
 バターナッツカボチャの方は臭いを嗅ぐだけでしたが、もちきびの方は夢中になって食べてくれました。

c0290504_13041314.jpg
↑もちきびを食べるツキノワグマのツッキー。
 ちなみに後で確認したところ、バターナッツカボチャも完食してくれていました。
 (左に見えるのがバターナッツカボチャです。果物のような鮮やかな色をしています。)


動物たちに食べてもらったあとは、自分たちも同じものを食べます!
今回野菜を調理していただき、食べさせていただいたお店は、
動物園の近くにある「チョコラータ」さんです。
今回のイベントのために貸し切っていただきました!
ごはんを食べる前に、チョコラータの店長さんへ子どもたちから野菜の贈呈式!
c0290504_13043287.jpg
↑笑顔で受け取ってくださいました!


慣れないおしゃれなお店の雰囲気に少々緊張気味になりながら(私だけ?)料理を待っていると、

c0290504_13044625.jpg
↑運ばれてきた最初の料理はサラダ!
みんなが育てた「もちきび」と「オクラ」が入っています!
もちきびはとってももちもちしていて、オクラはしっかりとした歯ごたえがあり、
とってもおいしい!!

その他にもこんなにたくさんのメニューが!!
c0290504_13045549.jpg
↑バターナッツカボチャのポタージュスープ

c0290504_13070894.jpg
↑真ん中の揚げ物は、オクラです。大きい!

c0290504_13072187.jpg
↑お肉料理にはみんなで収穫したバジルが添えられています。

c0290504_13072950.jpg
↑オクラのパスタ!初めて食べました。

c0290504_13073989.jpg
↑最後にはデザートまで。


どれも本当においしく、子どもたちも完食!
c0290504_13082889.jpg
c0290504_13084516.jpg

野菜を育てたみなさんと、おいしく、楽しい時間を過ごすことができました。
普段はなかなか野菜を喜んで食べないとのことでしたが、
おいしそうに食べてくれていました。
※これらのメニューは、今回のイベントのため特別に作っていただいたものです。


最初は小さな種を蒔くことから始め、水やりや雑草の除草などの世話を毎日行い、
大きく成長したと思ったらイノシシが畑に現れ、梅雨時期には大雨で畑が水に浸かってしまい・・・。

全5回のイベントでしたが、野菜を作るのは本当に大変なことだと経験することができました。
やはり買ってきたものと自分で育てたものでは、思い入れが違う気がします。
食べ物を粗末にしてはいけない、と子どものころには誰しもが教わると思います。
しかし言葉で教わるだけではなく、実際に自分で経験することでもっと深く知ることができると思いますし、
粗末にしてはいけない理由を、自分なりに他の人に説明することができるようになると思います。
教えてもらうことももちろん大切なことですが、
自分で経験したからこそ知ることができる大切なものがあると感じました。
参加してくださった皆さま、ボランティアの方々、
チョコラータのスタッフさん、関係者のみなさま、本当におつかれさまでした!
ありがとうございました!!



そだてる、あにまる、べじたぶる担当  おの

by omutazoo | 2019-08-26 16:59 | イベント
先日、羊毛フェルトボールづくりイベントを行いました。
家畜やヒツジの理解を深め、実際に当園のヒツジの毛を使って、
フェルトボールづくりを行うイベントです。
毎年行っており、6月は大人向けに、8月は小学生限定で行いました。

まずは、飼育員から家畜の種類やヒツジ生態、歴史などについてお話をしました。
大人向けと小学生向けで、話す内容も少し変更してみました。
皆さんとても真剣に聞いてくださいました。
c0290504_14135395.jpg
c0290504_14140197.jpg
6月の時には、大人向けということで、難易度の高い、糸つむぎも体験してもらいました。
最初は、カーダーという道具を使用し、羊毛をフワフワにほぐしていきます。
c0290504_14142739.jpg
次に、スピンドルという道具を使用し、羊毛を引っ張りながら、スピンドルを回すことで、細い1本の糸にしていきます。
c0290504_14143289.jpg
皆さん苦戦しながらも、コツをつかんで、スルスルと紡いでいました。
c0290504_14143539.jpg
羊毛フェルトボールづくりは、着色した羊毛の中で好きな色を選んでもらい、糸つむぎと同様、最初は、カーダーを使って、羊毛をほぐしていきます。
c0290504_14152616.jpg
次に、洗剤入りの水をかけながら、軽く丸めていきます。
裂け目がなくなるように、途中途中で羊毛同士をつなぎ合わせていきます。
c0290504_14155413.jpg
裂け目がなくなり、小さくなってきたら、力を入れて丸め、完成です。
最後に穴を開けてひもをつければ、ストラップの完成です。
c0290504_14155902.jpg
c0290504_14163716.jpg
c0290504_14164000.jpg
c0290504_14164379.jpg
c0290504_14164834.jpg
c0290504_14165179.jpg
c0290504_14165454.jpg
c0290504_14165733.jpg
皆さん完成度の高い作品が出来ました。
今回は、大人向けと子ども向け合わせて、11名の方が参加してくださいました。
ご参加いただき、ありがとうございました。


