人気ブログランキング |

タグ:動物園 ( 15 ) タグの人気記事

みなさん、こんにちは!
そだてる、あにまる、べじたぶる!担当の小野です。
8月も後半に入りました。
まだまだ暑い日が続きますが、体調管理に気がけてください。

今回のお話は、以前2回にわたって紹介したイベント、
「そだてる、あにまる、べじたぶる!」についてのお話です。
最終回の様子をご報告いたします!


※以前の内容は、以下のリンクよりご覧ください。


最終回は8月18日(日)に行いました。
4月に始まったこのイベントですが、ついに野菜を収穫します!
最初に収穫する野菜は、「オクラ」です!
c0290504_13011867.jpg
c0290504_13013066.jpg
↑葉っぱがチクチクするので、苦戦しながら収穫。


次に「トウモロコシ(もちきび)」!
c0290504_13021383.jpg
c0290504_13022543.jpg
↑もぎる!という徳永さんの教えに基づきながら収穫しました。


そして「バジル」と「エゴマの葉」も収穫しました!
c0290504_13024412.jpg
c0290504_13025106.jpg
↑雑草と間違わないように注意しながら、はさみを使って収穫します。


この他にも「空心菜」や「バターナッツカボチャ」、
「サツマイモのつる(動物園の動物たちに与える用)」を収穫し、一同動物園へ。

c0290504_13025924.jpg
c0290504_13030868.jpg

動物園では、第1回のイベントで野菜を与えた動物たちに、また同じように野菜を与えてもらいます。
しかし、第5回の今回与えてもらう野菜は自分たちが育てた野菜です。
野菜を育てる大変さを知った子どもたちは、おいしそうに食べてくれる動物たちを見てどう感じたのでしょう?
c0290504_13033271.jpg
↑カピバラにはサツマイモのつるを与えます。食べるのは初めて。
 最初は臭いを嗅ぐだけでしたが、ゆっくりと食べ始めてくれました。

c0290504_13035243.jpg
↑ヤギ、ヒツジにもサツマイモのつるを。
 ヒツジは走って寄ってきてくれましたが、なぜかヤギは無反応でした(笑

c0290504_13040405.jpg
↑ツキノワグマにはもちきびとバターナッツカボチャを。
 バターナッツカボチャの方は臭いを嗅ぐだけでしたが、もちきびの方は夢中になって食べてくれました。

c0290504_13041314.jpg
↑もちきびを食べるツキノワグマのツッキー。
 ちなみに後で確認したところ、バターナッツカボチャも完食してくれていました。
 (左に見えるのがバターナッツカボチャです。果物のような鮮やかな色をしています。)


動物たちに食べてもらったあとは、自分たちも同じものを食べます!
今回野菜を調理していただき、食べさせていただいたお店は、
動物園の近くにある「チョコラータ」さんです。
今回のイベントのために貸し切っていただきました!
ごはんを食べる前に、チョコラータの店長さんへ子どもたちから野菜の贈呈式!
c0290504_13043287.jpg
↑笑顔で受け取ってくださいました!


慣れないおしゃれなお店の雰囲気に少々緊張気味になりながら(私だけ?)料理を待っていると、

c0290504_13044625.jpg
↑運ばれてきた最初の料理はサラダ!
みんなが育てた「もちきび」と「オクラ」が入っています!
もちきびはとってももちもちしていて、オクラはしっかりとした歯ごたえがあり、
とってもおいしい!!

その他にもこんなにたくさんのメニューが!!
c0290504_13045549.jpg
↑バターナッツカボチャのポタージュスープ

c0290504_13070894.jpg
↑真ん中の揚げ物は、オクラです。大きい!

c0290504_13072187.jpg
↑お肉料理にはみんなで収穫したバジルが添えられています。

c0290504_13072950.jpg
↑オクラのパスタ!初めて食べました。

c0290504_13073989.jpg
↑最後にはデザートまで。


どれも本当においしく、子どもたちも完食!
c0290504_13082889.jpg
c0290504_13084516.jpg

野菜を育てたみなさんと、おいしく、楽しい時間を過ごすことができました。
普段はなかなか野菜を喜んで食べないとのことでしたが、
おいしそうに食べてくれていました。
※これらのメニューは、今回のイベントのため特別に作っていただいたものです。


