人気ブログランキング |

カテゴリ:イベント( 100 )

先日、羊毛フェルトボールづくりイベントを行いました。
家畜やヒツジの理解を深め、実際に当園のヒツジの毛を使って、
フェルトボールづくりを行うイベントです。
毎年行っており、6月は大人向けに、8月は小学生限定で行いました。

まずは、飼育員から家畜の種類やヒツジ生態、歴史などについてお話をしました。
大人向けと小学生向けで、話す内容も少し変更してみました。
皆さんとても真剣に聞いてくださいました。
c0290504_14135395.jpg
c0290504_14140197.jpg
6月の時には、大人向けということで、難易度の高い、糸つむぎも体験してもらいました。
最初は、カーダーという道具を使用し、羊毛をフワフワにほぐしていきます。
c0290504_14142739.jpg
次に、スピンドルという道具を使用し、羊毛を引っ張りながら、スピンドルを回すことで、細い1本の糸にしていきます。
c0290504_14143289.jpg
皆さん苦戦しながらも、コツをつかんで、スルスルと紡いでいました。
c0290504_14143539.jpg
羊毛フェルトボールづくりは、着色した羊毛の中で好きな色を選んでもらい、糸つむぎと同様、最初は、カーダーを使って、羊毛をほぐしていきます。
c0290504_14152616.jpg
次に、洗剤入りの水をかけながら、軽く丸めていきます。
裂け目がなくなるように、途中途中で羊毛同士をつなぎ合わせていきます。
c0290504_14155413.jpg
裂け目がなくなり、小さくなってきたら、力を入れて丸め、完成です。
最後に穴を開けてひもをつければ、ストラップの完成です。
c0290504_14155902.jpg
c0290504_14163716.jpg
c0290504_14164000.jpg
c0290504_14164379.jpg
c0290504_14164834.jpg
c0290504_14165179.jpg
c0290504_14165454.jpg
c0290504_14165733.jpg
皆さん完成度の高い作品が出来ました。
今回は、大人向けと子ども向け合わせて、11名の方が参加してくださいました。
ご参加いただき、ありがとうございました。


イベント担当 のだ

by omutazoo | 2019-08-12 14:30 | イベント
みなさん、こんにちは。
やっと梅雨があけたと思ったら、一気に非常に暑くなりましたね。
水分と塩分の補給を忘れず、熱中症に注意しましょう!

さて今回は、以前ご紹介したイベント、
そだてる あにまる べじたぶる!」についての続報です。
第2~4回のことについてお話いたします。

第2回は、5月19日(日)に行いました。
この日の天候は曇り。ちょうどいい気温の中での作業でした。
前回種を蒔いた野菜たちの手入れ作業と、前回とは違う種類の
野菜の種蒔きを行いました。
まずは、前回植えた種や苗を確認!
大きく成長しており、子どもたちも感動!!
c0290504_13083767.jpg
キュウリ


c0290504_13081554.jpg
トマト




野菜の成長に感動した後は種蒔きです。
c0290504_13022459.jpg
トウモロコシ


c0290504_13032627.jpg
オクラ


みんなで頑張って、種を蒔きます。

c0290504_13023674.jpg
c0290504_13015027.jpg
c0290504_13020178.jpg

最後に、徳永農園さんで育てられている人参の収穫を体験!
c0290504_13035412.jpg
c0290504_13040316.jpg
収穫した人参は、参加者のみなさんにお持ち帰り頂きました。


