こんにちは。
もう8月も今日で終わりですね。

大牟田市動物園では今年も夏休みにたくさんの色々なイベントを行いました。
今日はその中から、歯科医師の岡崎先生をお呼びして開催した講演会

「動物の口はふしぎがいっぱい」

について書きたいと思います。

岡崎先生は、歯科医師の中でも子供を専門に診る小児歯科医師です。
それと同時に動物もとてもお好きで、全国の動物園水族館の動物たちの歯の治療のお手伝いもしてくださっています。
当園でもゴマフアザラシの歯科治療に関してアドバイスをいただいた御縁で、今回の講演会開催をご快諾いただきました。

c0290504_17375327.jpg
講演では今まで先生が携わられた動物たちの歯科治療のことだけでなく、私たちスタッフも知らなかったような動物の歯に関する様々な話題についてクイズ形式で楽しくお話してくださいました。

c0290504_17390154.jpg
ヒトと同じように、動物たちにも虫歯や歯周病などがよく起こります。
特に高齢化に伴い歯が痛んでしまい、食べられなくなってしまうケースもあります。
そのような事態を防ぐために、当園では動物たちに口を開けてもらって歯の様子などを定期的にチェックしたり、歯磨きを行っている動物もいます。

食べることは生きること。

これからも動物たちが健康で長生きできるよう、口の中の健康にも気を配っていきます。

動物病院 木村

[PR]
# by omutazoo | 2018-08-31 17:43
こんにちは!
サル担当の岩下です。
先月からナマケモノのクリちゃんが屋外展示場に出ています。
ナマケモノは、1日の大半を寝て過ごす動物でクリちゃんも寝ていることが多いです。
寝姿も可愛い!

c0290504_15011614.jpg

リスザルとナマケモノが一緒に生活しているところが見れます。

c0290504_15012202.jpg

フェンスを器用に登っていく姿も見ることができるかも…。

c0290504_14570934.jpg

屋外に出てるのは、気温の温かいこの時期だけなので皆さん是非クリちゃんに会いに来てください!

サル担当:岩下



[PR]
# by omutazoo | 2018-08-22 15:12

うんち!

8/12(日)に、「知って楽しいうんちの不思議~ユキヒョウ編~」というイベントを行いました。

c0290504_14080634.jpg
今回はユキヒョウ編ということで、動物のうんち好き飼育員が、肉食動物と草食動物のうんちの違いを、ご飯の違いなどから簡単にお話をした後、ユキヒョウのうんちを使用し、キーホルダーやネックレスを作成しました。

c0290504_14074132.jpg
まず、乾燥させたうんちを割りばしやピンセットを使い、袋の中で、粉々に砕いていきます。
砕いていくと、毛や、未消化の骨が入っているのがよく観察できました。
しっかり乾燥させているとはいえ、やはり肉食動物のうんち。嗅いだことない強めの匂いに、皆さん少々戸惑っていらっしゃいました。
c0290504_14084776.jpg
(うんちのお話の一コマ)


c0290504_14075103.jpg
そして、型にUVレジン液、ラメや可愛いパーツを砕いたうんちとともに入れ、
5分ほどUVライトに当てて完成です!

c0290504_14083593.jpg

c0290504_14082161.jpg

今後もいろんな動物のうんちでイベントを行い、うんちを通して動物のこと、飼育員の取り組みなどを発信していきたいと思っています。
参加してくださった皆さん、ありがとうございました!


c0290504_14075936.jpg

ライオン班:さいとう



[PR]
# by omutazoo | 2018-08-18 14:25 | イベント
こんにちは!
ライオン班の伴です。

今日は8月4~6日に行われた企画展『生き物でつなぐ大牟田の山・川・海』と、講演会『水族館の人がやってくる!~大牟田の川と海のいきもののお話会~』についてのお話です。


まずは企画展『生き物でつなぐ大牟田の山・川・海』についてです。

この企画展は、地元大牟田で活動されている『世界文化遺産「三池港」と有明海を学ぶ会』(以下、学ぶ会)が主催となって企画・運営を行いました。
学ぶ会は地元の海の観察会や小学校での生き物レクチャーなどを行っている、地元愛にあふれた団体です。

どんな展示がされたかというと・・・
c0290504_12483701.jpg
沢山の水槽や虫かご!
すべて学ぶ会のスタッフが大牟田周辺で採集した生き物です。
c0290504_12473077.jpg
夏の主役「カブトムシ」!
園内で採集したものも入っています。
c0290504_12475362.jpg
解説板もすべて学ぶ会の手作り!
c0290504_12480983.jpg
大牟田市のお隣、荒尾市の魚「まじゃく(標準和名 アナジャコ)」。
この辺りではよく天ぷらにして食べられています。
c0290504_12475119.jpg
干潟のアイドル「トビハゼ」。
泥の上を飛び跳ねます。
c0290504_12480990.jpg
学ぶ会のスタッフによる熱心な解説。
c0290504_12483866.jpg
猛暑の中、300名を超える方々が来場されました。



次に講演会『水族館の人がやってくる!~大牟田の川と海のいきもののお話会~』についてです。

「動物園なのになんで水族館の人…?」と思ったそこのあなた!
大牟田市動物園のあるこの地域には、貴重な海や川の生き物が暮らしています。
そんな魅力をもっと伝えたい!

しかし、動物園の飼育員だけでは十分に伝えきれない…。
ということで水族館の方にお越しいただきました。

c0290504_12483998.jpg

講師はマリンワールド海の中道の岡村峻佑さんです。
岡村さんは長年魚類の飼育に携わり、大学院でも魚の研究をされていた魚のスペシャリストです!

c0290504_12482233.jpg
わかりやすく熱弁される岡村さん。

大牟田周辺は奇跡的に誕生した特有の地形があり、そこに適応したここにしかいない種類や、他の地域では絶滅したような希少種が沢山暮らしているのです。
c0290504_12482349.jpg
地元の方からの質問にも丁寧にお答えいただきました。

地元に暮らしていても、意外と知らない地元の生き物のことがたくさんあることに気づかされました。


c0290504_12472434.jpg
マリンワールド海の中道の岡村さん(下段中央)と『世界文化遺産「三池港」と有明海を学ぶ会』学ぶ会の皆さんと私(下段左)。


今後も地域の方々との連携を深め、身近な生き物の魅力をもっともっと発信し、守っていきたいです。
ご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました!!


ライオン班 ばん

[PR]
# by omutazoo | 2018-08-12 12:55 | イベント
新しい砂を入れました。
7月22日(日)のモルモットのイベントが終了した後、「モルモットのおうち」にいる全頭に別の獣舎に移動してもらいました。
c0290504_16480170.jpg
「モルモットのおうち」の中を掃除し、消毒もします。
c0290504_16474026.jpg
c0290504_16475465.jpg
23日(月)は休園日だった為、朝から砂を搬入し、担当スタッフが「モルモットのおうち」の中に頑張って入れていきました。
c0290504_16481673.jpg
c0290504_16482790.jpg
c0290504_16480967.jpg
砂を入れるのは獣舎内の半分のみです。砂を好むモルモットのいれば、コンクリートを好むモルモットもいるので、選択出来るように分けています。
c0290504_16482112.jpg
c0290504_16484810.jpg
砂山を登ったり、降りたり・・・砂の窪みで寝るモルモットなど様々です。ぜひ観察してみてください。
c0290504_17062633.jpg
c0290504_17063221.jpg
モルモット担当:かわかみ

[PR]
# by omutazoo | 2018-07-25 17:29