イベント担当 のだ

by omutazoo | 2019-08-12 14:30 | イベント
みなさん、こんにちは。
やっと梅雨があけたと思ったら、一気に非常に暑くなりましたね。
水分と塩分の補給を忘れず、熱中症に注意しましょう!

さて今回は、以前ご紹介したイベント、
そだてる あにまる べじたぶる!」についての続報です。
第2~4回のことについてお話いたします。

第2回は、5月19日(日)に行いました。
この日の天候は曇り。ちょうどいい気温の中での作業でした。
前回種を蒔いた野菜たちの手入れ作業と、前回とは違う種類の
野菜の種蒔きを行いました。
まずは、前回植えた種や苗を確認!
大きく成長しており、子どもたちも感動!!
c0290504_13083767.jpg
キュウリ


c0290504_13081554.jpg
トマト




野菜の成長に感動した後は種蒔きです。
c0290504_13022459.jpg
トウモロコシ


c0290504_13032627.jpg
オクラ


みんなで頑張って、種を蒔きます。

c0290504_13023674.jpg
c0290504_13015027.jpg
c0290504_13020178.jpg

最後に、徳永農園さんで育てられている人参の収穫を体験!
c0290504_13035412.jpg
c0290504_13040316.jpg
収穫した人参は、参加者のみなさんにお持ち帰り頂きました。


第3回は、7月21日(日)の予定だったのですが、
大雨の影響でやむなく中止となりました。
楽しみにしていただいていた参加者のみなさん、申し訳ありませんでした。
後日、畑を覗いてみたところ・・・。
あの大雨の中でも、野菜が元気に育っていました!
c0290504_12581280.jpg
トマト


c0290504_12582970.jpg
トマト




c0290504_12585467.jpg
オクラ




c0290504_12592361.jpg
トウモロコシ


c0290504_12593779.jpg
トウモロコシ

c0290504_12594935.jpg
トウモロコシ


トウモロコシの畑には、イノシシが頻繁に来ているようで、
所々になぎ倒された形跡がありました。
野生動物による食害の問題については、ニュースなどで
お聞きになったことがあるかと思いますが、実際に自分が関わった野菜で
その現状を目の当たりにするとやはり思うものがあります。
さらに、大雨の影響で、レタスなど、いくつかの野菜が
収穫できなくなっていました。
天候や気温など、さまざまな自然現象に向き合っていかなければならない
ということは、本当に大変だと改めて感じました。


その後、今月 4日に第4回を行いました。
さらに大きく成長した野菜を目にして、みんなびっくり!

子どもたちの身長より大きく育っています!! 
c0290504_14344450.jpg

オクラはハイビスカスの仲間だそうで、美しい花が咲いていました。
c0290504_14342080.jpg

c0290504_14341158.jpg

そしてやはり、今回もイノシシが来ていたようで、
こんなに大胆に土をひっくり返していました! 
c0290504_14343175.jpg

一通り野菜たちの成長を確認した後に、草むしりを行いました。
c0290504_14350856.jpg
c0290504_14351764.jpg

そして最後は前回同様、徳永農園さんで育てている野菜の収穫を体験。
c0290504_14352849.jpg

今回収穫した野菜は、「四角豆(しかくまめ)」でした!
c0290504_14353607.jpg


このイベントも残すところあと2回となりました。
参加者の子どもたちはイベントを通して様々なことを経験し、
食べ物に対する気持ちがどのように変化するのでしょうか?
さらには、収穫し、自分たちで食べるのが今から待ち遠しい!!
これからの展開にご期待ください。


そだてる あにまる べじたぶる担当 おの

by omutazoo | 2019-08-06 10:17 | イベント
先日、おとなのための羊毛フェルトボールづくりを行いました。
家畜やヒツジについて理解を深めてもらい、実際に当園のヒツジの毛を使って、フェルトボールづくりを行うイベントです。