第3回は、7月21日(日)の予定だったのですが、
大雨の影響でやむなく中止となりました。
楽しみにしていただいていた参加者のみなさん、申し訳ありませんでした。
後日、畑を覗いてみたところ・・・。
あの大雨の中でも、野菜が元気に育っていました!
c0290504_12581280.jpg
トマト


c0290504_12582970.jpg
トマト




c0290504_12585467.jpg
オクラ




c0290504_12592361.jpg
トウモロコシ


c0290504_12593779.jpg
トウモロコシ

c0290504_12594935.jpg
トウモロコシ


トウモロコシの畑には、イノシシが頻繁に来ているようで、
所々になぎ倒された形跡がありました。
野生動物による食害の問題については、ニュースなどで
お聞きになったことがあるかと思いますが、実際に自分が関わった野菜で
その現状を目の当たりにするとやはり思うものがあります。
さらに、大雨の影響で、レタスなど、いくつかの野菜が
収穫できなくなっていました。
天候や気温など、さまざまな自然現象に向き合っていかなければならない
ということは、本当に大変だと改めて感じました。


その後、今月 4日に第4回を行いました。
さらに大きく成長した野菜を目にして、みんなびっくり!

子どもたちの身長より大きく育っています!! 
c0290504_14344450.jpg

オクラはハイビスカスの仲間だそうで、美しい花が咲いていました。
c0290504_14342080.jpg

c0290504_14341158.jpg

そしてやはり、今回もイノシシが来ていたようで、
こんなに大胆に土をひっくり返していました! 
c0290504_14343175.jpg

一通り野菜たちの成長を確認した後に、草むしりを行いました。
c0290504_14350856.jpg
c0290504_14351764.jpg

そして最後は前回同様、徳永農園さんで育てている野菜の収穫を体験。
c0290504_14352849.jpg

今回収穫した野菜は、「四角豆(しかくまめ)」でした!
c0290504_14353607.jpg


このイベントも残すところあと2回となりました。
参加者の子どもたちはイベントを通して様々なことを経験し、
食べ物に対する気持ちがどのように変化するのでしょうか?
さらには、収穫し、自分たちで食べるのが今から待ち遠しい!!
これからの展開にご期待ください。


そだてる あにまる べじたぶる担当 おの

by omutazoo | 2019-08-06 10:17 | イベント
先日、おとなのための羊毛フェルトボールづくりを行いました。
家畜やヒツジについて理解を深めてもらい、実際に当園のヒツジの毛を使って、フェルトボールづくりを行うイベントです。

まずは、担当飼育員から家畜の種類やヒツジ生態、歴史などについてお話をしました。
c0290504_13373880.jpg
c0290504_13380919.jpg
皆さんとても真剣に聞いてくださいました。

今回は、大人向けということで、難易度の高い、糸つむぎも体験してもらいました。
最初は、カーダーという道具を使用し、羊毛をフワフワにほぐしていきます。
c0290504_13381757.jpg
次に、スピンドルという道具を使用し、羊毛を引っ張りながら、スピンドルを回すことで、細い1本の糸にしていきます。
c0290504_13382668.jpg
c0290504_13383393.jpg
皆さん苦戦しながらも、コツをつかんで最後はコツをつかみ、上手にできていました。
c0290504_13383637.jpg
そして次は、羊毛フェルトボールづくりです。
着色した羊毛の中から好きな色を選んでもらい、糸つむぎと同様、最初は、カーダーを使って、羊毛をほぐしていきます。
c0290504_13384367.jpg
次は、洗剤入りの水をかけながら、軽く丸めていきます。
c0290504_13384744.jpg
裂け目がなくなるように、途中途中で羊毛同士をつなぎ合わせながら、徐々に小さくなるように丸めていきます。
小さく固くなったら、最後に穴を開けてひもをつければ、完成です。

皆さん完成度の高い作品が出来ました。
c0290504_13385518.jpg
c0290504_13385834.jpg
c0290504_13390577.jpg
c0290504_13391087.jpg
c0290504_13393058.jpg
今回は、5名の方が参加してくださいました。
ご参加してくださった皆様、ありがとうございました。
8月11日には、小学生限定の羊毛フェルトボールづくりを行いますので、ぜひご参加ください!

