カテゴリ:イベント( 87 )

みなさん、新年あけましておめでとうございます。
前回のブログでもご紹介しましたが、動物園では先日、お正月にちなんだイベントを行いました。


2日に「書き初め」、3日と5日に「動物かるた大会」を行いました。

Q.お正月といえば・・・?
A.お餅! おせち! 凧あげ! 初詣! お年玉!

このように、日本のお正月にはたくさんの行事があります。
昔からの恒例となっているこれらの行事には、それぞれ由来があるんです。
例えば「書き初め」。
これは、新年の最初に汲んだ水を神棚にお供えし、その水で墨をすり、
その年の恵方に向かって詩歌を書いていたことが由来だそうです。
1月2日に行うのが正しく、その日に書き初めを行うと書道が
上手になると言われているんだとか。
そんな書き初めですが、動物園での書き初めということで、
動物たちを漢字で書いてみよう!と題してイベントを行いました。
普段はカタカナ表記で書かれることが多い動物種名ですが、
これらの漢字も存在します。
c0290504_13331643.jpg
ライオン

c0290504_13332342.jpg
テンジクネズミ(モルモット)

c0290504_13335077.jpg
ナマケモノ

c0290504_13334458.jpg
ハクビシン

c0290504_13294557.jpg

その姿形をそのまま漢字に反映させているものもあれば、
その動物特有の行動を指す漢字が使用されているものもあり、
調べていてとても面白かったです。
このような漢字についてのガイドを行ったあとに、
お客様にも実際に書き初めを行っていただきました!

c0290504_13292033.jpg
お持ちになった毛筆で、とても上手に書いてくださいました!!

c0290504_13300119.jpg

ご参加いただき、本当にありがとうございました。



続いて、「動物かるた」です!

皆さんは、大牟田市が日本の「かるた」の発祥の地とご存じでしたか?
かるたの歴史は古く、16世紀頃、ポルトガル人の影響を受けて、
大牟田市(三池地方)で作り始められたそうです。

動物かるたの内容は、すべて園内の動物たち!

c0290504_17194752.jpg
「ら」 ライオンさん 強くて気高い ひゃくじゅうの王
※絵札は幼いころのライオン♂ アサヒ

など、読み札には動物の特徴などが書かれています!

各日先着50名様限定で実施し、参加してくださったお客様には
今年の干支である「亥(イノシシ)」の仲間である
当園のミニブタたちの缶バッチをプレゼントしました!

c0290504_17231835.jpg
※7頭分作っていたのですが、キク(ピンク)は人気で写真撮るときには残っていませんでした…笑


イベントはどんな感じだったかというと
c0290504_17274632.jpg
たくさんのお友達が参加してくれました!

c0290504_17300395.jpg
見つけた!!とかるたに一目散のお友達もいれば…

c0290504_17314504.jpg
おかあさまと協力して探されたお友達も!

「楽しかった~」などたくさんの嬉しいお言葉をいただきました!
ありがとうございました。

かるた大会が終わった後…
ミニブタ舎前にはイベントに参加されていたお友達が!
なんと、缶バッチのミニブタを探してくださっていたそうです!!

記念にミニブタの前で、ハイチーズ!
c0290504_17395571.jpeg
「動物かるた」にご参加いただいた皆さんありがとうございました!


書き初め:おの 動物かるた:こが

by omutazoo | 2019-01-06 08:34 | イベント
みなさん、こんにちは。
昨日から一段と寒くなってきましたね。
どうぞお風邪等召されませぬようご自愛くださいませ。