まずは、担当飼育員から家畜の種類やヒツジ生態、歴史などについてお話をしました。
c0290504_13373880.jpg
c0290504_13380919.jpg
皆さんとても真剣に聞いてくださいました。

今回は、大人向けということで、難易度の高い、糸つむぎも体験してもらいました。
最初は、カーダーという道具を使用し、羊毛をフワフワにほぐしていきます。
c0290504_13381757.jpg
次に、スピンドルという道具を使用し、羊毛を引っ張りながら、スピンドルを回すことで、細い1本の糸にしていきます。
c0290504_13382668.jpg
c0290504_13383393.jpg
皆さん苦戦しながらも、コツをつかんで最後はコツをつかみ、上手にできていました。
c0290504_13383637.jpg
そして次は、羊毛フェルトボールづくりです。
着色した羊毛の中から好きな色を選んでもらい、糸つむぎと同様、最初は、カーダーを使って、羊毛をほぐしていきます。
c0290504_13384367.jpg
次は、洗剤入りの水をかけながら、軽く丸めていきます。
c0290504_13384744.jpg
裂け目がなくなるように、途中途中で羊毛同士をつなぎ合わせながら、徐々に小さくなるように丸めていきます。
小さく固くなったら、最後に穴を開けてひもをつければ、完成です。

皆さん完成度の高い作品が出来ました。
c0290504_13385518.jpg
c0290504_13385834.jpg
c0290504_13390577.jpg
c0290504_13391087.jpg
c0290504_13393058.jpg
今回は、5名の方が参加してくださいました。
ご参加してくださった皆様、ありがとうございました。
8月11日には、小学生限定の羊毛フェルトボールづくりを行いますので、ぜひご参加ください!

担当:野田

by omutazoo | 2019-06-18 16:30 | イベント
みなさん、こんにちは。
先日、動物園では「ツキノワグマ de 有田焼」
というイベントを行いました。
今回のブログでは、このイベントのことをご紹介致します。

まずは、ツキノワグマ舎でツッキーとご対面!
c0290504_16493567.jpg
世界中のクマのご紹介をさせて頂きました。

c0290504_16503266.jpg
その後、ツッキーのトレーニングをご覧頂きました。

c0290504_16503699.jpg
後ろから見るとこんなかんじ。

c0290504_16510595.jpg
あーん。ツッキーのお口の中や大きな牙を観察して頂きました。


お次はツッキーへのプレゼント。
なんと今日は、美味しそうなブドウとサクランボの差し入れをお客様から頂き、
とても豪華なおやつになりました。きっと美味しかったことでしょう。

c0290504_16512030.jpg
まずはブドウから。

c0290504_16514768.jpg
c0290504_16514448.jpg

c0290504_16512392.jpg

c0290504_16514181.jpg


ブドウの次はサクランボです。
c0290504_16520815.jpg
こんな高いところも楽々とれちゃいます。

c0290504_16521605.jpg

c0290504_16522018.jpg


ツッキーへのプレゼントが終わったら、
イベントルームに移動して、いよいよ絵付け体験です。

c0290504_17015217.jpg
みなさん集中されているので、どなたもお喋りになりません。。。

c0290504_17032619.jpg

c0290504_17032455.jpg
c0290504_17032150.jpg
c0290504_17031811.jpg
c0290504_17031507.jpg

最後には、こんな素敵なクマたちが出来上がりました!!!どれも可愛い!!!
c0290504_17041259.png
今回が初めての試みだったので、うまくいくかとても心配でしたが
素晴らしい参加者のみなさまに恵まれて、無事イベントを
終了することができました。
ご参加くださいましたみなさま、ありがとうございました!


P.S. 実はこのmomoco bearの絵付け体験、有田以外の場所で
行われたのは、今回が初めてのことでした。
もちろん、動物園でも初めてのことです。
賞美堂さんから「是非クマのいるところで絵付け体験ができたら」と
仰って頂き、実施することができました。
実施にあたり、ご協力をくださいました賞美堂さん、
特に担当者のKさんに心よりお礼を申し上げます。


広報担当 とみさわ

by omutazoo | 2019-06-14 14:33 | イベント

大牟田市動物園のスタッフが、日々のさまざまなことをお伝えします!


by omutazoo
画像一覧
更新通知を受け取る