担当:野田

by omutazoo | 2019-06-18 16:30 | イベント
みなさん、こんにちは。
先日、動物園では「ツキノワグマ de 有田焼」
というイベントを行いました。
今回のブログでは、このイベントのことをご紹介致します。

まずは、ツキノワグマ舎でツッキーとご対面!
c0290504_16493567.jpg
世界中のクマのご紹介をさせて頂きました。

c0290504_16503266.jpg
その後、ツッキーのトレーニングをご覧頂きました。

c0290504_16503699.jpg
後ろから見るとこんなかんじ。

c0290504_16510595.jpg
あーん。ツッキーのお口の中や大きな牙を観察して頂きました。


お次はツッキーへのプレゼント。
なんと今日は、美味しそうなブドウとサクランボの差し入れをお客様から頂き、
とても豪華なおやつになりました。きっと美味しかったことでしょう。

c0290504_16512030.jpg
まずはブドウから。

c0290504_16514768.jpg
c0290504_16514448.jpg

c0290504_16512392.jpg

c0290504_16514181.jpg


ブドウの次はサクランボです。
c0290504_16520815.jpg
こんな高いところも楽々とれちゃいます。

c0290504_16521605.jpg

c0290504_16522018.jpg


ツッキーへのプレゼントが終わったら、
イベントルームに移動して、いよいよ絵付け体験です。

c0290504_17015217.jpg
みなさん集中されているので、どなたもお喋りになりません。。。

c0290504_17032619.jpg

c0290504_17032455.jpg
c0290504_17032150.jpg
c0290504_17031811.jpg
c0290504_17031507.jpg

最後には、こんな素敵なクマたちが出来上がりました!!!どれも可愛い!!!
c0290504_17041259.png
今回が初めての試みだったので、うまくいくかとても心配でしたが
素晴らしい参加者のみなさまに恵まれて、無事イベントを
終了することができました。
ご参加くださいましたみなさま、ありがとうございました!


P.S. 実はこのmomoco bearの絵付け体験、有田以外の場所で
行われたのは、今回が初めてのことでした。
もちろん、動物園でも初めてのことです。
賞美堂さんから「是非クマのいるところで絵付け体験ができたら」と
仰って頂き、実施することができました。
実施にあたり、ご協力をくださいました賞美堂さん、
特に担当者のKさんに心よりお礼を申し上げます。


広報担当 とみさわ

by omutazoo | 2019-06-14 14:33 | イベント

世界キリンの日?

みなさん、こんにちは。
6月に入り、徐々に梅雨のシーズンが到来してきますね。
雨が多いと陰鬱な気分になってしまいがちな、キリン班の小野です。

さて、今回のお話は、「世界キリンの日」についてのお話です。
みなさんは、「世界キリンの日」をご存知でしょうか?
なかなか耳慣れない日だと思いますが、実は「夏至の日」がその日なんです。
なぜ夏至の日なのか?

Q.夏至の日とは?
A.1年間で最も昼の時間が長い日!
Q.動物の中で一番首が長い動物は?
A.キリン!

ということで、「長い」つながりで夏至の日が「世界キリンの日」に
なりました。
この日を決めたのは、イギリスに本部があるキリン保全財団
Giraffe Conservation Foundation(通称GCF)」という団体です。
野生のキリンとその生息地を守るために活動を行っている国際団体です。

c0290504_12382928.png
↑GCFのロゴマーク



c0290504_12310405.png
↑GCFのホームページに掲載してある、世界キリンの日のロゴマーク

そんな世界キリンの日は、なにをする日なのでしょう?
キリンに関したお祭りがある日?
キリンに関わる重大なことをする日?
実はどちらも違います。
世界キリンの日とは、絶滅の危機に瀕しているキリンのことを
みんなで一緒に考えましょう、という日なんです。

動物園で普通に見られるキリンが絶滅危惧種?!
ビックリしますよね。
動物園では普通に会える動物でも、野生下では絶滅の危機に
瀕している、実はそんなことがたくさんあります。
そんな動物たちのことをみんなで一緒に考えよう、そして
こうした動物たちのことを多くの人に伝えよう、という日が
「世界キリンの日」なのです。
キリンの他にも、「国際レッサーパンダの日」や「世界ライオンの日」
「世界トラの日」などがあります。

世界キリンの日。
これがどのような日なのか、少しはイメージが湧いてきましたでしょうか?
この日は、世界中でキリンに関するイベントが行われます。
もちろん当園でもキリンのイベントを行います!