最初は小さな種を蒔くことから始め、水やりや雑草の除草などの世話を毎日行い、
大きく成長したと思ったらイノシシが畑に現れ、梅雨時期には大雨で畑が水に浸かってしまい・・・。

全5回のイベントでしたが、野菜を作るのは本当に大変なことだと経験することができました。
やはり買ってきたものと自分で育てたものでは、思い入れが違う気がします。
食べ物を粗末にしてはいけない、と子どものころには誰しもが教わると思います。
しかし言葉で教わるだけではなく、実際に自分で経験することでもっと深く知ることができると思いますし、
粗末にしてはいけない理由を、自分なりに他の人に説明することができるようになると思います。
教えてもらうことももちろん大切なことですが、
自分で経験したからこそ知ることができる大切なものがあると感じました。
参加してくださった皆さま、ボランティアの方々、
チョコラータのスタッフさん、関係者のみなさま、本当におつかれさまでした!
ありがとうございました!!



そだてる、あにまる、べじたぶる担当  おの

by omutazoo | 2019-08-26 16:59 | イベント

夏の主役たち

皆さんこんにちは。
ライオン班のばんです。

暑い日が続く8月。
暑すぎて動物園に行くのはちょっと…。
と思ったそこのあなた!
今日は真夏の動物園ならではの、いつもとちょっと違った
楽しみ方をご紹介します。


園内には沢山の緑に覆われています。
園内の木々に目をやると・・・

c0290504_14463842.jpg
こんなところにタマムシが!
木よりも高いところを飛んでいることが多いタマムシですが、このときは足元にいました。
うっとりするほどの美しさ。


かすかに甘い匂いのする木を見ると・・・

c0290504_14462345.jpg
いました!樹液に集まるカナブンたち!

c0290504_14463202.jpg
ここには立派なヒラタクワガタも!
カッコいい…!


c0290504_14464697.jpg
こちらにはカブトムシ!

c0290504_14470401.jpg
こちらにはコクワガタ!
c0290504_14470564.jpg
樹液にはスズメバチも集まることがあります。
刺激しないように注意して遠くから眺めましょう。


今回紹介した写真は全て園内で撮影しました。
動物園には、飼育されている生きもの以外にも、
沢山の生きものたちが暮らしています。
暑―い夏、動物園で夏の主役たちを探してみませんか?


もちろん、動物園で飼育されている生きものたちも、
夏ならではの魅力的な姿も見せてくれるかもしれませんよ!

c0290504_14470535.jpg
夏はプールに良く入る、トラのホワイティ。

ライオン班 ばん

*注意
園内は虫取り網持ち込み禁止にしています。
他のお客様への迷惑にならないようにと考えてのことです。
動物園内では昆虫採集できませんが、
動物園のある延命公園内にはもっと豊かな環境があります。
昆虫採集は延命公園の方で、挑戦してみてください。
(ケガしないように気をつけてね!)



by omutazoo | 2019-08-18 15:59 | 動物
みなさん、こんにちは。
やっと梅雨があけたと思ったら、一気に非常に暑くなりましたね。
水分と塩分の補給を忘れず、熱中症に注意しましょう!

さて今回は、以前ご紹介したイベント、
そだてる あにまる べじたぶる!」についての続報です。
第2~4回のことについてお話いたします。

第2回は、5月19日(日)に行いました。
この日の天候は曇り。ちょうどいい気温の中での作業でした。
前回種を蒔いた野菜たちの手入れ作業と、前回とは違う種類の
野菜の種蒔きを行いました。
まずは、前回植えた種や苗を確認!
大きく成長しており、子どもたちも感動!!
c0290504_13083767.jpg
キュウリ


c0290504_13081554.jpg
トマト




野菜の成長に感動した後は種蒔きです。
c0290504_13022459.jpg
トウモロコシ


c0290504_13032627.jpg
オクラ


みんなで頑張って、種を蒔きます。

c0290504_13023674.jpg
c0290504_13015027.jpg
c0290504_13020178.jpg

最後に、徳永農園さんで育てられている人参の収穫を体験!
c0290504_13035412.jpg
c0290504_13040316.jpg
収穫した人参は、参加者のみなさんにお持ち帰り頂きました。