と紹介をして参りましたサポーターイベントは、今回が最終回。
午後のガイドツアーについてお送り致します。

c0290504_12331223.jpg
午後のツアーはモルモットの出勤風景からスタートです。
参加者の方にモルモットをおうちから仕事場へと呼んでいただきました。

c0290504_12340173.jpg
モルモットの観察後、モルモットの体重測定の様子やおうちのことなど
さまざまな工夫について飼育員からお話をさせて頂きました。
中央に座っている飼育員が手に持っているのは、
キッチンスケールを使ったモルモット用の体重計です。

c0290504_12423210.jpg
調餌場(動物たちのごはんをつくるところ)見学の後に、
キリンの寝室をご覧頂きました。
キリンたちの暮らしを充実させるための取組について
飼育員がお話しました。

c0290504_12452173.jpg
最後に、キリンの体重測定の様子をキリンの展示場からご覧頂きました。
当園では定期的にキリンの体重測定を行い、健康管理に努めています。


協力してくれたキリンのリンくんは、たくさんの人が
展示場の中にいる状態で体重を測るのは今回が初めてでした。
飼育員の心配をよそに、いつも通り落ち着いて体重測定に
協力してくれたリンくんに感謝をしつつ、ガイドツアーは
お開きとなりました。


サポーターイベントのご紹介をさせて頂きましたが、
いかがでしたでしょうか。
サポーターイベントは、動物園サポーターのみなさまに日頃の感謝を
お伝えするためのスペシャルイベントです。
サポーターの方でしたらどなたでもご参加頂けるようになっております。
来年の 3月にもまた行う予定ですので、是非サポーターになって頂き、
次のイベントでお目にかかれましたら幸いに存じます。


広報担当 とみさわ

by omutazoo | 2018-12-09 13:01 | イベント
みなさん、こんにちは。
紅葉の美しい季節になってきましたね。
動物園の中の木々も色づいてとても美しい空間が出来上がっています。
動物だけでなく木々を味わえる今の時期の動物園を、是非お楽しみくださいませ。

サポーターイベントですが、今回はガイドツアーについてです。

サポーターイベントは、動物園サポーターのみなさまに日頃の感謝を
お伝えするためのスペシャルイベントです。
サポーターの方はどなたでも、ご参加頂けるようになっております。
来年の 3月にもまた行う予定ですので、是非サポーターになって頂いて
イベントでお目にかかれましたら幸いに存じます。

前置きが非常に長くなりましたが、ガイドのご紹介を進めてまいりましょう。

c0290504_10342228.jpg
午前中のガイドはアザラシプールからスタート。
アザラシたちの日々のトレーニングを見て頂きました。

c0290504_10350874.jpg
その後は動物病院へ。獣医師が検査器具等について説明しました。

c0290504_10354658.jpg
園内を回ってたどり着いたのはライオン舎の裏側。
なにをご覧になっていらっしゃるのかというと。。。

c0290504_10360799.jpg
みなさんがご覧になっていらしたのは体重計!
この枠の上に木の板を置いて、その上にライオンに乗ってもらって
定期的に体重を量っています。

c0290504_10362862.jpg
ライオンの代わりにかわいい参加者の方にご協力頂きました。

c0290504_10365830.jpg
その後は、みなさんぞろぞろと扉の中へ。どこに行っちゃうの???

c0290504_10372314.jpg
扉の中はライオンの展示場。
参加者の方全員に、好きなところにお肉を置いて頂きました。

c0290504_10371503.jpg
こんなところにも。

c0290504_10375215.jpg
お肉のセットが終わったら、サポーターのみなさんは園路に。
そして展示場にはオスライオンのあさひが登場。
さあ、お肉を全部見つけられるかな?

あさひの大活躍で歓声が沸く中、大盛り上がりで終了した
午前のガイドツアーでした。
ご参加くださいましたみなさま、ありがとうございました!