イベント名:世界キリンの日特別イベント
内容: 
 1.野生のキリンのお話や、保護団体への募金活動
(募金をしてくださった方にはスペシャル缶バッジをプレゼント!)
 2.展示場周辺における植樹イベント
キリンが食べる葉が茂る苗木を、参加者の方に植えていただきます。
スコップなどの道具は用意致します。
植えていただいた苗木の横には、参加者の方に自由に記入していただいた
木の札がつきます(植えて頂けるのは、事前に予約して
いただいた方に限ります。参加ご希望の方は、お電話でのご予約を
お願い致します)。
日時:6月22日(土) 13時30分から14時ぐらいまで
参加費:1組1,000円
募集人数:小学4年生以上20組(各組5名まで)
申込方法:動物園までお電話にてお願い致します(0944-56-4526)

キリンの展示場の周りに、キリンが食べることのできる葉が
たくさん茂る苗木を植えていただけるよう準備を進めております。
切ってきた枝葉を与えて頂くのではなく、苗木を植えて頂く
というところがポイントです。
根ごと植えますので、木が生きている限り葉っぱがつきます。
つまり、ご自分が植えた木がキリンの展示場で生き続ける訳です。
なんて魅力的なイベントなんでしょう!

c0290504_13465593.jpg
奥:リン(オス)  手前:プリン(メス)

2頭のキリンも首をながーくしてお待ちしています!
ご興味のある方は、この機会をどうぞお見逃しなく!
みなさまからのご予約・お問合せをお待ち申し上げております。


キリン担当 小野

by omutazoo | 2019-06-09 09:19 | イベント

みなさん、こんにちは。
3月から 4月にかけて、「どうぶつ×飼育員アワード2019」の
投票が行われたことをご存知でしょうか。
今年からは園内だけでなく、オンラインでもご投票ができたこともあって
昨年までと比べて数多くのご投票を賜りました。
ご投票をくださいましたみなさま、ありがとうございました。
今回のブログでは、その結果を受けて行われたスペシャルガイドの模様を
お伝えしたいと思います。


Youtube 結果発表動画



トップバッターは、第3位「ケヅメリクガメ×かわの」チーム。
ケヅメリクガメの穴掘り行動を引き出すための取組について
ご説明しました。
c0290504_14595248.jpg

c0290504_15012464.jpg
ケヅメリクガメの穴掘り行動について熱く語るかわのの横を
素通りする「いちろー」。

c0290504_15024347.jpg
最後はお客様に展示場内でケヅメリクガメが穴掘りにつかう
前脚を観察して頂きました(お触りは禁止です)。


次のガイドは、第2位「マンドリル×のだ」チーム。
行動の多様性を引き出すために、マンドリルの生息環境に近い状況を
いかにして生み出すのか、その取り組みについてご説明しました。
c0290504_15061775.jpg

c0290504_15070161.jpg
左側のお写真が当園のマンドリル展示場、
そして右側が野生のマンドリルのお写真。
なるべく木々を多く入れ、緑豊かな環境を生み出そうと
日々努力を重ねています。


最後にガイドを行ったのは、栄えある第 1位を獲得した「ライオン×ばん」チーム。
ライオンの行動特性を活かせるような環境エンリッチメントの
取り組みについてご説明しました。
c0290504_15103729.jpg
c0290504_15111028.jpg
1位の喜びを隠しきれない、うきうきガイド。
みなさんにも、ライオンの魅力がつたわったのではないでしょうか。

最後にはライオンにトリのモモ肉をプレゼント。
※骨を噛み砕く音が聞こえます。



こうしたガイドを通じて、またひとつ当園の動物たち、そして
職員の魅力が伝わったなら嬉しく思います。
お天気が優れない中、ご参加くださいましたみなさま、
ありがとうございました。


