人気ブログランキング |
暖かかったり、肌寒かったり、服装の調節が難しい今日この頃。
園内を彩っていた桜は、雨風でほとんど散ってしまいました…

しかし、今年もまた、この季節が始まりました!
「恋」の季節です!
c0290504_17250935.jpg
c0290504_17245101.jpg
美しい尾羽を広げているのはインドクジャクのオスたち。
広げる先にはメスのクジャクがいて、オスたちは時々ブルブルと震わせ、一生懸命アピールしています。

c0290504_17251786.jpg

写真に収めようと近づくと、「君に見せているわけじゃないんだ。」と言わんばかりに後ろを向いてしまうことが多いです。
c0290504_17245668.jpg
そうこうしているうちに閉じてしまいます。

オスが羽を広げるのは、春から夏にかけて、繁殖期のこの時期だけです。
(繁殖期が終わると、この羽は抜け落ちます。)
よく広げる時間帯は朝一と夕方。

皆さんも、写真を撮るのに一生懸命になりすぎず、少し離れたところから静かに観察してみてください。
オス3羽に囲まれているモテモテのメスがいたり、クジャク以外の鳥にアピールしていたり…
オスたちが広げる先にいるのが誰なのか、探してみるのも面白いですよ。
運が良ければ、近くで広げてくれるかも…


ライオン班担当:さいとう

# by omutazoo | 2019-04-15 11:50 | 動物

満開!!

こんにちは!

最近はお天気も良く、暖かな日が続いてますね。

春といえば「お花見」ですね!

園内では桜が満開になり見頃を迎えてます。


まずは、園内入ってすぐのリスザル舎。
c0290504_13434499.jpg
リスザルたちも桜の木の上の特等席でお花見?と思いきや…
c0290504_13452985.jpg
桜の花を器用に掴み、蜜を吸っていました!!
今しか見れない光景、お見逃しなく!



そのほか、マンドリル舎や
c0290504_13480928.jpeg
カンガルー舎の中にも!
c0290504_13501310.jpeg
なかなか動物と桜を一緒に撮るのは難しいですね…

私は撮れませんでした…

動物園にお越し頂き、桜を背景に動物の撮影にチャレンジしてみてください!



また大牟田市動物園がある延命公園も桜満開!
桜まつりも開催されています!


サル班:こが





# by omutazoo | 2019-04-02 16:08 | 動物
こんにちは!
ライオン班の伴です。

今回は3月13日に当園で開催されたシンポジウム
「駆除された野生獣を動物園の動物福祉に役立てる
~地域における獣害問題と動物園動物の動物福祉問題を
つなぐ新たな実践活動~」についてのお話です。

c0290504_17113846.jpg
シンポジウムのポスター
九州大学持続可能な社会のための決断科学センター主催、
Wild meǽt Zoo(ワイルドミートズー)、九州大学大学院地球社会統合科学府、
大牟田市動物園の共催で実施されました。


シンポジウムの背景を簡単に説明すると…
シカやイノシシなどによる農業被害や生態系被害などの被害拡大を防ぐため、
全国各地でシカやイノシシなどの駆除が行われていますが、
駆除された動物の多くは、様々な事情により廃棄されています。
一方、動物園で飼育されているライオンの多くは、野生とは大きく異なる餌を
食べており、刺激が少なくなるなどの問題を抱えています。
こうした状況を鑑み、駆除された動物を動物園のライオンに与えることによる
双方の課題解決が模索されています。

今回のシンポジウムは、獣害問題や動物園に関わる多様な関係者が講演を行い、
参加者と議論を深めることを目的に開催されました。

当園ではこれまでにも本シンポジウムに関連した試みを実施しています。
それぞれの試みをご紹介した記事は、こちらからご覧いただけます。


さて、シンポジウム当日。
平日開催ということもあり、人が集まるのか心配していましたが・・・
c0290504_16234123.jpg
予想を遥かに超える超満員!
全国から約90名の方々が参加され、参加者のご所属も鳥獣対策の関係者や
動物園関係者、動物園ファン、地元の市民の方々と非常に多彩でした。


参加者だけでなく講演者も多彩です。
c0290504_16261502.jpg
九州大学持続可能な社会のための決断科学センター/Wild meǽt Zooの
細谷先生による趣旨説明や衛生対策のお話。

c0290504_16244157.jpg
当園広報担当冨澤による当園の動物福祉に対する取り組みの紹介。

c0290504_16251345.jpg
島根県東部農林センター/Wild meǽt Zooの田川さんによる獣害対策現場のお話。

c0290504_16254288.jpg
糸島ジビエ研究所/Wild meǽt Zooの西村さんによる
ジビエ(野生鳥獣由来の食肉)事業者から見た
動物園連携事業の意義についてのお話。

c0290504_16270800.jpg
九州大学持続可能な社会のための決断科学センターの御田先生による
アンケート調査のお話。

c0290504_16270063.jpg
科学コミュニケーター/Wild meǽt Zooの大渕さんによる
屠体給餌を行うことについての問いかけ。

c0290504_16273518.jpg
台北動物園保育教育基金会の張さん
(なんと台湾からお越しいただきました!)による
台湾の動物園での教育活動の紹介。

c0290504_16272785.jpg
私も屠体給餌がライオンたちに与える影響について紹介しました。


総合討論では各演者が意見や感想を述べ、会場から質疑を受けました。
c0290504_16272112.jpg
進行からの問いかけに答える細谷先生。


私は、会場からどんな質問が飛び出すのか、
内心ドキドキしながら身構えていました。
すると、大牟田市内在住の70代男性の方から
以下のようなコメントを頂きました。

「動物園は必要なのかそうではないのかと問われると、
私は必要だと思う。特に大牟田市のような小規模の街で、
動物園を維持して来れたというのは、市民の誇りだと思っている。
これからも市の誇りとして維持していきたい。」