その2では、午後のガイドツアーについて報告します。

広報担当 とみさわ

by omutazoo | 2018-12-01 13:57 | イベント
みなさん、こんにちは!
前回のブログでマンドリルのイベントの様子『サポーターイベントでマンドリル舎に緑が増えました!』を紹介しましたが、
同じ日にモルモットでもイベントを行いました。

はじめに、参加していただいた方々にモルモットについて知っていることなどを
自由に発言してもらいました。
その後にスタッフがモルモットとはどんな動物なのかをお話し、
ワークシートに各自で書き込んでもらいました。
c0290504_17244237.jpg
ワークシートです。


その後、「モルモットとわたしの広場」で実際にモルモットの観察を行いました。
c0290504_17251819.jpg
熱心にモルモットを観察される参加者のみなさん。

c0290504_17250917.jpg
観察をするなかで、ワークシートに書いていない発見もいろいろとあり、お友達やご両親との話もはずんでいました。


この後、ポスターに気が付いたことを書いていただきました!
c0290504_17252662.jpg
c0290504_17253193.jpg


完成したポスターは展示レクチャー室に掲示しました。
個体のプロフィールを書いた方やモルモットの情報を書いた方、みなさん上手です!
c0290504_17255238.jpg
c0290504_17260323.jpg
c0290504_17261056.jpg
c0290504_17261577.jpg
c0290504_17255874.jpg
c0290504_17262645.jpg
c0290504_17262006.jpg
c0290504_17263489.jpg

サポーターのみなさん、ご参加ありがとうございました!

ポスターは12月いっぱい展示レクチャー室に飾っていますので、お越しの際は
ぜひお立ち寄りください!!

モルモット班担当 かわかみ

by omutazoo | 2018-11-29 18:03 | イベント
11月24日にサポーターイベントを行いました。
今回は、私が担当したCコースの「マンドリル舎に緑を増やそう!」についてのブログです。
Cコースでは、サポーターの方と一緒に、消防ホースでフィーダー(餌を入れるもの)を作ったり、展示場の砂場に木の枝や苗木を植えました。
最初は、マンドリルの生態や野生での暮らし、今回植樹する目的をお話ししました。
c0290504_14433976.jpg
次に、消防ホースを使って、フィーダー(餌を入れるもの)を作りました。
4本の消防ホースを編み込んで作るフィーダーは、皆さんコツをつかんだら完成まではすぐでした!
c0290504_14440100.jpg
これは、マンドリル舎に設置し、枝葉を挿す用のものとして使用しました。
c0290504_14443004.jpg
そして、いよいよマンドリル舎に入って、植樹です!
今回は、12種類の植物を約100本用意し、砂場に枝葉や苗木を植えました。
c0290504_14445809.jpg
c0290504_14452765.jpg

before
c0290504_14455159.jpg

after
c0290504_14465823.jpg
緑が増え、地面にも落ち葉を敷いたり、ドングリを撒いたりして森っぽくなりました。

最後は、マンドリルのガブがどんな行動をするのか観察です。
皆さん、とても真剣に見ていて、イベントが終わってもガブにくぎ付けでした。
    
c0290504_14472253.jpg

ガブの反応はというと、最初は地面に敷いた落ち葉をかき分けて、ドングリを食べていました。
c0290504_14475663.jpg
その後は、皆さんが植えてくれた葉を食べていました。
c0290504_14481484.jpg
ガブにとっても、今回のイベントはとてもいいイベントとなったと思います。

Cコースにご参加してくださった皆さん、ありがとうございました。
またのご参加、お待ちしてます!
c0290504_14483320.jpg
そして、いつも大牟田市動物園をご支援されているサポーターの皆様、ありがとうございます。
これからも、大牟田市動物園の応援よろしくお願いします!