広報担当 とみさわ

by omutazoo | 2019-06-02 15:25 | イベント

OMUTA ZOO ACADEMY #1


みなさん、こんにちは。
広報担当のとみさわです。
今日は、先日行いましたOMUTA ZOO ACADEMYという
イベントについてご紹介したいと思います。

当園では日頃からたくさんのイベントを開催しておりますが
「動物園について」お話するイベント、というものが
実はほとんどありませんでした。
そこで、動物園そのものについて、そして大牟田市動物園について
知っていただき、より動物園を楽しんで頂けたらと思い、
このイベントを企画致しました。

でも、そんな真面目なイベントに、いったい何名の方が
ご参加くださるのか。。。当日までドキドキでした。

いざ当日。
イベント開始時間には、多くのお席が埋まるという嬉しい状態になり、
ほっとしてイベントを開始することができました。
c0290504_11452992.jpg
今回は、第1回ということで、動物園の歴史、現代の動物園の役割、
当園のコンセプトや取り組み等について、簡単にご紹介をさせて頂きました。
ご参加くださいましたみなさま、ありがとうございました!


今後のOMUTA ZOO ACADEMYの予定は以下の通りです。
ご予約等は一切必要ありません。
お時間までに当園レクチャールームにお越しくださいませ。

        これは絶対来ないと損!動物専門栄養士の来日講演です(通訳つき)。

7月20日(土) 第3回 楽しく暮らしてもらうためのひみつ
        環境エンリッチメントについてお話します。

8月       おやすみ(暑いので、おやすみします)

9月28日(土) 第4回 動物とのルールのひみつ
        ハズバンダリートレーニングについてお話します。

10月19日(土) 第5回 目と毛のひみつ ~ヒツジを題材に~
        目と毛ってどんな動物にもあるようで、実はすごい機能が
        いろいろと備わっています。ヒツジを例にお話します。 

11月      おやすみ(ズーフェスをお楽しみください)

12月日付未定  第6回 骨のひみつ
        毎月の大人気イベント「骨好き獣医の骨ホネガイド」が
        スペシャル拡大版で登場!

1月日付未定  第7回 遺伝のひみつ
        中学校の「メンデルの法則」でお手上げだったみなさま、
        これに参加すればすべてまるっと理解できますよー。

2月日付未定   最終回 伝えるためのひみつ
        動物のこと、動物園はどうやって伝えているのかをお話します。

12月以降の日程は、決まりましたらウェブサイトフェイスブック
イベントページでお知らせ致します。
是非チェックしてみてくださいませ。

今後もOMUTA ZOO ACADEMYをお楽しみくださいませ。
みなさまのお越しをお待ち申し上げております。


広報担当 とみさわ

by omutazoo | 2019-05-26 11:48 | イベント
みなさん、こんにちは!
暖かくなり、過ごしやすい気温になりましたが、
春を通り過ぎて夏のような気温の日もありますね。
そんな現在の気温でさえ、外で少し動くと汗だくになる
キリン班の小野です。
以前のブログでもお伝えしたイベント
「そだてる、あにまる、べしたぶる」の第1回を
先日実施致しました。
今回はそのご報告を致します。

当日の朝は、動物園に集合。
園内のレクチャー室で、当園の取り組み、本イベントの流れ
についてご説明をした後、本イベント主催の徳永農園代表の
徳永さんから野菜についてお話をしていただきました。
c0290504_13062791.jpg
お話のあとは園内の見学!
何頭かの動物たちに野菜をプレゼント。
c0290504_13063930.jpg
カピバラのヒノキ(オス)にキャベツを!

c0290504_13064978.jpg
ツキノワグマのツッキー(メス)にはさつまいもを!(右側にツッキーがいます)


