人気ブログランキング | 話題のタグを見る

植樹再開しました!

みなさん、こんにちは。
カンガルー担当のまつたにです。

今回は、カンガルーの展示場での植樹を再び始めたことについて、書こうと思います。

野生下のカンガルーは、開けた草原や木々が生い茂った森の中など、様々な環境で生活をしています。
当園の展示場には開けた場所があり、木が生えてはいるものの、生い茂っているわけではありません。
そのため、木々が生い茂っている環境を作ることを目的として、植樹を行っています。

では、ここからは植樹の様子をご覧ください!

植樹再開しました!_c0290504_15245222.jpg
園内にある苗木を探すところからスタートです。

植樹再開しました!_c0290504_15251113.jpg
見つけたら掘ります。

植樹再開しました!_c0290504_15252773.jpg
まだまだ掘ります。

植樹再開しました!_c0290504_15262881.jpg
今回は、イヌビワ(左)とヒサカキ(中央と右)の3本を採ってきました!


植樹の準備完了!と言いたいところなのですが、カンガルーの場合は、この他にも準備が必要な物があります。
それがこちら。
植樹再開しました!_c0290504_15294776.jpg
廃材で作った簡易植木鉢です。
カンガルーは破傷風という病気にかかりやすいのですが、破傷風の菌は地中にいるため、むやみに土壌を掘り起こすことにより病気のリスクが高まってしまいます。
そのため、この簡易植木鉢を使うことにより、土を掘り起こさずに植樹を行っています。

では、これを使ってさっそく植えていきます。
植樹再開しました!_c0290504_15264829.jpg
木を簡単植木鉢の中に入れます。

植樹再開しました!_c0290504_15270638.jpg
土を被せます。

植樹再開しました!_c0290504_15272683.jpg
水をあげます。

完成です!!
簡単植木鉢には底がないため、根が伸びていくと、展示場の地面の中にまで伸びていくことが考えられます。
そうなった時には、この簡易植木鉢を取り外す予定です(簡単に取り外せる仕様になっています)。
今後は、どんぐりのなる木を植えて、秋になるとどんぐりが落ちてくるようにしようと考えています。

ちなみに、数年前に先輩が植樹した木は、このように大きく成長しています。
植樹再開しました!_c0290504_15534164.jpg

今回植えた木も、このように大きく成長するよう育てていきます!


ちなみに作業中、何か視線を感じるなと思って振り返ると、
植樹再開しました!_c0290504_15302071.jpg
遠くからマスクが、ガン見していました(笑)。

今後のカンガルーの植樹計画に、ぜひご注目ください!


カンガルー担当:まつたに

# by omutazoo | 2022-10-27 09:22 | 取り組み
10月に入り、お昼でも肌寒い日が多くなってきましたね。
皆様、お風邪など召されませぬよう、暖かくしてお過ごし下さい。

動物たちのお部屋にも、落ち葉が入ったり、今までよりワラが厚く敷いてあったりと、少しずつ秋仕様に変わってきています。

さて、今回のブログでは、ご報告が遅くなってしまいましたが、ライオンが使用する場所が広くなったことをお伝えしたいと思います。

5月末にトラが亡くなったため(詳細はこちらをご覧ください)、ライオン舎と併設している旧トラ舎を、ライオンたちに使用してもらうことにしました。

旧トラ舎を使えるようになったことには、2つのメリットがあります。
1つ目は、場所が広くなったことです。

当園には、オスライオンのあさひと、メスライオンのリラの2頭がいます。
トラを飼育していた時は、1頭がライオン展示場+寝室1部屋(黄色部分)、もう1頭が中央展示場+寝室1部屋(緑色部分)を、日替わりで使用していました。
ライオンが使える場所が広くなりました_c0290504_09041536.png
現在は、ライオン展示場+寝室2部屋(黄色部分)、中央展示場+旧トラ舎展示場+寝室2部屋(緑色部分)となり、以前に比べ、とても広くなりました。
ライオンが使える場所が広くなりました_c0290504_09041528.png

ライオンが使える場所が広くなりました_c0290504_14063225.jpg
(寝室でくつろぐリラ)

2つ目は、夜間も展示場に出ることができるようになったことです。
中央展示場には屋根が無いため、安全面を考慮し、夜間は使用していません。
そのため夜間は、どちらかを寝室に収容し、もう1頭が寝室一部屋と展示場を自由に出入りできるようにしていました。
旧トラ舎を使用できるようになったことから、2頭とも展示場と寝室二部屋を使用できるようになり、夜間も屋外屋内を行き来して、好きな場所で過ごせるようになりました。

ライオンが使える場所が広くなりました_c0290504_14070614.jpg

(あさひも寝室でくつろぐ様子が見られました)


最初は、初めての場所に戸惑い、全く旧トラ舎側に入らなかった2頭でしたが、徐々に慣れて、今では旧トラ舎側で多くの時間を過ごすこともあります。
ライオンが使える場所が広くなりました_c0290504_14032808.jpg
(初めてリラが旧トラ舎の展示場に出た日の様子)

使用し始めて数日後、横倒しにしている丸太をよく見てみると皮が剝がれていました。
ライオンが使える場所が広くなりました_c0290504_14045454.jpg
写真では少しわかりにくいかもしれませんが、丸太の表面がツルツルになっています。
直接は見たことがありませんが、爪とぎをしたり、皮を口でくわえて、はぎ取ったりしたようです。

今後も展示場を、ライオンたちに合わせた環境に少しずつしていこうと思います。


ライオン担当:こが

# by omutazoo | 2022-10-17 09:06 | 動物

大牟田市動物園のスタッフが、日々のさまざまなことをお伝えします!


by omutazoo