担当:のだりさ

by omutazoo | 2018-11-27 08:04 | イベント

皆さん、こんにちは。
11月10日に、中高生を対象に一日獣医師体験を行いました。
今回は、中学1・2年生、高校1年生の10名が参加してくださいました。


午前中は、川瀬獣医師から「獣医師の仕事」についてや「どうしたら獣医師になれるか」について話がありました。
動物病院を見学した後、園内の動物を見て歩きました。


c0290504_14555224.jpg

















c0290504_14565028.jpg






















モルモットと私の広場では、聴診器でモルモットの心音を聞きました。
c0290504_14570476.jpg
















c0290504_14570906.jpg

















c0290504_14570187.jpg





















お昼休憩をはさんで午後からは、
鶏を使って肉や皮の縫合を行いました。
まずは、川瀬獣医師からのレクチャー。


その後、実際に縫合を行いました。
皆さん、始めは苦戦していましたが、段々上達していきました。


c0290504_14580088.jpg

















c0290504_15501351.jpg


体験終了後、修了証が授与されます。
c0290504_15294643.jpg


















皆さん、一日お疲れ様でした‼


一日獣医師体験補助(ほんとはサル担当):いわした





by omutazoo | 2018-11-14 15:44 | イベント

みなさん、こんにちは。
10月13日に、女性限定一日飼育員体験を行いましたので、
今回はその様子をレポートします!

ちなみにこの一日飼育員体験、当園では毎月開催しております。
通常は、小学 4年生以上の方であればどなたでもご参加頂けるのですが
(小学生は保護者同伴)、今回は18歳以上の女性限定という
スペシャル会でした。

ライオン班、キリン班、サル班に分かれていざお仕事スタートです!

c0290504_11255868.png
ライオン舎の掃除中。
ぴかぴかになったお部屋で、ライオンはぐっすり眠れたことでしょう。

c0290504_11292351.png
お次はトラのごはんの準備。
鳥をまるごと一羽、さばいていきます。

c0290504_11315352.jpg
カンガルー舎のお掃除。
部屋の角では、おばあちゃんのシャケがお掃除を見守ります。

c0290504_11345419.jpg
備品の手入れも日々の大切なお仕事です。

c0290504_11372865.jpg
キリンに新鮮な木の葉をプレゼント。

c0290504_11352631.jpg
見てください、この素敵な笑顔!
一日飼育員体験をやっていてよかった!と思える瞬間です。

c0290504_11354708.jpg
こんなに近くで触れ合えるのも一日飼育員体験ならでは!

c0290504_11282152.png
今度はお肉を小さくカットしていきます。

c0290504_11414739.jpg
そのお肉はライオンへ!

c0290504_11424503.jpg
体験終了後、修了証が授与されます。

c0290504_11451521.jpg
みなさんで記念撮影!
一日お疲れさまでした!!!


以上、一日飼育員体験レポートでした!
これをお読みになって、「私もやってみたい!」と思われたみなさん、
次回開催日は、11月17日(土)です!
今ならあと一名様のご参加が可能です(※10月14日現在)。
12月の予定は現在のところ未定ですが、決まりましたら
告知をさせて頂きますので是非ご覧くださいませ
(12月分のご予約は11月 1日から受付開始となっております。
毎回満員御礼になってまうので、お早目のお申込みをおすすめ致します)。
みなさまのご参加をお待ち申し上げております。


企画広報 とみさわ

by omutazoo | 2018-10-14 12:04 | イベント
みなさん、こんにちは!
暑かった日が嘘のように、だんだんと肌寒くなってきましたが
お変わりありませんか?

9月29日(土)の台風が迫り雨が降る中、当園では神奈川大学の諸坂 佐利先生をお迎えして、
動物園や動物園の動物に関する法律について楽しく学ぶイベントを開催しました。

諸坂先生は動物園や野生動物に関連するさまざまな基本構想や条例の策定に関わられ、
大牟田市動物園も所属する日本動物園水族館協会の顧問もされています。
c0290504_12264140.jpg
熱心に聞き入る参加者のみなさん
当園職員も学ばせていただきました。

c0290504_12272213.jpg
とてもいい声で、分かりやすくお話をしてくださる諸坂先生


「動物園」って何?というところから始まり、
日本には「動物」のことを第一に考えた法律はないということ、
海外では動物に関するどのような法律があるのか、
「動物福祉」とは一体なんなのか、
動物愛護と動物福祉はどう違うのか、
そして今後日本ではどのような法整備が必要とされているのか、
といったお話をしてくださいました。