この時の野菜は、八百屋さんが動物園に卸してくださっているものです。
参加者のみなさんが、育てたり、収穫をした野菜でではありません。
しかし!この全 5回のイベント最終日(8月18日)には、
もう一度動物たちに野菜をプレゼントすることになっています。
その時のお野菜は、参加者のみなさんが4ヵ月以上をかけて育てたお野菜です。
自分が育成に携わっていない野菜と、自分たちが育てたお野菜。
食べ物をつくる大変さを経験する前と、経験した後。
何かしらの心境の変化があるのではと思いますが、それは最終日までのお楽しみです。
園内を回った後は、お昼休憩をはさんで農園へ移動しました。

c0290504_13065758.jpg

普段はなかなか来る機会のない畑に、子どもたちは大興奮!

c0290504_13071026.jpg
カエルがたくさんいたので、捕まえようと奮闘中。



そうこうしているうちに準備が整い、早速作業を開始!

c0290504_13073370.jpg
c0290504_13074957.jpg

c0290504_13080645.jpg

まずは「畝(うね)」と呼ばれる部分にビニールをかけていきます。
こうすることで、余計な雑草などが生えにくくなるのだそう。

c0290504_13081718.jpg

c0290504_13082626.jpg
ビニールをかけ終えたら、苗を植えます。

c0290504_13083503.jpg
c0290504_13084623.jpg
トマトと一緒にバジルを植えました。
一緒に植えることで、余計な水分をバジルが吸ってくれて、
トマトの味が良くなるんだとか。
その他に、キュウリとカボチャの苗を植えた他、
レタスの種も蒔きました。

c0290504_13092126.jpg
c0290504_13095410.jpg
レタスの種は、こんなに小さい!!


c0290504_13100388.jpg
最後に水やりをして今日の作業は終了です。


c0290504_13121387.jpg
参加者のみなさん、おつかれさまでした!



c0290504_13103942.jpg
トマトの苗。


c0290504_13104909.jpg
カボチャの苗。



休憩をこまめにはさみながら1時間半ほど作業しました。
参加者のみなさんと、ボランティアの大人3名も含めた
かなりの人数で行いましたが、植え付けが終わったのは
畑の総面積の5分の1ほど・・・。
私も初めて体験しましたが、とても体力の必要な作業で
食べ物をつくる大変さが身に染みました。
大人が疲労を隠し切れない中、子どもたちは最後まで元気でした。

次回は 5月18日の予定です。
今回植えた野菜たちが、1ヵ月後にどんな風に
成長しているのか楽しみです!

次回からの参加者も現在募集しております。
みなさまのご参加をお待ち申し上げております。


そだてる、あにまる、べじたぶる担当  おの

by omutazoo | 2019-05-01 16:54 | イベント
みなさんこんにちは!
最近は暖かくなったり、寒くなったりと寒暖差が激しい季節、
お変わりございませんか。
月末に始まる大型連休を元気にお過ごしになられますよう、
どうぞご自愛くださいませ。

さて、今回のブログでは、先日行いました
「JAF会員さま限定イベント」についてお送り致します。

いつ、どこで起こるかわからない車のトラブルに対し、
電話1本で迅速に駆けつけるロードサービス等、
車に関するさまざまなことに従事されている組織です。

このイベントはJAF様における事前申し込み制のものです。
昨年までは年に一度、12月に開催しておりましたが、
ご好評をいただき、今年度からは年に 2回の開催となりました。
今回は午前と午後、各回定員30名のところ、
484名のご応募があったそうです。
ご応募くださいましたみなさま、ありがとうございました!

