タグ:レッサーパンダ ( 3 ) タグの人気記事


みなさん、こんにちは。
企画広報担当のとみさわです。
レッサーパンダ担当が親子のお世話で忙しいため、
代わって私がレッサーパンダ親子の今をお伝え致します。

6月26日に生まれた赤ちゃんでしたが、マイがあまり
赤ちゃんと一緒に時間を過ごさず、赤ちゃんの体温が
低下したため、赤ちゃんを保育器に移動し、本格的に
人の手でお世話をしています。
c0290504_17340180.jpg
これが赤ちゃんが過ごしている保育器です。温度と湿度が管理されています。

c0290504_17341197.jpg
現在の赤ちゃん。毛がたくさん生えてきました。でもまだ目は開いていません。

c0290504_17342212.jpg
ミルクを作る河野飼育員。適温にしてから赤ちゃんに与えます。

c0290504_17343435.jpg
でもミルクの前に体重測定。赤ちゃんは順調に体重が増加しています。

c0290504_17344306.jpg
さらにさらに、ミルクの前に体温測定。
ミルクまでもうちょっとだよー。ちょっとだけ我慢してね。

c0290504_10511008.png
お待ちかねのミルクターイム!あっという間に飲んじゃいます。

c0290504_17345808.jpg
飲んだ後は、肛門を刺激して排泄を促します。

c0290504_17350300.jpg
保育器に戻したら、お腹もいっぱいになって満足したのか、すぐに寝てしまいました。


こんなふうに毎日を過ごしている赤ちゃんですが、
母親のマイとも1-2時間ずつ過ごしています。


保育器の温度は28度なのに対し、マイのいる場所の
温度は25-26度。
まだ体の小さい赤ちゃんは、体温を維持することができないため
マイと一緒に過ごす時間を制限しています。
もう少し成長したら、マイとずっと過ごせるようになるといいな。
その日まで、飼育員は24時間お世話を頑張っていきます。


企画広報 とみさわ



[PR]
by omutazoo | 2018-07-10 10:58 | 動物 | Trackback | Comments(0)
みなさん、こんにちは!
広報担当とみさわです。

昨年の11月18日に開始しましたレッサーパンダの
寝室・巣箱用カメラ&モニターセット導入のための
募金は、多くのみなさまにご協力を頂いたおかげで
先月末に目標金額を上回る350,687円が集まりました。
ご協力をくださいましたみなさまに
心よりお礼を申し上げます。

その後着々と準備を進め、昨日の休園日にカメラと
モニターが設置されましたので、ご報告を申し上げます。

c0290504_10173057.jpg
巣箱の中が見えるようにカメラが設置されています。

c0290504_10133983.jpg
巣箱の中から見るとこんなかんじ。

c0290504_10132726.jpg
寝室内にもカメラが複数台設置されています。

c0290504_10131501.jpg
屋内展示場をご覧いただける場所に、モニタ―が設置されました。
巣箱や寝室内の様子をご覧いただけるようになっています。

c0290504_10153222.jpg
職員は、複数のカメラから現状確認ができるように
なっています。

c0290504_10182991.jpg
設置後の確認には、担当者が厳しく目を光らせます。
とても「レントゲンジャー」(↓写真右)と同一人物には思えません。

カメラ及びモニターは本日より稼働しております。
こうしてカメラ及びモニター設置が可能となりましたことで、
より一層レッサーパンダの飼育管理の向上を目指して参ります。
みなさまにはこれからもレッサーパンダの日常を
温かく見守って頂けましたら幸いに存じます。
c0290504_10305334.jpg

大牟田市動物園では今後もさまざまな動物への取り組みを
続けると共に、応援募金箱を用いたプロジェクトを
行っていく予定でございます。
みなさまの温かいご支援、ご協力を今後ともどうぞよろしくお願い致します。

とみさわ

[PR]
by omutazoo | 2018-04-24 10:28 | 取り組み | Trackback | Comments(0)
レッサーパンダの屋内展示室には、木を垂直に登るという身体能力を発揮できる機会を提供する、利用できる空間をより多く提供するという目的で手作りのボルダリングを設置しています。

c0290504_14101010.jpg

無造作に並べられた角材でも上手にバランスを取り、爪をひっかけ、約2mの壁もあっという間に登っていきます。
また、12㎜という薄さの板でさえ、爪を引っかけ登ることができます。

c0290504_14101673.jpg

c0290504_14102683.jpg


しかし、何度も使っているうちにレッサーパンダたちは登りやすいルートを覚え、すぐに慣れてしまい、同じところばかりを使うようになります。
そうならないために、角材の角度や場所を変えられるような作りにしています。

c0290504_14103082.jpg

そして…
毎日レッサーパンダのボルダリングを見ている中で、ふと思いました。
『あれ、そういえばボルダリングやったことない…』
レッサーパンダの高い身体能力に感心していながらも、その難しさを体験したことがありませんでした。

そこで、当園のライオン班の伴飼育員と大牟田市柿園町一丁目にあるボルダリングジム『ロックパーティー』に行ってきました!
初めに20分ほどのレクチャーをしていただき、その後各々自由に登りました。

c0290504_14103457.jpg

c0290504_14103902.jpg

実際に登ってみて、体力・筋力・バランス感覚だけでなく、とても頭を使うスポーツだと感じました。
レッサーパンダにとっても、木を登るときのように「ここから登って、次はここに手をかけて、その次は…」といったように、頭の運動になっているのかも?
2時間という短い時間でしたが、終わった後にはプルプルと手足が震えてしまうほどです。
そんなことを感じさせず、涼しい顔で登っていくレッサーパンダの身体能力の高さを改めて感じた一日でした。
9:30~10:00頃と11:30~12:00頃がボルダリングをしている姿を見られるチャンスです。
(必ず見られるわけではありません)
みなさんもレッサーパンダのすごさを感じに来てください。


レッサーパンダ担当 かわの

[PR]
by omutazoo | 2018-04-07 14:12 | 動物 | Trackback | Comments(0)

動物園のスタッフ達の日常をあれやこれや、、、


by omutazoo