コメントの後には会場から自然と温かい拍手が沸き起こり、
当園スタッフをはじめ、目頭を熱くされる方も見られました。


総合討論の後には実際に屠体給餌を行い、皆さんと一緒に観察しました。
c0290504_16271696.jpg
ヤクシカの屠体を食べるアムールヒョウのポン。
初めての屠体給餌でしたが、翌日には骨まで食べきっていました。

Youtubeに動画もアップしております。
初めてヤクシカを目にしたとは思えない
ポンちゃんの食べっぷりを是非ご覧くださいませ。



最後に、閉会のあいさつで九州大学大学院比較社会文化研究院の
荒谷先生のコメントを紹介します(記憶に基づくため表現が多少異なります)。
「恐らく、この課題に答えは出ないと思います。
ですが、このように皆さんと一緒に悩み考えることこそ
意味があるのです。」

今回のシンポジウムに限らず、生きものの命に関わることは
様々な見方ができます。
多角的な情報や多様な考えに触れ、一人一人が悩み考え、共有する。
これからもそんな場を提供し、市民が誇れる動物園を創っていきたいです。

講演者の皆様や開催にご尽力いただいた皆さま、
そして参加されたすべての方々に心よりお礼申し上げます。

※本シンポジウムは国立研究開発法人科学技術振興機構、
フューチャーアース「環境・災害・健康・統治・人間科学の連携による
問題解決型研究」、平成30年度九州大学QRプログラム
「特定領域強化プロジェクト」の支援を受けて開催されました。


ライオン班 ばん

# by omutazoo | 2019-03-27 14:06 | 取り組み
みなさん、こんにちは!
朝晩冷える時もありますが、日中はだいぶ暖かくなってきましたね。
モルモットも暖かい日は、運動場で過ごすようになりました!!

c0290504_11520714.jpg
左側が運動場、右側が「モルモットとわたしの広場」です。
真ん中にある橋がモルロードです。
モルロードを経由して、運動場と「モルモットとわたしの広場」の間を
自由に行き来することができます。

c0290504_11524286.jpg
c0290504_11543451.jpg
c0290504_11542136.jpg
運動場にはウサギとアオボウシインコの「ひょーん」もいます。

c0290504_11551639.jpg
モルロードで日向ぼっこをする個体もいます。
カラス除け用にネットも付けていますので、安心して過ごしてもらっています。

c0290504_11573495.jpg
c0290504_11572756.jpg
モルロードを設置することで、行動域が広がり、
いつもとは違うモルモットの姿を見ることができるかもしれません。
ぜひ会いに来てください。

モルモット担当:かわかみ

# by omutazoo | 2019-03-24 13:24 | 動物
3月2日と9日に、サポーターのためのスペシャルイベントを行いました。「スペシャルガイドツアー」、「羊の毛の使い道~フェルトボールづくり~」、「動物の糞の使い道~紙すき・ストラップづくり~」の3コースを準備して、ご希望のコースに参加していただきました。

今回は「羊の毛の使い道~フェルトボールづくり~」、「動物の糞の使い道~紙すき・ストラップづくり~」の2コースについてのお話です。

「羊の毛の使い道~フェルトボールづくり~」のコースでは、飼育員が家畜動物のことや羊毛の使い道などのお話をした後、実際に当園にいる羊から刈り取った毛でフェルトボールを作りました。
c0290504_13085060.jpg
まず、染色した羊毛の中から、好きな色のものを選んでもらい、
細い針金がたくさん板の上に生えている『カーダー』という道具を使って、羊毛をほぐしてフワフワにします。
c0290504_13085811.jpg
続いて、フワフワになった羊毛を洗剤入りの水で濡らしていきます。
洗剤を入れることで、羊毛が絡み合うようになります。
c0290504_13090533.jpg
裂け目をなくしながら、徐々に羊毛を丸めていき、しっかりと硬く丸くなるようにします。
最後にストラップのひもをつけて完成しました!
c0290504_13091323.jpg

「動物の糞の使い道~紙すき・ストラップづくり~」では、始めに動物のうんちが好きな飼育員が肉食獣と草食獣のうんちの違いや形や色の違い等をお話をした後、レッサーパンダ、キリン、ウサギのうんちを使用した紙すきとウサギ、モルモットのうんちを使用したストラップ作りに分かれて作業を行いました。
c0290504_13094459.jpg
c0290504_13095689.jpg
c0290504_13102763.jpg
うんちと言えば、「臭い」「汚い」といった嫌なものだとイメージする方が多いのではないかと思います。
そんなうんちの魅力を皆さんに知ってほしいと思いご用意したコースでした。
少しでも動物のうんちについて興味をもって頂けたなら幸いです。
c0290504_13103242.jpg
ご参加してくださった皆さん、ありがとうございました!
今後もサポーターの皆さんに楽しんで頂けるイベントを考えて行っていきたいと思っています。
是非ご参加ください!

そして、いつも大牟田市動物園を支援してくださっているサポーターの皆様、ありがとうございます。
これからも、大牟田市動物園を応援よろしくお願いします!
担当:羊毛フェルトボール  野田
   紙すき・糞ストラップ 齊藤

# by omutazoo | 2019-03-19 16:41 | イベント

大牟田市動物園のスタッフが、日々のさまざまなことをお伝えします!


by omutazoo