タグ:大牟田市動物園 ( 2 ) タグの人気記事

レッサーパンダの屋内展示室には、木を垂直に登るという身体能力を発揮できる機会を提供する、利用できる空間をより多く提供するという目的で手作りのボルダリングを設置しています。

c0290504_14101010.jpg

無造作に並べられた角材でも上手にバランスを取り、爪をひっかけ、約2mの壁もあっという間に登っていきます。
また、12㎜という薄さの板でさえ、爪を引っかけ登ることができます。

c0290504_14101673.jpg

c0290504_14102683.jpg


しかし、何度も使っているうちにレッサーパンダたちは登りやすいルートを覚え、すぐに慣れてしまい、同じところばかりを使うようになります。
そうならないために、角材の角度や場所を変えられるような作りにしています。

c0290504_14103082.jpg

そして…
毎日レッサーパンダのボルダリングを見ている中で、ふと思いました。
『あれ、そういえばボルダリングやったことない…』
レッサーパンダの高い身体能力に感心していながらも、その難しさを体験したことがありませんでした。

そこで、当園のライオン班の伴飼育員と大牟田市柿園町一丁目にあるボルダリングジム『ロックパーティー』に行ってきました!
初めに20分ほどのレクチャーをしていただき、その後各々自由に登りました。

c0290504_14103457.jpg

c0290504_14103902.jpg

実際に登ってみて、体力・筋力・バランス感覚だけでなく、とても頭を使うスポーツだと感じました。
レッサーパンダにとっても、木を登るときのように「ここから登って、次はここに手をかけて、その次は…」といったように、頭の運動になっているのかも?
2時間という短い時間でしたが、終わった後にはプルプルと手足が震えてしまうほどです。
そんなことを感じさせず、涼しい顔で登っていくレッサーパンダの身体能力の高さを改めて感じた一日でした。
9:30~10:00頃と11:30~12:00頃がボルダリングをしている姿を見られるチャンスです。
(必ず見られるわけではありません)
みなさんもレッサーパンダのすごさを感じに来てください。


レッサーパンダ担当 かわの

[PR]
by omutazoo | 2018-04-07 14:12 | 動物

キリン研究会のその後

今回は2月25日のブログでご紹介したキリン研究会のその後についてのお話です。
キリン研究会終了後、出た意見を参考に、これまでに3つのフィーダー(動物に合わせて工夫した餌を入れる容器)を改良しました。
まず最初はこちらのフィーダー
「キリンの舌でコロコロマシン」
c0290504_14081311.jpg
このフィーダーは、箱の中にある筒を舌を使って回すと餌が出てくるという仕組みです。
さらに、箱の前面は透明の板を使っているので、キリンが上手に舌を使う様子を観察できます。
”舌で筒を回して餌を出す”というタイプのフィーダーはこれまで作ったことがなかったので、上手く使えるか心配でした。
…が、雌キリンのプリンはその日のうちに使い方を理解していました!
しかし、使用後に中の筒を取り出せず、洗いづらいという問題が出てきました。
そこで横の板を開閉できるようにし、中の筒を取り出して洗えるように改善しました。
c0290504_14084222.jpg
フィーダーは餌を入れる容器なので衛生面も考えて作る必要があります。
続いてこちらのフィーダー
「見えるおやつ箱」
c0290504_14085816.jpg
これも前面が透明の板になっている箱型のフィーダーで、キリンが上手に舌を使う様子を観察できるというものですが、最大の特徴はその大きさ!!
幅が120cm、高さが60cm、奥行きが40cmもあり、これまで作ってきたフィーダーの中では最大です。
そのため、ペレットだけではなく、細かい枝葉も入れることができるというところがポイントです。
しかし、大きすぎてキリンの舌が届かないところがあったため、奥行きを10cm小さくしました。
そして、雨が降った時にフィーダー内に雨水が溜まることが考えられたため、底面に水抜き用の穴を開けました。
c0290504_14091420.jpg
最後はこちらのフィーダー
「シーソー給餌器」
c0290504_14092724.jpg
このフィーダーはシーソーのように左右に傾き、端から餌が出てくるというものです。
しかし、左右の受けに出てきたペレットはそのまま全部地面に落ちてしまいました。
そこで、構造を次の写真のように変えました。
c0290504_14094549.jpg
こちらもこれまでに無かったタイプのフィーダーですが、少し苦戦しながらもフィーダー内の餌を全て食べきっています。

キリンは高いところにあったり、トゲが生えていたりする植物を舌を使って上手に食べていきます。
そのような本来のキリンの食べ方を引き出せるようにフィーダーを使用することで、舌を使って食べる機会を提供しています。
そして、フィーダーの使い方に慣れすぎないように、いろいろなフィーダーを作製し、変化を加えています。
また、どれだけ効果があったのかを検証し、キリンに効果的なフィーダーを探っています。
今後もフィーダー改良の様子、新しく作製したもの、検証結果など、フェイスブックやブログ等でご紹介していきます。
お楽しみに!

キリン担当 かわの

[PR]
by omutazoo | 2018-03-21 14:10 | 取り組み