第3回は、7月21日(日)の予定だったのですが、
大雨の影響でやむなく中止となりました。
楽しみにしていただいていた参加者のみなさん、申し訳ありませんでした。
後日、畑を覗いてみたところ・・・。
あの大雨の中でも、野菜が元気に育っていました!
c0290504_12581280.jpg
トマト


c0290504_12582970.jpg
トマト




c0290504_12585467.jpg
オクラ




c0290504_12592361.jpg
トウモロコシ


c0290504_12593779.jpg
トウモロコシ

c0290504_12594935.jpg
トウモロコシ


トウモロコシの畑には、イノシシが頻繁に来ているようで、
所々になぎ倒された形跡がありました。
野生動物による食害の問題については、ニュースなどで
お聞きになったことがあるかと思いますが、実際に自分が関わった野菜で
その現状を目の当たりにするとやはり思うものがあります。
さらに、大雨の影響で、レタスなど、いくつかの野菜が
収穫できなくなっていました。
天候や気温など、さまざまな自然現象に向き合っていかなければならない
ということは、本当に大変だと改めて感じました。


その後、今月 4日に第4回を行いました。
さらに大きく成長した野菜を目にして、みんなびっくり!

子どもたちの身長より大きく育っています!! 
c0290504_14344450.jpg

オクラはハイビスカスの仲間だそうで、美しい花が咲いていました。
c0290504_14342080.jpg

c0290504_14341158.jpg

そしてやはり、今回もイノシシが来ていたようで、
こんなに大胆に土をひっくり返していました! 
c0290504_14343175.jpg

一通り野菜たちの成長を確認した後に、草むしりを行いました。
c0290504_14350856.jpg
c0290504_14351764.jpg

そして最後は前回同様、徳永農園さんで育てている野菜の収穫を体験。
c0290504_14352849.jpg

今回収穫した野菜は、「四角豆(しかくまめ)」でした!
c0290504_14353607.jpg


このイベントも残すところあと2回となりました。
参加者の子どもたちはイベントを通して様々なことを経験し、
食べ物に対する気持ちがどのように変化するのでしょうか?
さらには、収穫し、自分たちで食べるのが今から待ち遠しい!!
これからの展開にご期待ください。


そだてる あにまる べじたぶる担当 おの

by omutazoo | 2019-08-06 10:17 | イベント

世界キリンの日?

みなさん、こんにちは。
6月に入り、徐々に梅雨のシーズンが到来してきますね。
雨が多いと陰鬱な気分になってしまいがちな、キリン班の小野です。

さて、今回のお話は、「世界キリンの日」についてのお話です。
みなさんは、「世界キリンの日」をご存知でしょうか?
なかなか耳慣れない日だと思いますが、実は「夏至の日」がその日なんです。
なぜ夏至の日なのか?

Q.夏至の日とは?
A.1年間で最も昼の時間が長い日!
Q.動物の中で一番首が長い動物は?
A.キリン!

ということで、「長い」つながりで夏至の日が「世界キリンの日」に
なりました。
この日を決めたのは、イギリスに本部があるキリン保全財団
Giraffe Conservation Foundation(通称GCF)」という団体です。
野生のキリンとその生息地を守るために活動を行っている国際団体です。

c0290504_12382928.png
↑GCFのロゴマーク



c0290504_12310405.png
↑GCFのホームページに掲載してある、世界キリンの日のロゴマーク

そんな世界キリンの日は、なにをする日なのでしょう?
キリンに関したお祭りがある日?
キリンに関わる重大なことをする日?
実はどちらも違います。
世界キリンの日とは、絶滅の危機に瀕しているキリンのことを
みんなで一緒に考えましょう、という日なんです。

動物園で普通に見られるキリンが絶滅危惧種?!
ビックリしますよね。
動物園では普通に会える動物でも、野生下では絶滅の危機に
瀕している、実はそんなことがたくさんあります。
そんな動物たちのことをみんなで一緒に考えよう、そして
こうした動物たちのことを多くの人に伝えよう、という日が
「世界キリンの日」なのです。
キリンの他にも、「国際レッサーパンダの日」や「世界ライオンの日」
「世界トラの日」などがあります。

世界キリンの日。
これがどのような日なのか、少しはイメージが湧いてきましたでしょうか?
この日は、世界中でキリンに関するイベントが行われます。
もちろん当園でもキリンのイベントを行います!

