「モルモットと私の広場」横にある「ウサギ・モルモットの運動場」をリフォームしました。

リフォーム前
c0290504_17155161.jpg
c0290504_17154402.jpg
リフォーム後
c0290504_17153082.jpg

c0290504_17153817.jpg

日中広場から運動場まで自由に行き来できるよう橋を設置する為に改装し、
網を細かいものに変えました。雨の日などは、動ける範囲が少なかったので屋根も増築しました。

c0290504_17161420.jpg
今は寒いのでモルモットは運動場へは行けるようにしていませんが、
もう少し暖かくなれば運動場の方にいることがあると思います。
c0290504_17155721.jpg
c0290504_17160894.jpg
それまでお楽しみに!!

ウサギ・モルモット担当:野田まお

[PR]
# by omutazoo | 2018-02-06 17:33 | Trackback | Comments(0)

展示場改造!

ブタオザルのサクラの展示場に組み木を入れました。

c0290504_09100497.jpg
以前に比べ、上部空間への移動経路が確保できたのでサクラの行動範囲が増えるといいなと思います。
サクラのいるサル舎では、選択肢の増加と広さ確保を目的に日中も寝室を開放(夜間収容する部屋につながる扉を開けておくこと)にしているため、
奥の部屋にいるときは見ることができませんが、日が照って比較的暖かい日は展示場にいることが多いので、是非サクラに会いに来てくださいね!

担当 村久木

[PR]
# by omutazoo | 2018-01-31 09:12 | 大牟田市動物園 | Trackback | Comments(0)
モルモットに半丸太をプレゼントしました。
細長いのと、太くて短いのを1つずつです。
c0290504_14170312.jpg
c0290504_14165288.jpg
獣舎に入れた時は、丸太に付いている皮を剥がしたり、かじったりする様子が見られました。
c0290504_14172437.jpg
c0290504_14171025.jpg
また、数日後には登っているモルモットの姿も多くありました。
細長い丸太は角材に少し乗せているので、15センチ程浮いてます。
その下を通ったり、丸太の下でジッとしているモルモットもいました。
c0290504_14173060.jpg
c0290504_14173616.jpg
c0290504_14171785.jpg





じーーっと見るだけでも楽しいモルモット舎にぜひ来てください!
モルモット担当:野田ま

[PR]
# by omutazoo | 2018-01-17 14:25 | 動物 | Trackback | Comments(0)

ミニブタの見分け方

大牟田市動物園には7頭のミニブタがいます。
そして、全頭に名前がついています。
c0290504_13305779.jpg

みんな体が黒く、見分けられるの?と思われるかもしれませんが、私たち飼育員は、鼻と足の色や模様などで7頭を見分けています。
c0290504_13310652.jpg
1頭1頭のことをしっかり見ることで、餌を食べているか、怪我をしていないかなど、健康管理の役にも立ちます。
来園者の方にも分かるよう、見分けるポイントを書いた個体紹介看板もあるので、そちらを見てどの子か当ててみてください!
c0290504_13311450.jpg
c0290504_13312075.jpg
c0290504_13312840.jpg
担当:のだ(り)

[PR]
# by omutazoo | 2018-01-14 17:34 | 動物 | Trackback | Comments(0)
あけましておめでとうございます!
ライオン班のばんです。


今年は戌年ですね。
大牟田市動物園にイヌはいませんが、今回はイヌのように穴掘りをする、ある『意外な動物』のお話です。

イヌは穴掘りがとても得意な動物です。
私の愛犬、故プルピーもモグラの穴に鼻先を突っ込んでは、せっせと掘っていました。
掘る行動はイヌ以外にも、クマやイノシシ、ウマなど様々な動物が行います。
皆さんが知っているあの動物も・・・
そう!あの『ライオン』も例外ではないのです!


ライオンについて書かれたある本を読んでいたところ、
「ライオンが3時間もイヌのように穴を掘り続けた。」
とあるではないですか!

また、幸運なある動物園の飼育員さんは、実際に穴を掘るライオンをケニアで見たそうです(羨ましい!)。
他にも、TVやインターネットでもライオンが穴を掘る姿を見ることができます。

ではなぜ野生のライオンは穴を掘るのでしょう?
それは、穴に潜むツチブタやイボイノシシを捕まえるためです。
c0290504_13521052.jpeg

ツチブタ(※ブタではありません)
c0290504_13521085.jpeg
イボイノシシ

ネコの仲間が穴を掘るのはとても珍しいことです。
動物園のライオンたちが、もっとイキイキと暮らせるように、穴掘り行動を引き出したい!
そして、ライオンの知られざる穴掘り行動を皆さんに知ってほしい!
そんな想いで開発したのがこちら、
c0290504_13521045.jpg
その名も『穴掘りボックス』!

使い方は簡単。
c0290504_13521115.jpeg
この箱には蓋がついています。
c0290504_13521183.jpeg
この蓋からソーセージの皮(食べても安全)で結んだお肉を入れ、吊るします。
吊るすことで、お肉に砂が付きにくくなります。
c0290504_13521137.jpeg

箱の入り口を砂で塞ぎます。

c0290504_13521071.jpeg
完成!
c0290504_13521069.jpeg
あとはライオンが入り口の砂を掘って…

c0290504_13521194.jpeg
お肉をゲット!

実際に当園のライオンたちに使ってみると…
中々穴を掘らず、箱の臭いを嗅いだり、噛みついたりするばかり…。

当園のライオン2頭(オスのあさひとメスのリラ)は生まれも育ちも動物園。
今まで穴を掘っている姿は見たことがありません。

入口の砂を無くした状態で使ってみたり、徐々に入り口の砂の量を増やしたり、少しずつ使い方に慣れてもらいました。
そして最近は…

見ました?すごいでしょ!
野生のライオンの様に、上手に穴掘りをするようになりました!

奮闘の様子は、KBC九州朝日放送の朝の情報番組『アサデス。』の『ガマダセ動物園』のコーナーでも取り上げてもらいました!
飼育員たちの挑戦!穴を掘るライオン その1
http://www.kbc.co.jp/movie/index.html?id=5799
飼育員たちの挑戦!穴を掘るライオン その2
http://www.kbc.co.jp/movie/?id=5800


穴掘りボックスは不定期で使っています。
見られるチャンスが高いのは『ライオンの肉探しタイム(土日祝日の15:45~)』のときです。
※動物の体調等により予告なく変更、中止する場合があります。


動物園で穴を掘るライオンが見られるのは、世界的にも珍しいと思います。
動物園でイキイキと穴を掘るライオンの姿を見て、ライオンの知られざる能力をぜひ感じてください。

いつの日か、私も野生のライオンが穴を掘るたくましい姿を見てみたいものです!


ライオン班 ばん

[PR]
# by omutazoo | 2018-01-08 14:11 | 動物 | Trackback | Comments(0)

動物園のスタッフ達の日常をあれやこれや、、、


by omutazoo