こうして字で書いてみると、とても難解な、
よく分からないお話をされたのだろうと思われるかもしれませんが、
諸坂先生の手にかかるとするすると理解が進んでいき、
参加者の誰もが幾度となく心の中でそうだったのか!と思われたことでしょう。

特に印象的だったのは、「動物愛護と動物福祉は違う」という点です。
諸坂先生はこのようにご説明されました。
「愛護」とは、人が対象物に対する主観的・感情的(非科学的)行動
「福祉」とは、人が対象物に対する客観的・医学的(科学的)行動

当園は、「動物福祉を伝える動物園」として、これからも
ぶれることなく、科学的根拠に基づく活動を行っていきたいと思います。


最後に、大変お忙しい中、当園にお越しくださいました諸坂先生、
そしてお足元の悪い中ご来場くださいましたみなさまに
改めまして心よりお礼を申し上げます。
今後もこのような機会を重ね、動物園や動物を取り巻く法制度や
法律に関する理解を深めるきっかけを作っていきたいと思います。


広報担当 とみさわ

by omutazoo | 2018-10-02 12:20 | イベント
レッサーパンダ担当の小野です!
最近は昼夜の気温差が大きくなり、肌寒さも感じるようになりました。
皆さんも体調を崩さないようにお気をつけくださいね!

さて、今回は9月15日(土)に行った “国際レッサーパンダデー” の
イベントについて書きたいと思います!

※このイベントについては、9月9日に更新したブログでも紹介していました。


イベント当日は天気も良く、たくさんのお客様にご来園いただきました。

はじめにレッサーパンダについてのガイドを行い、しっかり観察をしていただいた後、

ガイド中にご覧頂いたレッサーパンダを思い出しながら、

レッサーパンダの形をした木の板にペンキで色塗りをしていただきました!

c0290504_00203852.jpg
c0290504_00204919.jpg
c0290504_00205545.jpg

尻尾はどんな色だったかな?

顔はどんな色だったかな?などと考えながらペンキをぬりぬり。

c0290504_00211882.jpg
c0290504_00212339.jpg


毎日見ていても、意識して見ていないと

「なかなか思い出せないなぁ・・・。」ってこと、よくありますよね?

例えばコンビニのマークだったり、久しぶりに通った道に新しい建物が建っていて

「ここには前なにがあったっけ?」とか!

思い出せないときは、本物のレッサーパンダがすぐ近くにいるので、

見に行って確認してから色を塗るなんてこともありました。

じっくりと動物を観察する機会はなかなかないと思いますので、

新たな発見があったのではないでしょうか?

c0290504_00221786.jpg
c0290504_00222596.jpg


そして完成したものを、イベント用に作った看板に設置!

c0290504_11445884.jpg

少々独創的な色使いのものもありますが、みなさんが頑張って塗ってくれたものなので、

飼育員は一切手出しをせずに、そのまま設置!

あじが出ていていいと思います!


c0290504_00225513.jpg
完成!!


そして最後には、『Red Panda Network』への募金活動も行いました。

c0290504_00231215.jpg

募金にご協力いただいた方には、ノベルティとして特製缶バッジをプレゼントしました!

c0290504_00231705.jpg

この日集まった金額は、17,645円でした

ご協力くださいましたみなさま、ありがとうございました!!

このお金は責任をもって全額送付をさせていただきました。

領収書が届きましたら、ホームページや公式フェイスブックで

改めてご報告をさせていただきます。



最後に、『Red Panda Neetwork』について少し紹介をしたいと思います。

この団体は、レッサーパンダの生息地における保全活動や近隣住民への

教育活動を行っています。

また、関連機関によるTシャツ等のオンライン販売も行われており、

売上の一部が『Red Panda Neetwork』の活動資金として寄付されます

このTシャツが、かわいくておしゃれなのです!!