イベント名:世界キリンの日特別イベント
内容: 
 1.野生のキリンのお話や、保護団体への募金活動
(募金をしてくださった方にはスペシャル缶バッジをプレゼント!)
 2.展示場周辺における植樹イベント
キリンが食べる葉が茂る苗木を、参加者の方に植えていただきます。
スコップなどの道具は用意致します。
植えていただいた苗木の横には、参加者の方に自由に記入していただいた
木の札がつきます(植えて頂けるのは、事前に予約して
いただいた方に限ります。参加ご希望の方は、お電話でのご予約を
お願い致します)。
日時:6月22日(土) 13時30分から14時ぐらいまで
参加費:1組1,000円
募集人数:小学4年生以上20組(各組5名まで)
申込方法:動物園までお電話にてお願い致します(0944-56-4526)

キリンの展示場の周りに、キリンが食べることのできる葉が
たくさん茂る苗木を植えていただけるよう準備を進めております。
切ってきた枝葉を与えて頂くのではなく、苗木を植えて頂く
というところがポイントです。
根ごと植えますので、木が生きている限り葉っぱがつきます。
つまり、ご自分が植えた木がキリンの展示場で生き続ける訳です。
なんて魅力的なイベントなんでしょう!

c0290504_13465593.jpg
奥:リン(オス)  手前:プリン(メス)

2頭のキリンも首をながーくしてお待ちしています!
ご興味のある方は、この機会をどうぞお見逃しなく!
みなさまからのご予約・お問合せをお待ち申し上げております。


キリン担当 小野

by omutazoo | 2019-06-09 09:19 | イベント

OMUTA ZOO ACADEMY #1


みなさん、こんにちは。
広報担当のとみさわです。
今日は、先日行いましたOMUTA ZOO ACADEMYという
イベントについてご紹介したいと思います。

当園では日頃からたくさんのイベントを開催しておりますが
「動物園について」お話するイベント、というものが
実はほとんどありませんでした。
そこで、動物園そのものについて、そして大牟田市動物園について
知っていただき、より動物園を楽しんで頂けたらと思い、
このイベントを企画致しました。

でも、そんな真面目なイベントに、いったい何名の方が
ご参加くださるのか。。。当日までドキドキでした。

いざ当日。
イベント開始時間には、多くのお席が埋まるという嬉しい状態になり、
ほっとしてイベントを開始することができました。
c0290504_11452992.jpg
今回は、第1回ということで、動物園の歴史、現代の動物園の役割、
当園のコンセプトや取り組み等について、簡単にご紹介をさせて頂きました。
ご参加くださいましたみなさま、ありがとうございました!


今後のOMUTA ZOO ACADEMYの予定は以下の通りです。
ご予約等は一切必要ありません。
お時間までに当園レクチャールームにお越しくださいませ。

        これは絶対来ないと損!動物専門栄養士の来日講演です(通訳つき)。

7月20日(土) 第3回 楽しく暮らしてもらうためのひみつ
        環境エンリッチメントについてお話します。

8月       おやすみ(暑いので、おやすみします)

9月28日(土) 第4回 動物とのルールのひみつ
        ハズバンダリートレーニングについてお話します。

10月19日(土) 第5回 目と毛のひみつ ~ヒツジを題材に~
        目と毛ってどんな動物にもあるようで、実はすごい機能が
        いろいろと備わっています。ヒツジを例にお話します。 

11月      おやすみ(ズーフェスをお楽しみください)

12月日付未定  第6回 骨のひみつ
        毎月の大人気イベント「骨好き獣医の骨ホネガイド」が
        スペシャル拡大版で登場!

1月日付未定  第7回 遺伝のひみつ
        中学校の「メンデルの法則」でお手上げだったみなさま、
        これに参加すればすべてまるっと理解できますよー。

2月日付未定   最終回 伝えるためのひみつ
        動物のこと、動物園はどうやって伝えているのかをお話します。

12月以降の日程は、決まりましたらウェブサイトフェイスブック
イベントページでお知らせ致します。
是非チェックしてみてくださいませ。

今後もOMUTA ZOO ACADEMYをお楽しみくださいませ。
みなさまのお越しをお待ち申し上げております。


広報担当 とみさわ

by omutazoo | 2019-05-26 11:48 | イベント
みなさん、こんにちは!
暖かくなり、過ごしやすい気温になりましたが、
春を通り過ぎて夏のような気温の日もありますね。
そんな現在の気温でさえ、外で少し動くと汗だくになる
キリン班の小野です。
以前のブログでもお伝えしたイベント
「そだてる、あにまる、べしたぶる」の第1回を
先日実施致しました。
今回はそのご報告を致します。

