人気ブログランキング |

タグ:屠体給餌 ( 1 ) タグの人気記事

c0290504_09223433.png

みなさん、こんにちは。
極暑だった日々から急に大雨が降ったりと、天気の移り変わりが激しい
今日この頃ですが、お変わりございませんか。
大雨の被害により被災されたみなさまには
衷心よりお見舞いを申し上げます。

当園ではこれまで「枝肉プレゼント募金」という募金を行って参りました。
これに加えて、今回屠体プレゼント募金を開始することになりました。

屠体給餌ってどんなもの?
ここでいう屠体とは、害獣として駆除された動物たちを指します。
つまり、農作物に害を及ぼすと考えられている動物たちです。
全国的にイノシシやシカ等が増えることにより、農作物への被害が
深刻化した結果、駆除が行われています。
中でも、福岡県は農作物への被害が全国で最も深刻なところです。
駆除された個体のほとんどは廃棄されています。
このような状況を鑑み、当園ではWild meǽt Zooや九州大学のみなさまに
協力することで、駆除された動物たちの命を少しでも無駄にしないように
するために、飼育動物に対しては環境エンリッチメント(動物たちが心身ともに
よりよく生活できるように環境を豊かにするための工夫)を行うために
屠体給餌を行ってきました。

屠体給餌に使われるお肉は、駆除された動物でよければなんでもいい
というわけではありません。
c0290504_10151608.jpg
まず、鉛中毒を避けるため、銃を使用していない、罠で捕獲を
されたものに限ります。
その後、私たちがジビエとして食べるものと同じ過程を
経ていくのですが、その途中の工程が実は異なっています。
私たち人間は煮たり焼いたりして食べますが、そのように高温で
料理をすることで、殺菌処理を行っています。
一方、当園の動物たちには野生下のそのままの形をなるべく保ったまま
与えるように、人間のジビエよりも手間と時間のかかる低温殺菌処理
(63℃で 1時間以上)がなされています。
これにより、毛も皮もそのままの形で動物たちに与えることが可能になります。
さらに、当園の動物への感染症やウィルス感染等を防ぐため、頭部および
内臓を取り出したものを屠体給餌に使用しています。

屠体給餌をするとどんないいことがあるの?
普段の給餌では、小さくカットされた馬肉や鶏肉、内臓を与えていますが、
その場合は「食べる」という動作が「口に入れる→飲み込む」という
それだけの行動で終わってしまいます(大型ネコ科動物は、胃酸が非常に
強いため、食道を通る大きさのものはすぐ飲み込んでしまいます。
私たち人間のように咀嚼をして味わうという時間があまりありません。
骨も噛み砕いて飲み込んでしまいます。骨を食べた次の日は、糞が
白っぽくなることがあります)。
一方で、屠体給餌の場合は、「くわえて運ぶ→皮をはぐ→骨を噛み砕く
→肉を引き裂く」等の行為があってはじめてお肉を口に入れることが
できます。
同じ「食べる」という動作においてもバラエティ豊かな行動が
含まれることになります。
その他にもお肉を隠したりする等、普段の給餌では見られない行動が
見られます。
このような行動の違いからも、屠体給餌が大型ネコ科動物の生活の質の向上に
役立っていると考えられています。

また、屠体給餌を行う際には、当園職員や九州大学教員が、
この屠体はなぜここにいるのか、どうして屠体給餌を行うのか、等の
背景や取り組みの目的等について20-30分程お話をさせて頂いております。
そして給餌時には、学生さんによるアンケートや聞き取り調査が行われ、
屠体給餌を実施することへのご感想やご意見を賜り、屠体給餌を
どのように実施していくべきかを考える一助となっています。

大牟田市動物園からのメッセ―ジ
当園には害獣駆除を肯定あるいは促進する意図は全くありません。
しかし現在実際に起こっている現状をお伝えすることは、
動物園の使命として重要なことだと考えております。
また、今後この問題にどのように取り組んでいくのか、あるいは
屠体給餌をどのようにやっていくべきかを考えるトライアル期間
として、屠体給餌を実施しております。
現在は研究費により屠体が供給され、実施されている屠体給餌を
今後も継続できるよう、屠体プレゼント募金を開始するに至りました。
みなさまのご支援を賜りますよう、どうぞよろしくお願い致します。

募金のしくみ

c0290504_10343504.png
①お客様からお申込みを頂きます。
②動物園にてお申込みを受付し、給餌日を決定します。
③動物園からお客様に給餌日を含めた詳細をご案内致します。
④お客様から動物園宛に現金書留でお肉募金をお送り頂きます
 (送料はお客様のご負担となります)。
⑤動物園にて現金書留を受け取ります。
⑥動物園が(株)糸島ジビエ研究所さんから屠体を購入します。
⑦動物に屠体を給餌します。

上記の手続きを踏みますので、お申込みから給餌日までは
1ヶ月以上のお時間がかかりますことを予めご了承くださいませ。
屠体給餌の日には、募金をしてくださった方のお名前(ペンネームでももちろん可)と
メッセージ(任意)を代読させて頂きます。
動物への愛のコメント、大切な人へのメッセージ、プロポーズなどなど、
是非この機会をご活用頂けましたなら幸いに存じます。


お肉募金のお申込みは、こちらから受け付けております。
c0290504_10262323.png
お申し込みの際には、「屠体プレゼント募金」をご選択くださいませ。


当園のあさひ、リラ(ライオン)、ホワイティ(ホワイトタイガー)、
ポン(アムールヒョウ)へのみなさまの温かいご支援を
よろしくお願い致します。


企画広報担当 とみさわ

by omutazoo | 2019-09-02 17:00 | 取り組み

大牟田市動物園のスタッフが、日々のさまざまなことをお伝えします!


by omutazoo