タグ:ボルダリング ( 2 ) タグの人気記事

みなさんこんにちは!
レッサーパンダ担当の小野です!

同じレッサーパンダ担当の河野飼育員が
ボルダリングを初めて経験したときのことを以前、紹介しましたが
覚えていらっしゃいますか。
河野飼育員はその後もこのジムに通っていました。

c0290504_12534846.jpg
大牟田市内のボルダリングジム『Rock Party』


c0290504_12535473.jpg
笑顔でボルダリングをする河野飼育員



先日、このジムの方から、
「ぜひレッサーパンダの展示場に使ってください」と
廃棄する予定のホールド(※)をご厚意でいただきました!
※ホールド・・・ボルダリング用のカラフルなクライミングホールド

c0290504_12542805.jpg
さまざまな形のホールド


c0290504_12542589.jpg
(左から、小野、Rock Partyのスタッフさん、河野飼育員、齊藤飼育員)


後日、いただいたホールドを洗浄し、早速設置!
いつものようにリンゴを置いたところ、なんとレイ君が
登ってくれました!

c0290504_12550370.jpg
生まれて初めてのボルダリング!

c0290504_12545190.jpg
うんしょ うんしょ

c0290504_12543784.jpg
リンゴはどこだ?!


まだ体が小さいながらも、さすがはレッサーパンダ。
しっかりとした足取りで上手に登っていました!

レイ君のお父さんのレン君もこの通り!
c0290504_12553078.jpg
c0290504_12554681.jpg

タイミングが合えば、この写真のように登っているところが
見られるかもしれません。
特に9:30~10:00頃、11:30~12:00頃が狙い目です
(この時間に必ず見られるわけではありません。予めご了承ください)。
是非チェックしてみてくださいね。


レッサーパンダ担当 おの

by omutazoo | 2019-01-27 15:37 | スタッフの日常
レッサーパンダの屋内展示室には、木を垂直に登るという身体能力を発揮できる機会を提供する、利用できる空間をより多く提供するという目的で手作りのボルダリングを設置しています。

c0290504_14101010.jpg

無造作に並べられた角材でも上手にバランスを取り、爪をひっかけ、約2mの壁もあっという間に登っていきます。
また、12㎜という薄さの板でさえ、爪を引っかけ登ることができます。

c0290504_14101673.jpg

c0290504_14102683.jpg


しかし、何度も使っているうちにレッサーパンダたちは登りやすいルートを覚え、すぐに慣れてしまい、同じところばかりを使うようになります。
そうならないために、角材の角度や場所を変えられるような作りにしています。

c0290504_14103082.jpg

そして…
毎日レッサーパンダのボルダリングを見ている中で、ふと思いました。
『あれ、そういえばボルダリングやったことない…』
レッサーパンダの高い身体能力に感心していながらも、その難しさを体験したことがありませんでした。

そこで、当園のライオン班の伴飼育員と大牟田市柿園町一丁目にあるボルダリングジム『ロックパーティー』に行ってきました!
初めに20分ほどのレクチャーをしていただき、その後各々自由に登りました。

c0290504_14103457.jpg

c0290504_14103902.jpg

実際に登ってみて、体力・筋力・バランス感覚だけでなく、とても頭を使うスポーツだと感じました。
レッサーパンダにとっても、木を登るときのように「ここから登って、次はここに手をかけて、その次は…」といったように、頭の運動になっているのかも?
2時間という短い時間でしたが、終わった後にはプルプルと手足が震えてしまうほどです。
そんなことを感じさせず、涼しい顔で登っていくレッサーパンダの身体能力の高さを改めて感じた一日でした。
9:30~10:00頃と11:30~12:00頃がボルダリングをしている姿を見られるチャンスです。
(必ず見られるわけではありません)
みなさんもレッサーパンダのすごさを感じに来てください。


レッサーパンダ担当 かわの

by omutazoo | 2018-04-07 14:12 | 動物

動物園のスタッフ達の日常をあれやこれや、、、


by omutazoo