当日の朝は、動物園に集合。
園内のレクチャー室で、当園の取り組み、本イベントの流れ
についてご説明をした後、本イベント主催の徳永農園代表の
徳永さんから野菜についてお話をしていただきました。
c0290504_13062791.jpg
お話のあとは園内の見学!
何頭かの動物たちに野菜をプレゼント。
c0290504_13063930.jpg
カピバラのヒノキ(オス)にキャベツを!

c0290504_13064978.jpg
ツキノワグマのツッキー(メス)にはさつまいもを!(右側にツッキーがいます)


この時の野菜は、八百屋さんが動物園に卸してくださっているものです。
参加者のみなさんが、育てたり、収穫をした野菜でではありません。
しかし!この全 5回のイベント最終日(8月18日)には、
もう一度動物たちに野菜をプレゼントすることになっています。
その時のお野菜は、参加者のみなさんが4ヵ月以上をかけて育てたお野菜です。
自分が育成に携わっていない野菜と、自分たちが育てたお野菜。
食べ物をつくる大変さを経験する前と、経験した後。
何かしらの心境の変化があるのではと思いますが、それは最終日までのお楽しみです。
園内を回った後は、お昼休憩をはさんで農園へ移動しました。

c0290504_13065758.jpg

普段はなかなか来る機会のない畑に、子どもたちは大興奮!

c0290504_13071026.jpg
カエルがたくさんいたので、捕まえようと奮闘中。



そうこうしているうちに準備が整い、早速作業を開始!

c0290504_13073370.jpg
c0290504_13074957.jpg

c0290504_13080645.jpg

まずは「畝(うね)」と呼ばれる部分にビニールをかけていきます。
こうすることで、余計な雑草などが生えにくくなるのだそう。

c0290504_13081718.jpg

c0290504_13082626.jpg
ビニールをかけ終えたら、苗を植えます。

c0290504_13083503.jpg
c0290504_13084623.jpg
トマトと一緒にバジルを植えました。
一緒に植えることで、余計な水分をバジルが吸ってくれて、
トマトの味が良くなるんだとか。
その他に、キュウリとカボチャの苗を植えた他、
レタスの種も蒔きました。

c0290504_13092126.jpg
c0290504_13095410.jpg
レタスの種は、こんなに小さい!!


c0290504_13100388.jpg
最後に水やりをして今日の作業は終了です。


c0290504_13121387.jpg
参加者のみなさん、おつかれさまでした!



c0290504_13103942.jpg
トマトの苗。


c0290504_13104909.jpg
カボチャの苗。



休憩をこまめにはさみながら1時間半ほど作業しました。
参加者のみなさんと、ボランティアの大人3名も含めた
かなりの人数で行いましたが、植え付けが終わったのは
畑の総面積の5分の1ほど・・・。
私も初めて体験しましたが、とても体力の必要な作業で
食べ物をつくる大変さが身に染みました。
大人が疲労を隠し切れない中、子どもたちは最後まで元気でした。

次回は 5月18日の予定です。
今回植えた野菜たちが、1ヵ月後にどんな風に
成長しているのか楽しみです!

次回からの参加者も現在募集しております。
みなさまのご参加をお待ち申し上げております。


そだてる、あにまる、べじたぶる担当  おの

by omutazoo | 2019-05-01 16:54 | イベント
みなさんこんにちは!
最近は暖かくなったり、寒くなったりと寒暖差が激しい季節、
お変わりございませんか。
月末に始まる大型連休を元気にお過ごしになられますよう、
どうぞご自愛くださいませ。

さて、今回のブログでは、先日行いました
「JAF会員さま限定イベント」についてお送り致します。

いつ、どこで起こるかわからない車のトラブルに対し、
電話1本で迅速に駆けつけるロードサービス等、
車に関するさまざまなことに従事されている組織です。

このイベントはJAF様における事前申し込み制のものです。
昨年までは年に一度、12月に開催しておりましたが、
ご好評をいただき、今年度からは年に 2回の開催となりました。
今回は午前と午後、各回定員30名のところ、
484名のご応募があったそうです。
ご応募くださいましたみなさま、ありがとうございました!