当園では、レッサーパンダ担当者2名と広報担当者がそれぞれ1枚ずつ、購入。

c0290504_00243146.jpg
c0290504_00233895.jpg

はしゃいで写真を撮ってみました(ちょっと遠いので、Tシャツが見えにくいかも

しれません。白い服の方は、たまたまこの日に遊びにきていた某動物園の飼育員さんです)。

c0290504_00232082.jpg


普段着としても使えるデザインですし、募金にもなる。

まさに一挙両得ですね!!

寄付をするという形で、どなたでも動物の保全活動に参加することができます。

現地に行って、直接活動を行うことだけが保全活動ではありませんし、

寄付だけが保全というわけでもありません。

いろいろな形での支援が可能ですし、なにより知ること、関心を持つことが

一番大事だと思います。

こういったイベントが、より深く動物を知るきっかけになればと思います。

c0290504_00250515.jpg

以上、国際レッサーパンダデーのイベントについてのご報告でした!



P.S.
現在、レッサーパンダの「まい」が6月に出産した子どもの名前を決める

投票を行っています(10月5日締切)。

4つの候補の中から、最も多くの票を得た名前になります。

園内(出口横に投票箱があります)及びオンラインにて受け付けております。

是非投票してくださいね!



レッサーパンダ担当:おの


by omutazoo | 2018-09-30 11:54 | イベント
みなさん、こんにちは!
広報担当とみさわです(2日連続とみさわですみません)。

今日は、「みんなの動物園写真」の表彰式と「大人の動物画」感謝状贈呈式の
レポートをお送り致します。

最初に「みんなの動物園写真」の表彰式が行われました。
入賞されたみなさんのお写真は、当園の2019年カレンダーに
掲載されています(※カレンダーは非売品です。
9月26日以降、動物園サポーターのみなさんに順次配致します。
まだサポーターになっていない方は、12月までがチャンスです!)。
c0290504_12105594.png
大賞はよしだ ひろみさん。
2年連続の大賞受賞おめでとうございます!
c0290504_12165719.jpg
よしださんの作品「おはよ~★」


c0290504_12115281.png
入賞された かどおか ひろしさん。
c0290504_12190395.jpg
かどおかさんの作品「なかよし」


c0290504_12194049.png
入賞された きたはら せいこさん
c0290504_12201672.jpg
きたはらさんの作品「仲良し」


c0290504_12203609.png
入賞された きたはら しんいちさん
c0290504_12214216.jpg
きたはらさんの作品「見つめる」



その他の入賞作品はこちらです。
c0290504_12223423.jpg
うえだ ゆきおさんの作品「夏ダー」


c0290504_12241814.jpg
すぎた ひろゆきさんの作品「眼差し」


続きまして、「大人の動物画」感謝状贈呈式です。
c0290504_12262221.png
カレンダーの表紙に見事選ばれた、もうり としはるさん。
おめでとうございます!
c0290504_12281058.jpg
もうりさんの作品「なかよし『リンとプリン』」


c0290504_12295588.png
感謝状が贈られた ますだ りえるさん。
c0290504_12303041.jpg
ますださんの作品「食事タイム」


c0290504_12310229.png
感謝状が贈られた こころや さとるさん。
c0290504_12314848.jpg
こころやさんの作品「こまちちゃんとシュガーちゃん」



その他の感謝状贈呈作品はこちらです。
c0290504_12330407.jpg
はなゆきさんの作品「オーちゃんとムーちゃん」


c0290504_12330566.jpg
Jianhua Cutting Paperさんの作品「The evening date of Frog boys」



芸術の秋に相応しい素敵な作品をありがとうございました。
受賞作品とすべての応募作品は、レクチャールームに
今月末まで展示されています。
是非素敵な作品を生でご覧ください。

c0290504_12365125.png
最後に受賞者のみなさんとご家族のみなさんで記念にパチリ。


広報担当 とみさわ

by omutazoo | 2018-09-24 12:43 | イベント

動物園のスタッフ達の日常をあれやこれや、、、


by omutazoo