暖かい気候の中、「歯」に焦点をあてたガイドさせていただきました。
当園へのご来園が初めてという方も多かったため、はじめに
私たちが日頃取り組んでいるハズバンダリートレーニングや
環境エンリッチメントについて、お話をさせていただきました。

※ハズバンダリートレーニング
 動物の心身の健康のために、動物たちにさまざまな動作を
 協力してもらうトレーニング。

※環境エンリッチメント
 動物たちの生活が、より充実したものになるように工夫を行うこと。

c0290504_08491608.jpg

最初に、リスザルがフィーダー(エサが入った容器)から
エサを食べるところを見学していただきました。
c0290504_08492737.jpg
c0290504_08494941.jpg

次に、ツキノワグマの口の中を間近でご覧頂きました。
(この時の様子を撮影する撮るのを忘れてしまいました・・・。)
今回のガイドテーマが「歯」だったため、ツキノワグマの他にも、
さまざまな動物が食べているところを見ていただきました。
c0290504_08495755.jpg
モルモットでは、キャベツを食べているところを間近で観察して頂きました。


c0290504_08500549.jpg
ライオンが馬肉と鶏肉(骨付き!)を食べているところでは
みなさん釘付けに!


c0290504_08493691.jpg
鶏肉を食べるときは、バリバリと骨をかみ砕く音が聞こえます。



c0290504_08510037.jpg



c0290504_08501615.jpg
最後に、キリンが葉っぱを食べる様子を間近でご覧頂きました。



c0290504_08502578.jpg
長い舌で器用に葉っぱを食べていきます。



動物園を見て回る時には、ある点に注目することで、
動物たちのいつもとはまた違った魅力が発見できるかもしれません。
ご参加くださいましたみなさま、ありがとうございました!


JAFイベント担当 おの

by omutazoo | 2019-04-19 11:56 | イベント
3月2日と9日に、サポーターのためのスペシャルイベントを行いました。「スペシャルガイドツアー」、「羊の毛の使い道~フェルトボールづくり~」、「動物の糞の使い道~紙すき・ストラップづくり~」の3コースを準備して、ご希望のコースに参加していただきました。

今回は「羊の毛の使い道~フェルトボールづくり~」、「動物の糞の使い道~紙すき・ストラップづくり~」の2コースについてのお話です。

「羊の毛の使い道~フェルトボールづくり~」のコースでは、飼育員が家畜動物のことや羊毛の使い道などのお話をした後、実際に当園にいる羊から刈り取った毛でフェルトボールを作りました。
c0290504_13085060.jpg
まず、染色した羊毛の中から、好きな色のものを選んでもらい、
細い針金がたくさん板の上に生えている『カーダー』という道具を使って、羊毛をほぐしてフワフワにします。
c0290504_13085811.jpg
続いて、フワフワになった羊毛を洗剤入りの水で濡らしていきます。
洗剤を入れることで、羊毛が絡み合うようになります。
c0290504_13090533.jpg
裂け目をなくしながら、徐々に羊毛を丸めていき、しっかりと硬く丸くなるようにします。
最後にストラップのひもをつけて完成しました!
c0290504_13091323.jpg

「動物の糞の使い道~紙すき・ストラップづくり~」では、始めに動物のうんちが好きな飼育員が肉食獣と草食獣のうんちの違いや形や色の違い等をお話をした後、レッサーパンダ、キリン、ウサギのうんちを使用した紙すきとウサギ、モルモットのうんちを使用したストラップ作りに分かれて作業を行いました。
c0290504_13094459.jpg
c0290504_13095689.jpg
c0290504_13102763.jpg
うんちと言えば、「臭い」「汚い」といった嫌なものだとイメージする方が多いのではないかと思います。
そんなうんちの魅力を皆さんに知ってほしいと思いご用意したコースでした。
少しでも動物のうんちについて興味をもって頂けたなら幸いです。
c0290504_13103242.jpg
ご参加してくださった皆さん、ありがとうございました!
今後もサポーターの皆さんに楽しんで頂けるイベントを考えて行っていきたいと思っています。
是非ご参加ください!

そして、いつも大牟田市動物園を支援してくださっているサポーターの皆様、ありがとうございます。
これからも、大牟田市動物園を応援よろしくお願いします!
担当:羊毛フェルトボール  野田
   紙すき・糞ストラップ 齊藤

by omutazoo | 2019-03-19 16:41 | イベント

大牟田市動物園のスタッフが、日々のさまざまなことをお伝えします!


by omutazoo