暖かい気候の中、「歯」に焦点をあてたガイドさせていただきました。
当園へのご来園が初めてという方も多かったため、はじめに
私たちが日頃取り組んでいるハズバンダリートレーニングや
環境エンリッチメントについて、お話をさせていただきました。

※ハズバンダリートレーニング
 動物の心身の健康のために、動物たちにさまざまな動作を
 協力してもらうトレーニング。

※環境エンリッチメント
 動物たちの生活が、より充実したものになるように工夫を行うこと。

c0290504_08491608.jpg

最初に、リスザルがフィーダー(エサが入った容器)から
エサを食べるところを見学していただきました。
c0290504_08492737.jpg
c0290504_08494941.jpg

次に、ツキノワグマの口の中を間近でご覧頂きました。
(この時の様子を撮影する撮るのを忘れてしまいました・・・。)
今回のガイドテーマが「歯」だったため、ツキノワグマの他にも、
さまざまな動物が食べているところを見ていただきました。
c0290504_08495755.jpg
モルモットでは、キャベツを食べているところを間近で観察して頂きました。


c0290504_08500549.jpg
ライオンが馬肉と鶏肉(骨付き!)を食べているところでは
みなさん釘付けに!


c0290504_08493691.jpg
鶏肉を食べるときは、バリバリと骨をかみ砕く音が聞こえます。



c0290504_08510037.jpg



c0290504_08501615.jpg
最後に、キリンが葉っぱを食べる様子を間近でご覧頂きました。



c0290504_08502578.jpg
長い舌で器用に葉っぱを食べていきます。



動物園を見て回る時には、ある点に注目することで、
動物たちのいつもとはまた違った魅力が発見できるかもしれません。
ご参加くださいましたみなさま、ありがとうございました!


JAFイベント担当 おの

by omutazoo | 2019-04-19 11:56 | イベント
暖かかったり、肌寒かったり、服装の調節が難しい今日この頃。
園内を彩っていた桜は、雨風でほとんど散ってしまいました…

しかし、今年もまた、この季節が始まりました!
「恋」の季節です!
c0290504_17250935.jpg
c0290504_17245101.jpg
美しい尾羽を広げているのはインドクジャクのオスたち。
広げる先にはメスのクジャクがいて、オスたちは時々ブルブルと震わせ、一生懸命アピールしています。

c0290504_17251786.jpg

写真に収めようと近づくと、「君に見せているわけじゃないんだ。」と言わんばかりに後ろを向いてしまうことが多いです。
c0290504_17245668.jpg
そうこうしているうちに閉じてしまいます。

オスが羽を広げるのは、春から夏にかけて、繁殖期のこの時期だけです。
(繁殖期が終わると、この羽は抜け落ちます。)
よく広げる時間帯は朝一と夕方。

皆さんも、写真を撮るのに一生懸命になりすぎず、少し離れたところから静かに観察してみてください。
オス3羽に囲まれているモテモテのメスがいたり、クジャク以外の鳥にアピールしていたり…
オスたちが広げる先にいるのが誰なのか、探してみるのも面白いですよ。
運が良ければ、近くで広げてくれるかも…


ライオン班担当:さいとう

by omutazoo | 2019-04-15 11:50 | 動物
みなさん、こんにちは!キリン班の小野です!
今回のブログは、イベントのおしらせです。
みなさま奮ってご参加ください!

イベントのタイトルは、「そだてる あにまる べじたぶる」。

4月から8月までの全5回に渡って、大牟田市内にある 徳永農園 さんで
野菜を育て、その野菜を動物園の動物たちにあげる他、
動物園近くのレストランにて、その野菜を用いてつくられたランチを
参加者のみなさんでいただくというイベントです。
小学3-6年生とその保護者の方にご参加頂けます。

