キリン研究会

2月13、14日に当園でキリン研究会が行われました(開催場所は全国の動物園の持ち回りで毎回変わります)。
キリン研究会は1年に1回行われ、全国の動物園からキリン担当の飼育員や獣医が集まります。
そして、グループワークや研究発表を行いながら、キリンのより良い飼育管理のために様々なテーマで話し合われてきました。
テーマは開催園が決めるのですが、第6回目となる今回のテーマは「環境エンリッチメント(動物の生活をより豊かにするための取り組み)」に決定!!
環境エンリッチメントにはいろいろあるのですが、今回は「食べる」ことに関する環境エンリッチメント。
キリンの主食は木の葉っぱで、舌を使って巻き取るようにして食べます。

c0290504_14585016.jpg

もちろん、大切なのは量・種類ともに豊富な木の葉っぱをキリンに提供することです。
そのために全国のキリンの担当者たちは自分たちで木を切りに行ったり、購入したりしています。
しかし、動物園ではキリンが満足するだけの量の木の葉っぱを用意するのは難しいため、他に牧草や固形飼料なども与えます。でも、そのまま与えるとあまり舌を使わずに食べることができます。
キリンは舌を使って食べる機会が少ないと「柵や壁をなめる」という異常行動が多くなることもあります(それだけが原因ではないことも多くあります)。
そうならないためにフィーダー(動物に合わせて工夫した餌を入れる容器)を使って与えます。
すると、木の葉っぱを食べる時のように舌を使って食べることになり、柵や壁をなめるという異常行動が少なくなったという報告もあります。

c0290504_14585919.jpg

そこで、今回のキリン研究会の内容は…
[1日目]
最初に東海大学農学部 応用動物科学科 動物行動学研究室の伊藤秀一先生によるご講演。
『展示動物のアニマルウェルフェアを考えるために -AW発展の歴史、産業動物での規定、科学的評価法-』と題して、動物福祉についてお話していただきました。

c0290504_14590551.jpg

続いて、当園のキリン飼育とエンリッチメント実践例の紹介。
これまでどのようなフィーダーを作製してきたのか、どれが効果的でどれが効果的ではなかったのかをお話ししました。

c0290504_14591104.jpg

そして、6グループに分かれてフィーダーの考案と作製。
それぞれのグループで、1つずつキリンに効果的なフィーダーを考えて作りました。

c0290504_14591853.jpg
c0290504_14592403.jpg

[2日目]
フィーダーの設置と観察。
1日目に作ったフィーダーを当園のキリンの展示場に設置して、キリンが使う様子を観察しました。
設置したフィーダーを使っている様子は、当園のFacebookに動画があります。

c0290504_14592881.jpg
c0290504_14593399.jpg
 
続いて、ふり返り。
「ここが良かった」「ここはもう少しこうした方がよかった」など、各グループで話し合った後に発表し、参加者全員で共有しました。

c0290504_14594017.jpg

今回のキリン研究会では、「キリンが葉っぱを食べる時の舌の動きを牧草や固形飼料を食べる時にも発現することで柵や壁をなめるという異常行動を減らす」「餌を食べることに多くの時間を使う」を目的にフィーダーを作りました。
作られたフィーダーたちは、使用後に改善すべき点がいくつか出てきたので、今は一度外しています。
現在改良中なので、出来上がり次第キリンの展示場に設置予定です。
どんなフィーダーが設置されるのかお楽しみに!!

キリン担当 かわの

[PR]
# by omutazoo | 2018-02-25 15:07 | 大牟田市動物園 | Trackback | Comments(0)
大牟田市動物園では毎週土曜、日曜、祝日に『クマのちょこっとガイド』として、ツキノワグマの「ツッキー」が動いている所を見てもらいながらツキノワグマについてのガイドを行っています。そして先日2月19日(日)には「ツッキー」が当園に来て16年目になるということで、ガイドはいつもと違う特別バージョン。
担当の村久木が去年、長野県軽井沢町を拠点にクマとの共存を目指す取り組みを行っている「ピッキオ」さんを訪ね、そこで実際に見聞きした事をパネルにまとめガイドをおこないました。
c0290504_13341940.jpg
※軽井沢町でのアジア初めてのベアドック導入
の話
c0290504_13340134.jpg
※軽井沢町で行われているゴミ置き場のクマ対策の話

この日のガイドは野生のツキノワグマの話がメインでいつもより長くお話をしましたが。沢山の方が来てくださり、「へ~」「なるほど」「知らなかった」などといった声もたくさん聞けて良かったです。今後も定期的にこのような話もしていけたらいいなと思ってます。
c0290504_13341144.jpg
担当 たかき

[PR]
# by omutazoo | 2018-02-21 13:44 | イベント | Trackback | Comments(0)
先日、大牟田市立中友小学校の3年生に向けて、
ウサギについてのお話をしてきました。

中友小では毎年4年生が学校で飼育しているウサギの世話を担当するとのことで、
今の3年生は4月に向けて準備を進めているそうです。
その一環として、私(獣医師の木村)とウサギ担当の野田で、
基本的な飼育方法(飼育環境、当園で実施している暑さ・寒さ対策、餌のことなど)
や当園で実践している環境エンリッチメントツールの作り方(ガチャポンやペットボトルフィーダー等)、接し方などをお話しました。

c0290504_17333738.jpg
c0290504_17333852.jpg
今回の話をするにあたり、基本的な知識はもちろんのこと、
せっかく3年生全員が1年間ウサギに関わるという貴重な機会なので、
ウサギとの接し方についても子どもたちと対話しながら考えてみました。

