人気ブログランキング | 話題のタグを見る

※このブログにはイノシシの屠体(とたい)の画像が含まれます。
予めご了承ください。

皆さん、こんにちは。
台風が去り、立秋という秋らしさが少しは感じられるようになった今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。

今回のブログでは、屠体給餌のお話をします。
屠体とは、獣害駆除された野生のイノシシやシカのことです。
その駆除された動物に衛生的処理を加え、動物園の動物にあげる取り組み(屠体給餌)を当園では行っています。
野生の肉食動物は、動物の皮を剥いだり、骨を噛み砕いたりして、時間をかけてお肉を食べています。
しかし動物園では通常、毛皮のついていない、私たち人間が食べやすい状態のお肉を食べています。
そのため、屠体を食べることで、皮を剥ぐ、骨を砕くといった野生下での見られる行動を引き出したり、採食時間を延長したりすることを目的として、この取り組みを行っています。
改めまして、屠体プレゼント募金にご協力をくださる皆様に、心よりお礼を申し上げます。

使用する屠体はそのままの状態ではなく、動物園の動物たちに安全に食べてもらうために丁寧な処理を行っています。
捕獲時には、銃弾による鉛中毒を避けるために、わなを使用し、感染症のリスクが高い頭や内臓を取り除き、さらに低温加熱による殺菌を行っています。
このように丁寧な処理が行われるため、屠体の入手にはコストがかかります。
そのため、当園では「屠体プレゼント募金」を実施し、お客様からのご協力を頂いて、屠体給餌を実施しています。


今回入手した屠体は、3.2㎏の重さのものでした。
このうち、2.8㎏分をアムールヒョウのポンちゃんにプレゼントしました。
普段はグラグラ床や台の上に屠体を置くことが多いのですが、今回は、やぐらの上に置いてみました。

ポンちゃんの反応は…
すぐに屠体を見つけてにおいを嗅いだ後、持って降りようかどうしようかと悩んでいるようにも見受けられましたが、そのまま最後まで、やぐらの上で食べていました。
ツッキーのスペシャルメニュー_c0290504_15581692.png
開始直後の様子

ツッキーのスペシャルメニュー_c0290504_15582814.jpg
お昼に確認をした時の様子


ツッキーのスペシャルメニュー_c0290504_15583623.jpg
夕方に確認をした時の様子


11時すぎに設置してから、16時30分ぐらいまで、少しずつ、少しずつ食べていたようでした。


そして、ここからが本題なのですが、実は、ツキノワグマのツッキーにも同じ日に屠体給時を行いました。
ツキノワグマは、野生下では主に植物や果実を食べますが、昆虫や動物の死肉を食べることもある雑食性の動物です。
ツッキーにはいつも野菜メインのごはんをあげていますが、今回は特別に後肢1本408gをポンちゃんからおすそわけしてもらいました。

ツッキーのスペシャルメニュー_c0290504_15574597.jpg
おすそ分けしてもらったイノシシの後肢


ツッキーのスペシャルメニュー_c0290504_15580559.jpg
実際に寝室でイノシシを食べるツッキー

ツッキーのスペシャルメニュー_c0290504_15580968.jpg

ツッキーのスペシャルメニュー_c0290504_15573895.jpg

この日は寝室から展示場に通じる扉を開放にしても、展示場に隠したいつものごはんを食べには行かず、屠体を食べきるまで寝室にいました。

1時間ほどで、屠体はほぼ骨のみとなり、その後ツッキーは展示場へ行き、いつものごはんも食べていました。
ツッキーのスペシャルメニュー_c0290504_15575001.jpg

次の日寝室を覗くと、骨のカスと蹄が少しだけ残っている状態でした。屠体を満喫してくれたようです。
ツッキーのスペシャルメニュー_c0290504_15575586.jpg


次回の「大型ネコ科動物にイノシシ丸ごとプレゼント」のイベント(屠体給餌)は、10月9日(日)11時から、大型ネコ科動物舎前で行う予定です。
どの個体にプレゼントするかは、当日までのお楽しみです!
是非、ご興味のある方はご参加いただけたらと思います。
スタッフ一同、動物園でお待ちしております。

最後までお読みいただきありがとうございました。


ツキノワグマ担当:ますざわ
アムールヒョウ担当:こが

# by omutazoo | 2022-09-21 10:41 | 取り組み
こんにちは。飼育員のばばです。
今回は、最近のヤギとヒツジの様子についてお伝えします。


ヤギ・ヒツジへの日々の取り組み_c0290504_18134694.jpg
ビーンズ(メス)


ヤギ・ヒツジへの日々の取り組み_c0290504_18165151.jpg
プチシュークリーム(メス)


当園のヤギとヒツジは、かなりの高齢です。
そのため最近は、比較的過ごしやすい屋根がある奥側のスペースにいる姿がよく見られます。


ヤギ・ヒツジへの日々の取り組み_c0290504_18184406.jpg

また、寝室にエアコンを設置することができ、より過ごしやすい環境になりました。

ヤギ・ヒツジへの日々の取り組み_c0290504_18220002.jpg
寝室


ヤギ・ヒツジへの日々の取り組み_c0290504_18222661.jpg
寝室内の様子

ヤギ・ヒツジへの日々の取り組み_c0290504_18375987.jpg
寝室で休むプチシュークリーム

プチシュークリームはエアコンのある環境が快適なのか、エアコンが効いた寝室内で過ごすことが多くなりました。
暑さや寒さが厳しい日は、観察しにくい場合もあるかもしれませんが、何卒ご了承ください。

2頭は足腰が弱く、特にビーンズは前足の関節が変形しているため、痛みを伴います。
前足への負担を軽減し、少しでも状態の悪化を防ぐことができるよう、その日のビーンズの体調や症状に合わせて、テーピングや装具を使用しています(状況によって装着するかを決めています)。
装具はビーンズの足の形に合わせて、帝京大学理学療法学科の先生方に作製をして頂いております。

ヤギ・ヒツジへの日々の取り組み_c0290504_18283738.jpg
ビーンズ用のオーダーメイド装具



また、ビーンズは自分で座ったり立ったりすることが困難なため、体調を考慮し、飼育員がお手伝いをして座ってもらう場合もあります。
Amazon欲しいものリスト から頂いた、マットレスを使用させて頂いております。
お送り頂きましたお客様に、心よりお礼を申し上げます。

ヤギ・ヒツジへの日々の取り組み_c0290504_18352603.jpg

高齢の2頭には、できるだけ物理的な負担を掛けないようにしながら、のんびりと過ごしてもらっています。
状態が良好な時や比較的涼しい日などは、プチシュークリームがお客様の近くまで来ることがあります。
その時は是非近くで観察をしてみてください。

2頭がこれからも快適な暮らしができるよう、引き続き努力を重ねたいと思います。



飼育員 ばば

# by omutazoo | 2022-09-13 18:33 | 大牟田市動物園

大牟田市動物園のスタッフが、日々のさまざまなことをお伝えします!


by omutazoo