みなさん、普段何気なく食べているそのお野菜が、
育てられているところをご覧になったことはありますか?
スーパーや八百屋さんに並ぶまで、どのように育てられているか
ご存知でしょうか。
いろいろな方々のご尽力の末に、私たちは安全な食べ物を
得ることができています。
でも、実際にこうした経験をすることはなかなかないですよね。
このイベントによって、私たちの手元に食べ物が届くまでの過程を
体験していただき、私たちの生活が多くの人々によって
支えられていることを実感していただけたなら嬉しく思います。
ご自分の生活や、食べ物に対する考え方が変わるかもしれません。

本イベントでは、以下の 5種を栽培する予定です。
・サニーレタス
・ミニトマト
・キュウリ
・トウモロコシ
・バターナッツカボチャ

イベントの詳細は以下の通りです。
対象:小学3-6年生とその保護者の方々

募集人数:お子さま15名まで

参加費:お子さま、3,000円  保護者の方、4,000円

スケジュール:
第1回 4月21日(日) 10:30 ~ 15:00
 動物園にて、動物たちがどのように野菜を食べるか観察をしていただきます。
 お昼休憩をはさみ、農園へ移動後、農園にて、種蒔きや苗の植え付けを行います。 

第2回 5月19日(日) 10:00 ~ 12:00
 農園にて、水やりや雑草の除草など、野菜の管理を行います。

第3回 7月21日(日)  9:00 ~ 11:00
 農園にて、水やりや雑草の除草など、野菜の管理を行います。

第4回 8月 4日(日)  9:00 ~ 11:00
 農園にて、水やりや雑草の除草など、野菜の管理を行います。

第5回 8月18日(日)  9:00 ~ 13:30
 農園にて、野菜の収穫を行います。
 その後、動物園に移動し、収穫した野菜を動物たちが食べているところを観察します。
 観察後、動物園近くのレストラン チョコラータ さんにて、
 収穫した野菜を使ったランチを参加者のみなさんでいただきます。

申込方法:動物園までお電話(0944-56-4526)にてお申込みください。
     先着順での受付となります(定員に達した時点で受付終了)。


みなさまからのお申込みをお待ち申し上げております!!

キリン班 おの

by omutazoo | 2019-03-18 11:54 | イベント
みなさん、こんにちは!
暑かった日が嘘のように、だんだんと肌寒くなってきましたが
お変わりありませんか?

9月29日(土)の台風が迫り雨が降る中、当園では神奈川大学の諸坂 佐利先生をお迎えして、
動物園や動物園の動物に関する法律について楽しく学ぶイベントを開催しました。

諸坂先生は動物園や野生動物に関連するさまざまな基本構想や条例の策定に関わられ、
大牟田市動物園も所属する日本動物園水族館協会の顧問もされています。
c0290504_12264140.jpg
熱心に聞き入る参加者のみなさん
当園職員も学ばせていただきました。

c0290504_12272213.jpg
とてもいい声で、分かりやすくお話をしてくださる諸坂先生


「動物園」って何?というところから始まり、
日本には「動物」のことを第一に考えた法律はないということ、
海外では動物に関するどのような法律があるのか、
「動物福祉」とは一体なんなのか、
動物愛護と動物福祉はどう違うのか、
そして今後日本ではどのような法整備が必要とされているのか、
といったお話をしてくださいました。

こうして字で書いてみると、とても難解な、
よく分からないお話をされたのだろうと思われるかもしれませんが、
諸坂先生の手にかかるとするすると理解が進んでいき、
参加者の誰もが幾度となく心の中でそうだったのか!と思われたことでしょう。

特に印象的だったのは、「動物愛護と動物福祉は違う」という点です。
諸坂先生はこのようにご説明されました。
「愛護」とは、人が対象物に対する主観的・感情的(非科学的)行動
「福祉」とは、人が対象物に対する客観的・医学的(科学的)行動

当園は、「動物福祉を伝える動物園」として、これからも
ぶれることなく、科学的根拠に基づく活動を行っていきたいと思います。


最後に、大変お忙しい中、当園にお越しくださいました諸坂先生、
そしてお足元の悪い中ご来場くださいましたみなさまに
改めまして心よりお礼を申し上げます。
今後もこのような機会を重ね、動物園や動物を取り巻く法制度や
法律に関する理解を深めるきっかけを作っていきたいと思います。


広報担当 とみさわ

by omutazoo | 2018-10-02 12:20 | イベント

大牟田市動物園のスタッフが、日々のさまざまなことをお伝えします!


by omutazoo