当園でも大切にしている、「他者への配慮ある行動」。

実際に中友小で飼育しているウサギ3羽と接しながら、

(私)「今、ウサギさんどんな気持ちかな?」
(子どもたち)「うーん、、、教室に連れてこられて緊張してる??」
(私)「そうかもしれないね。そんな時はどうしたらいいかな?」
(子どもたち)「少し待ってみる?」

などなど、みんな一生懸命目の前にいるウサギの気持ちについて考えてくれました。

c0290504_17490130.jpg

また、ウサギの感情表現の豊かさ(喜んでいる時や怒っている時特有の行動など)を伝えながら
「どのように接していけばウサギと仲良くなれるか、みんなで考えながらお世話しようね」
と伝えてあっという間の45分でした。
これから子供たちがどのようにウサギ達と向き合っていくか、
また見に行ってみたいと思います。

c0290504_17340478.jpg
(階段にあった英語表記。校内の色々なところにこのような楽しい表記が沢山!)

獣医師 きむら(もりた)

[PR]
# by omutazoo | 2018-02-15 17:38 | Trackback | Comments(0)
2017.5.3 と 11.21 のブログにも書きましたが、
現在、大牟田市動物園と三池工業高校の共同で、自動給餌器の製作を行っています。
続報が気になっていた方もいるのではないでしょうか!?
以前のブログでは試作品1号が完成し、ラマの展示場に設置した報告をさせていただきました。
c0290504_14281561.jpg

c0290504_14084219.jpg
このまま使っていたのですが、やはり試作品。
いろいろ使っていくうちに、
「ここはもっとこうしたほうがいいな」とか、
「バッテリーの消費が激しいな」など、課題がでてきました。
(実際に使ってみないとわからないことがたくさんあります。そのための試作品です。)
そこで!
そういった課題を三池工業高校の先生と生徒たちに相談しておりました。
そして2月9日に、試作品2号が納入されました!!
c0290504_14093853.jpg
c0290504_14100903.jpg
c0290504_14101746.jpg
1号では、単三乾電池を16本使用してモーターを動かしていたのですが、
実際に使ってみると、2週間ほどで電池が切れてしまいました。
このペースだと、単純計算で1ヵ月で32本。1年で384本!!
1日に1本以上使う計算です。 Oh...。
これでは全然エコロジーじゃない!!!
ということで、2号はソーラーパネルを導入しました。
c0290504_14110914.jpg
太陽光で発電しているので、乾電池の使用はゼロ!!
使用済みの乾電池を捨てる必要もないのでゴミも出ません!!
これを、ラマ舎の展示場に設置しています。
c0290504_14114765.jpg
c0290504_14121353.jpg
お客様からも見える位置ということで、看板も設置しました!
c0290504_14130473.jpg
c0290504_14125277.jpg
これを今後使用していき、またいくつかの課題がでてくると思います。
それは、モーターの問題かもしれませんし、
自動給餌器の下に設置しているフィーダー(餌が出てくる入れ物)の問題かもしれません。
ラマたちも、最初は使ってくれるかもしれませんが、
日が経つにつれてどんどん使わなくなってしまうかもしれません(涙)。
人間だって毎日同じことばかりをしてたら、
最初は楽しかったことでもどんどん飽きていってしまいますよね?
動物も一緒です。
今回は、三池工業高校の生徒たちにこのような素晴らしいものを作ってもらいましたが、
毎日使うものですので、やはり工夫が必要になってきます。
その工夫は、動物たちが毎日どんな風に過ごしているのか、
フィーダーだったら、それを何分ぐらい使ってくれているのか。
もし使ってくれていないのならば、なにが問題で、どうすればその問題を解決できるのか。
そういったことを考えながら使っていかなければ、とってももったいないです。
今回の納入でこのプロジェクトも一区切りがつき、これを作ってくれた生徒たちも3月で卒業です。
(生徒のみなさん、本当におつかれさまでした!!)
今後もいろいろと工夫して、よりよいものにしていくつもりですので、
続報をおたのしみに!!
c0290504_14153383.jpg
(先日の雪の日のラマのかすみちゃんです。)


P.S
4月号の広報おおむたに、生徒たちのインタビューが掲載される予定です。
大牟田市民の方は、ぜひご覧ください!


ラマ担当 おの

[PR]
# by omutazoo | 2018-02-12 14:20 | 取り組み | Trackback | Comments(0)

国内最高齢だったモモイロペリカンのペリーが、2月5日の朝に死亡しているのを発見しました。
ペリーは1962年2月9日に当園に来園しており、来園56年を目前に天国へと旅立っていきました。

前日までは普通に生活しており、突然の死亡でした。
死因は、老衰による肝機能の低下だと思われます。

長い年月、一生懸命生きたペリーさんは色々な可愛らしい姿をたくさん見せてくれ、また色々なことを私たちに教えてくれました。
ペリーが教えてくれたことを、動物たちの為に活かしていけたらいいなと思います。

長い間動物園を見守ってくれてありがとう。お疲れ様でした。

c0290504_14442262.jpg
担当 まつお

[PR]
# by omutazoo | 2018-02-10 14:44 | 動物 | Trackback | Comments(2)

動物園のスタッフ達の日常をあれやこれや、、、


by omutazoo